【輪廻転生】前世の記憶を持って生まれ変わる!

輪廻転生のイメージ

輪廻転生(りんねてんせい:りんねてんしょう)と読み方は「りんねてんせい」でも「りんねてんしょう」でもどちらでもよいです。

「輪廻」「転生」とを合わせて、「輪廻転生」と言われていますが、「転生輪廻」とも言われています。

意味は、死んであの世に還った「霊魂」が何度も「生まれ変わってくる」事を言います。

「ヒンドゥー教」や「仏教」等「インド哲学」「東洋思想」において顕著ですが、「輪廻転生観」が存在しない「イスラム教」ですが、「アラウィー派」や「ドゥルーズ派」等は『輪廻転生』の思想を持ちます。

分かりやすく言うと、「輪廻転生」とは人が何度も「生死」を繰り返しながら生まれ変わる事を『輪廻転生』と言います!

宗教の世界では当たり前に語られた「輪廻転生」ですが、現代科学では未だに「迷信」だとして認識されています!

ですが、【輪廻転生】「前世」について存在を決定づける研究が報告されました!

意識は輪廻転生した後、前世の記憶を引き継いでいる!

前世の記憶のイメージ

アメリカヴァージニア大学医学部精神科のジム・タッカー博士が発表した研究によると、「前世の記憶」を持つ子供の存在が決定的になったと言います。

ジム・タッカー博士は、「経験したはずもない出来事の記憶」や「傷や痣などを持つ前世の記憶」を持つ子供たちに15年間インタビューを続けてきました。

その数、述べ2500人以上・・。

ジム・タッカー博士によると、「意識」は「量子レベルのエネルギー」であるため、輪廻転生の説明は「科学的」に可能であると言われています。

現代の多くの科学者が意識の謎を解くカギは量子力学が握っていると信じています。

例えば、再生医療の専門家 ローバート・ランザ博士は、「生命中心主義」を主張し、物質ではなく「生命」と「意識」こそ現実理解のための基礎的な要素であると断言する。

意識とは生体的な死とは別の意味で、脳が意識を起こさせているのとは異なると述べています。

ローバート・ランザ博士も「生命中心主義」の理論を受け入れ、意識は肉体の死後も生き残り、次の宿主の意識として活動すると語っている。

つまり、意識は脳が生み出したのではないという事です。

脳や肉体の死後も意識は生き残り続けると言われています。
 

生まれ変わり?輪廻転生か?前世の記憶を持った少年

ジェームズ・レイニンガーくん
ジェームズ・レイニンガーくん「Daily Mail」より引用

「輪廻転生」(生まれ変わり)の証拠として、ジム・タッカー博士は「前世の記憶」を持つ「ジェームズ・レインガーくん」(当時2歳)を上げている。

「ジェームズ・レインガーくん」(当時2歳)は、おもちゃの飛行機に異常なまでの執着を持ち、「飛行機事故の悪夢」を見るという不思議な経験を繰り返していました。

そこで、ジム・タッカー博士は「ジェームズ・レインガーくん」「飛行機事故の悪夢」について尋ねたところ、「自身はパイロットで、とある船から飛び立った。」と語った。

更に父親が詳細を尋ねると、「Natoma」と呼ばれる船から出撃したこと、「硫黄島」で日本軍に追撃されたこと、「ジャック・ラーセン」という有人がいたことまで克明に記憶していたと言います!

その後、第二次世界大戦当時の記録を調査すると、当時たしかに「USS Natoma Bay」と呼ばれる航空母艦が配置されており、「硫黄島の戦闘」に関わっていたことが判明した。

その上、「ジェームズ・ヒューストン」という男の戦闘機が、ちょうど「ジェームズくん」が描写した通りに撃墜されていたことまで記録されたいたというのです。

まさに、輪廻転生、生まれ変わり、前世の存在を決定づける証言であるが、「ジェームズくん」の記憶は5~7歳ごろまでにすっかり消えてしまい、現在は全く覚えていないといいます。

「タッカー博士」によると、この年頃で「前世の記憶」が消えるのは典型的なのだそうです。

「輪廻転生」「生まれ変わり」「前世」が存在するとすれば、「前世の因縁」や「人間関係」が「現在の生」に影響を及ぼしていることもあるかもしれない。