刑務所車検の費用はかなりお得!

刑務所車検の費用はかなりお得!

車検であれば、「お金が掛かる」といった認識があるのではないでしょうか。

リアルに、10万円くらいの費用が掛かる傾向が強く、家計を圧迫するには、十分な額になります。

日常的に、節約して車検代にするというのも限りがありますし、なるべく費用を抑えたいというのが本音ではないでしょうか。

そのような人に、イチオシであるのが「刑務所車検」一般的な車検に比べて2~5万円くらい費用が抑えられる傾向にあります。

ですので、本日は、ごく一般的な車検と比べて、約2~5万円以上費用が抑えれる、お得な「刑務所車検」に関し紹介させて頂きます。
 

刑務所車検とは?

 
「刑務所車検」とされる言葉が、耳慣れない人もいるでしょう。

刑務所車検というのは、車を刑務所に持ち込み、車検をしてもらうことです。

そういうことができるなんて、ビックリですよね。

刑務所の中では、受刑者の社会復帰ということで、自動車整備士の養成をしてもらって、その活動の1つということで、車検を請け負っています。

車検においては、検査員資格を保持している職員が立ち合うことから、きちんと車検を受けることができますし、整備が必要とされる場合については、別途費用を払えば行ってもらえるのです。

ごく一般的な店舗と異なり、うんざりするセールス等もないことから、その点でも安心でしょう。

リコールの対象になっているパーツがある際には、前もって、交換をしておかなくてはならないことから、持ち込む前に確認することが必要です。
 

費用の目安

 
刑務所車検の費用については、修理箇所等がない場合では、軽自動車については、申請料1100円、自賠責25070円、引き取り時の支払い金額24840円、重量税6600円の合計57610円だとされます。

プリウスクラス(1t~1.5tまで)においては、申請料1200円、自賠責、25830円、引き取り時に支払い金額、28080円、自賠責、25830円で合計79710円です。

軽自動車以上は、重量に基づいて金額が違ってくることから、持ち込み予定の刑務所に問い合わせるようにして確認して下さい。
 

刑務所車検でも高くつくケースも

 
刑務所車検については、費用が軽減されて格安なのですが、場合によっては費用が高くなってしまうかもしれません。

その条件というのは、初年度登録から13年以上、あるいは18年以上過ぎているということです。

正確な金額を知るためには、持ち込み予定の刑務所に聞いてみる必要がございますが、その時は、車検証に記載されている、初度登録年月の欄を確かめてから聞いてみるとスムーズだとされます。
 

刑務所車検の人気が高まっている!?

 
これまで、刑務所車検については、さほど人に浸透していない裏技的な存在でしたが、近頃では、ネットないしは口コミから広がって周知されきつつあります。

そういう理由から、予約が取りにくくなっている事もあります。

刑務所車検に出す事を、検討中の人については、できる限り、早く予約をしておいた方が良いでしょう。

最低でも、1ヵ月前には予定の日程を伝えておく方がいいかと思われます。

当日は、引き渡し時に、車内の貴重品をすべて取り除いておきましょう。

荷物を降ろし忘れた状態で、車を持ち込んでしまうと、車検を受けてもらえない事もあるそうなので、前もってチェックが必要なのです。
 

不便な点もありますので注意

 
刑務所車検というのは、費用が安くて便利なのですが、デメリットもあるのです。

まず、車を持ち込ん時に代車がない事です。

車検が終わるまで1~2週間必要となる場合もあることから、その間の交通手段を確保しておかなくてはなりません。

車で通勤している人については、家族に送迎を頼んだり、車検が終わるまでの期間については、公共の交通機関を利用したり、対処する必要が生じるのです。
 
 
 
刑務所車検については、普通に車検に出すより費用が安くなる傾向が高いことから、興味がある人にはお勧めになります。

しかし、少しばかり注意点デメリットもあることから、そういった事も考えて、検討するというのが良いですね。