絶対熱とは!?

絶対熱とは!?

みなさんは「絶対零度」とされる言葉を聞き及んだことがある人は、多いのではないでしょうか?

絶対零度というのは、分かりやすく言うと、温度の下限で、-273℃と指摘されています。

「下限が存在するということは上限もあるのでは?」と思った人もいるでしょう?

そうです、下限が存在するということは、上限も存在します。

この温度の上限「絶対熱」あるいは「プランク温度」と言います。

本日はそのような、てつもなく熱い「絶対熱」というのを紹介させて頂きます。
 

温度とは?

 
基本的に温度というのは、何なのでしょうか?

総体的な物質というのは、原子と分子で作られていて、この原子と分子については、絶え間なく、振動を繰り返し、エネルギーを起こしているのです。

この時の原子分子の動き活発さを「温度」と言います。

具体的に言うと、私たちも体を動かすと暑くなって、汗をかきますよね?

物質においても、これと似たような事が起きていて、原子分子の振動早くなってしまうと、高温になって、遅いと低温になります。

ちなみに、この仕組みを活用しているものが、電子レンジになります。

温度については原子分子の動きに影響を受けるということです。
 

絶対零度とは?

 
絶対零度というのは「これ以上下がる事がない」温度で-273℃とのことです。

どうして、これ以上、下がらないかというのは、全体の分子が静止した状態の温度となるからです。

宇宙空間の温度においても、-270℃とほんの僅か絶対零度には届いていません。

それ以上に低い温度の、すべてのものが止まった状態の世界というのは、果たしてどういうものなんでしょうか?

想像もつかないですよね。

ですが、正確に言えば、絶対零度のままでも、わずかなエネルギーが残っているのだそうです。

それから、理論的に言えば、可能な最低温度だとしているものの、実際のところは、断じて到達することが出来ないとも考えられています。
 

絶対熱ってどういったもの?

 
それでは、ようやく絶対熱に迫っていきたいと思います。

温度が分子や原子の動きに基づいて決まるともなると、下限が存在する事は納得できますが上限は、ないように思いますよね?

そもそも、理論的にはエネルギーさえ与えれば、制限なしに動きは激しさを増すことから、温度は果てしなく上がります。

ですが、現実的には、やたら高い温度だったら、物理学の法則が通用しなくなって、何が起きるのか予想がつかないとのことです。

その限界の温度が、絶対熱と言われるもので、「14溝2千穣℃」と指摘されています。

とんでもなく大き過ぎて「ゼロがどれだけあるのよ!?」という声が聞こえてきそうですね。

この温度というのは、宇宙がビッグバンから誕生した直後の温度だそうです。

この概念を提唱したというのが、プランク定数でも馴染みのある、量子力学者「マックス・プランク」だとされます。

これに伴い、絶対熱はプランクの名にちなんで、「プランク定数」と言われることもあります。
 

絶対熱とはどれだけすごいの?

 
絶対熱のすごさを実感しやすいように、他の高温といったものの、温度を見て行こうと思います。

ファーストステップとして、地球の中心の温度については6000℃と指摘されています。

絶対熱と比べますと、さほど大したことが無いように思えてしまうかもしれませんね。

太陽のコロナの温度については100万℃だとのことです。

マグマさえも、一瞬で蒸発してしまうくらいの高温となりますが、依然、絶対熱には遠く及びません。

それでは、星が死滅した瞬間の超新星爆発はどうなんでしょうか?

驚くことに、この時の温度というのは5,500万℃になります。

スゴイ高温であっても、絶対温度においては、まるで話にならないことになります。

それでは、地球上の実験から生み出す事が実現できた、圧倒的に高い温度はどれほどなんでしょうか?

現在に至るまでの記録の中で、究極に高温であるのが、ALICEと言われる「大型イオン衝突実験装置」..と称された実験の最中に生じた温度で、摂氏5.5兆度もあったとの事です。

とは言っても、いずれにせよ、絶対熱には足元にも及びません。

絶対熱がなにはともあれ、桁外れに高くて物凄い温度であるということだけは、はっきりしましたね。

徹頭徹尾、他の追随を許さない絶対熱。

なお、これ以上の高温については、粒子の状態がビッグバンを起こす前に戻ってしまうとも考えられているようです。

これから人類は、絶対熱に近い温度を生じさせる事は可能なのでしょうか?

されど、何かしらの弾みに生じる事があるかもしれませんが、そのタイミングにおいて、尋常じゃないことが起きそうで怖いですが・・・。