正しい暖機運転の方法とは!?

正しい暖機運転の方法とは!?

凍えるような冬のエンジン始動後、エンジンを温めるという目的で必要な暖機運転。

中堅クラスのドライバーの人においては、通常の習慣となっていらっしゃることと思います。

ですが、現在の車については、エンジン機能がアップしていることから、暖気運転をしなくてもよいという声もあるのです。

ぶっちゃけて言うと、暖気を正しく行う方法としては、どのようにすればよいのでしょうか。

そういうわけで、本日は、正しい暖機運転について紹介させて頂きます。
 

冬の車、暖機運転はもう必要ない?

 
基本的に「暖機運転」とは、エンジンを始動させて停車した状態のままで、エンジンを低回転させて、エンジンのそれぞれの部分が程良い温度になるまで待つ事をいうのです。

昔の車につきましては、エンジンが暖まっていなければ、エンジンオイルの循環が十分でなく、エンジンに傷がついてしまって、内部が摩擦を発生させて故障の要因となるとされていたのです。

ですが、このことは、昔の話みたいで、最近では、エンジンの制御技術が発展し、エンジンが冷めた状態であっても、きちんと性能を引き出す事ができるというわけです。

現在では、停止時の暖機運転については、燃費の面で無駄という事になるので、通常通りに運転した方がエコのようですし、時間も節約できるメリットがあるのです。
 

正しい暖気運転の方法とは?

 
とは言っても、人間だって、寒い冬の朝一に猛ダッシュしたとしたら、筋肉や関節を傷めてしまうので、そのような事態に発展しないように、準備運動が要されます。

まさにそれが、以前までは、アイドリング状態における、「暖機運転」だったのですが、現在では、車をリアルに走らせつつ、暖気する「走行暖気」が進められているのです。

「走行暖気」というのは、実際にエンジン始動から1分程度で走行を開始して、約2,000回転を上限にエンジンに負荷を掛けることなく走ることを指します。

急加速急ブレーキ急ハンドルであったり、急のつく運転はタブーですが、走行暖気時間はベースとして約10~15分とします。

停車状態の「暖機運転」であれば、ほとんどエンジンのみしか、暖まりませんが、「走行暖気」については、変速機やサスペンション、タイヤ等の部品も暖める効果を発揮することから、車全体を適切な状態にすることが出来ます。

そんなふうに、最近の車というのは、実質的には「暖機運転」が不必要ですが、例外として、「暖機運転」しなければいけない車の状態状況を見ていきたいと思います。
 

極度な寒冷地

 
外の温度が、-10℃を下回るかのような極度な寒冷地においては「暖機運転」をすることをオススメします。

ここまでの場所では、オイルの循環が悪くエンジンの状態が不安定なことになるからです。
 

古い車

 
現代の車が「暖機運転」を必要としなくなったというのは、エンジンの制御技術が発展したためで、エンジンの性能が昔の状態の古い車を乗車している人は暖機運転がなくてはなりません。
 

長い期間、乗っていない車

 
1週間以上、車に乗っていないと、エンジン内のオイルが下に落ちてきて、油膜が薄くなってしまうのです。

こういう場合、エンジンを始動後、すかさず走り出せば、エンジン内に負荷が及ぶおそれもありますので、「暖機運転」をしてください。
 
 
 
現在の車というのは実質的には、停車時の「暖機運転」は必要がなくなったのです。

アイドリング際には、ガソリンの無駄になってしまい、環境にも悪くなりますので、エンジンを掛けたらスピーディーにスタートし、エンジンに負荷を掛けることなく走る「走行暖気」を念頭におきたいですね。