クローン人間のメリットとデメリット

クローン人間

「クローン」という言葉が出来た成り立ちを紹介すると1903年、アメリカの植物生理学者ハーバード・ジョン・ウェッバーが名付けた「生理学用語」です。

同一の起源を持ち、均一な遺伝情報を持つコピーやコピーを作り出す技術を指す言葉です。

クローン人間とは「分子」「DNA]「細胞」「生体」のコピーです。

地球上のどんな生物の分身も作り出す事が可能となっています!

ですが、「人間」の「クローン人間」を作る事は世界的にも法律で禁止されています。

「人間」は神ではありません。神ならぬものが「人間」を作り出す事は「倫理的」に問題があると社会的通念上、共通認識を踏まえたものです。

しかし「植物」などは数百年前から、「クローン技術」が使われていて代表的なものは「挿し木」(さしき)です。

挿し木(さしき)とは「母株の茎の一部」を切り取り、挿し床に挿し、「芽」と「不定根の形成」を期待することで個体数を増やす園芸ないし農業技術です!

その他、「羊」「豚」「サル」の哺乳類では「クローン化」に成功しています。

人と豚のキメラ(複数生物の複合体細胞)化に成功した事例もすでに出来ています!

キメラとは:
生物学における キメラ (chimera) とは、同一の個体内に異なる遺伝情報を持つ細胞が混じっている状態や、そのような状態の個体のこと。嵌合体(かんごうたい)ともいい、平たく言うと「異質同体」である。

 

クローン人間とは

クローン人間の赤ちゃんのイメージ

クローン人間とはそもそもどういうものなのか?

男性と女性の間から生まれるのは「子供」です。

クローン人間とは同一の起源を持ち、尚かつ均一な「遺伝情報」を持つ核酸、細胞、個体の集団です。

すなわち「分子」「DNA」「細胞」「生体」のコピーでどちらかというと、子ではなく、「双子」という表現の方が近いです。

  • 分子クローン – DNAなど生体分子を複製して得られるコピーの分子のこと。
  • 遺伝子クローン(DNAクローン) – 1つのDNAからDNAクローニングで得られた遺伝子のこと。
  • 細胞クローン – 単一の細胞から細胞培養によって作られた細胞集団のこと。
  • 生物クローン – 未受精卵を用いた核移植や受精卵を用いた胚分割によって作られた、元の生物固体と同じ遺伝情報を持つ生物のこと。

これらは生物学実験や検査において、不可欠な技術である。クローンを作成することをクローニングと言う。

クローン人間のメリットとデメリット

クローン人間のイメージ

クローン人間を完成させることにより、「優秀なスポーツ選手」を集めて、チームを作ったり、「医学の分野」においても「臓器提供」や「ドナー」を作る事が容易なるなどのかなり大きなメリットがあるのではないかなと思います。

ですが、そのメリットを差し置いても、なぜ世界的に「法律」で禁止されているのでしょうか?

色々と角度を変えて、紹介させて頂きます。

クローン人間を奴隷にしないか!?

奴隷のイメージ

クローン人間と言っても、普通の人間と変わりません。

クローン人間にも普通の人間と一緒の「心」もありますし、「性格」もあります。

ただ違うのは生まれた「過程」が違うという事だけで後は「クローン人間」も「普通の人間」と同じです。

ですが、「クローン人間」には「普通の人間並みの人権」を認めない。という事になり、「人権的」にも問題が生じ、だんだんエスカレートして行き、「奴隷制度」に繋がる可能性が極めて高くなってきます!

中国南部の都市、深センに位置するBGI社の研究所は世界で最大の「クローン豚工場」で1年で500頭のクローン豚が作られています。

その豚のクローンでさえ、「自我意識」は他の豚と何も変わらず、持っています。

クローン人間でも同じ事だと言うのは言うまでもありません。

みなさん、もし「あなた」が「軍事目的のため」や「人体実験」のために生まれてきた「クローン人間」だったらどうでしょうか?

クローン人間を作るという事はそういう、「非道徳的」な事が安易に出来てしまうという事です!

クローン人間を愛情を持って育てられるか?

クローン人間を愛情を持って育てているイメージ

「不妊治療」で悩む人。「同性愛者」。クローン人間を作る事が出来るとするならば、「自分の遺伝子」を持つ子供を持つことが出来るのですが、「クローン人間」を愛情を持って育てることが出来るでしょうか?

という問題も議論されています!

本来、「赤ちゃん」は自然摂理としての認識は「男性」と「女性」の「愛の結晶」で誕生するのが自然です。

人はそれぞれなので、自分の子供が「クローン人間」であっても「愛情」を注げる人もいるとは思いますが、「自然の摂理」ではなく「クローン人間」とは「神の領域」を冒すという事なので、その「クローン人間」という「神の領域」を超えた領域の「クローン人間」を言い方を変えると「科学によって生み出された命」を心から愛せる人は少ないのではないでしょうか!

ですが、最近、事件でもよくあるのですが、実の子であっても「虐待」する親もいますし、ひどい場合は実の子を命の危険に晒す親もいるので、「クローン人間だから」とか「科学によって生み出された命」と頑なにいうのもどうかというところもあるので、何とも言えないところですが・・。

クローン人間は寿命が短い

寿命のイメージ

生物の「寿命」に関する説のひとつに「テロメア仮設」というのがあります。

「テロメア仮設」とは「DNA」が複製される時に「テロメア」と言われる「末端の方のDNA」の複写が出来ない部分が生じてしまうのです。

「DNA」が複製される度に「DNA」の末端の方の「テロメア」がだんだん短くなっていき、言い方を変えると「テロメア」が「摩耗」してしまう。

すると「寿命」が尽きてしまうという事です。

1996年、世界発の哺乳類の体細胞クローンとして生まれ、2003年に「安楽死」させられた羊「ドリー」は「老化」が早く、「通常の寿命の半分」の若さで「安楽死」という結末だった。

ですが、最近の研究では「テロメア仮設」という事ではなく、「クローン」は「寿命」が短い。という常識が変わってきているようですが、これから、どれだけ「クローン技術」が進化しても「神の領域」を踏み込むべきではないという世界的規制は変わらないのではないでしょうか。

ドリーは「6歳の羊」からクローンを作った「雌の羊」ですが、6歳という年齢の「テロメア」の長さから誕生したのではないかという説もあったが、後の研究でほとんどの「クローン動物」が「正常なテロメアの長さ」が確認されたことから、「テロメアの長さ」が短い事が寿命が短いという説は否定されました。

ですが、これは表立っての話で、我々の知らない世界ですでに「クローン人間」がすでに誕生しているのかもしれません。

クローン人間のメリットとデメリット:まとめ

クローン人間側から見れば、「メリット」は何もありません。

クローン人間は「普通の人間」からは利用価値があるかないかという判断から製造されるであろうという考えからです。

身近に言われるのが「クローン人間」を製造すると尊厳が無視され、利用される」と聞きます。

分かりやすく言うと、製造された「クローン人間」を「軍事利用」に使ったり、医学の分野においても「臓器提供」に使われたりとクローン人間も「普通の人間」と変わらないのに、「クローン人間」を「利用」するための「存在価値」しか考えられなくなる危険が潜んでいるからです。

クローン人間を製造する事で、もし実はあなたの正体は「クローン人間だ」と言われた「クローン人間」は普通の人間と同じ「自我意識」が自然派生している人間としてどう感じるだろうか?

そんな事を考えるだけでも心が痛みます。

人間側からすれば「メリット」と「デメリット」が明確に挙げられます。

クローン人間を製造するメリット
  • 有用生物の量産
  • 絶滅動物の復活
  • 臓器提供。
  • 軍事兵士利用。(兵士が量産できる。)
  • 人体実験が出来る。
  • 安価労働力(奴隷状態)
クローン人間を製造するデメリット
  • クローン人間の生命の差別、軽視。
  • クローン人間への人権問題(クローン人間だと軽視される)
  • クローンと自然のバランスが悪くなり自然生物が駆逐される。
  • クローン人間の人格を認める事は出来ない。
  • クローン人間の報復にあう可能性。
  • クローン人間に慣れると命の値段の感覚が損なわれる。

クローン人間は法律ではどうなっているのか?

日本の法律では「クローン人間」の製造を明確に禁止されています!

ヒトに関するクローン技術等の規制に関する法律(ひとにかんするくろーんぎじゅつとうのきせいにかんするほうりつ、平成12年法律第146号)とは、2000年に公布された日本の法律である。特定胚を定義してその取扱いを適正に行うよう定めるとともに、クローン人間の作製を罰則をもって禁止する。

クローン人間の作製

この法律では、クローン人間の作製に罰則を科して、これを禁じている。

(禁止行為)
第三条 何人も、人クローン胚、ヒト動物交雑胚、ヒト性融合胚又はヒト性集合胚を人又は動物の胎内に移植してはならない。
(罰則)
第十六条 第三条の規定に違反した者は、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

上記のように日本の法律では「クローン人間」の製造を禁止している。
製造したものは「10年以下の懲役」もしくは「一千万円の罰則金」あるいは「いずれの両方」という事もあり得ると規定しています!

世界も「クローン人間」の製造に対し、「神の領域」を超えてはならないと禁止している方向ですが、これは表立ったことの情報ですが、人間とは「あやまち」を起こす動物だと思います。

「禁止」だと分かっていても、その「神の領域」を超えた「クローン人間」の製造を着手している国があるかもしれません。

その「あやまち」が取り返せないのが「クローン人間」の製造だと私は思います!