結婚しない方がいい人の特徴とは!?

結婚しない方がいい人の特徴とは!?

結婚においては、メリットとデメリットが存在します。

人それぞれで、感じ方が違うことから、はっきりとメリットはこれ、デメリットはこれというのは言う事はできません。

結婚している人だとしても、結婚してよかったと感じる人もいたら、そうでもない人もいるのです。

基本的に史実上、見てみれば、結婚は子孫を作る目的だけではなく、女性を養う事が目的となります。

ですが、今の時代は、生き方を選択できることもあって、経済力さえあるなら、結婚にメリットがない人もいるのです。

結婚をしない方がいい人とは、どういう特徴があるんでしょうか。

結婚しないほうがいい人の特徴を、紹介させて頂きます。
 

結婚しない方がいい人の特徴①『年収が800万円以上の人』

 
結婚をするということから、お金が必要だと考える人ほとんどだと思います。

出来るだけ、お金を貯めて、結婚をしたいと、頑張る人。

ですが、結婚をして良かったと思う人というのは、収入が低い人の方が多いというような研究結果があるのです。

年収が800万円以下の人というのは、結婚をすることによって、収入が安定する安心感を感じるそうです。

日本人の平均年収が、400万円~500万円くらいと思うと、結婚により安心感を感じる層というのは多いといえます。

年収が800万円以上となれば、結婚しないとしても、経済面での自立が可能で、自分がしたい事ができます。

結局のところ、結婚するメリットを感じられなくなるのです!

具体的に言うと、女性が年収800万円男性が500万円とします。

男性は結婚にメリットを感じるかもしれないが、女性は結婚にメリットを感じない可能性があります。

基本的に研究結果ですので、そうじゃないこともあり得ます。

ですが、経済力がある人であればあるほど、結婚にメリットを感じなくなる人が多いといわれています。
 

結婚しない方がいい人の特徴②『結婚以外の目的がある人』

 
結婚をしたい人に関しては、新しい家庭を作っていく、楽しみをメリットに感じるのです。

一緒に過ごしたいと感じる相手と過ごす事、2人の子供ができる喜び。

まさにそれが、結婚の大きなメリットだと思われます。

ですが、結婚がしたくないことではなくても、結婚より更に大きな目的がある人もいたりします。

両方をこなすことができるといいのですが、大きな目的を実現するためには、結婚生活を犠牲にしてしまうことなどもあります。

こういうタイプの人というのは、結婚しない方がいい人の特徴であるかも知れません。

分かりやすく言うと、実現したい目的のために、仕事中心の生活になると、結婚生活が破たんしてしまうかもしれません。

だからといって、家庭を大切にしようとすると、目的が達成できなってしまいます。

どう頑張っても、したい仕事が、家庭との共存が難しいと思うなら、結婚しない方が双方にとっていい結果になります。

このような場合、目的が実現した後で、落ち着いた後に、結婚をする事もできるのです。
 

結婚しない方がいい人の特徴③『人との生活が困難な人』

 
恋愛関係に関しては、持つことができるけど、誰かとず~っと暮らしていく事は出来ないという人いるのです。

結局のところ、誰かと交際しては、別れる事を繰り返すということです。

こういうタイプは、人を好きになる事はできたとしても、人と生活する状況にストレスを感じてしまいます。

親元を早くより、離れている傾向が高く、自身のペースを乱される事を嫌います。

同棲をしてみても、彼女が家事をしてくれるというのがストレスになってしまい、結果として別れるなんて事にもなってしまいます。

結婚なんてのは、他人同士が折り合いをつけて生活していくことです。

両者共に譲歩し合いつつ、自分たちの家庭ルールが出来上がるのです。

相手の意見を聞きたくない人というのは、結婚には向いていないのです。

人との生活により、ストレスが増えるのならば、結婚生活は難しいでしょう。
 

結婚しない方がいい人の特徴④『恋愛気質が強すぎる人』

 
結婚上手くいっているという人というのは、相手を尊重し、パートナーとし過ごしているのです。

恋愛気質が強いタイプのケースでは、どこまでも恋愛の延長として相手と過ごすようにしたいのです。

実のところ、そこのポイントは、結婚生活が上手くいくか否かに、影響します。

恋愛を経て、結婚となったにせよ、日々を過ごしていく過程で、生活をするパートナーに変わるものです。

ですが、恋愛気質が強い人というのは、いつになろうとも、交際していた当時と同じ事を相手に求めるのです。

自分の事を構ってくれない、誕生日を祝ってくれない、帰りが遅い等、愚痴が多いことが特徴になります。

極端なタイプであれば、子供を敵視することになり、子供に当たることになる人もいるのです。

恋愛気質が強いタイプというのは、自分自身への愛情不安から、人を思い悩ませる行動を取ってしまいます。

そのような相手と結婚してしまいますと、結婚生活は上手くいかず、破たんしてしまうかもしれません。

恋愛気質が強すぎる人というのは、しっかりと理解してくれる相手を選ばないと、結婚はしない方がいいのではないでしょうか。
 

結婚しない方がいい人の特徴⑤『自由でいたい人』

 
結婚生活のデメリットとしては、自由がゼロになるという声がほとんどです。

何はともあれ、男性に見受けられる傾向で、自身の趣味が制約されてしまう事がデメリットになってしまいます。

具体的に言うと、独身時代に関しては、一人旅を楽しんでいたりとか、趣味のためにお金と時間を掛けていた人等。

結婚する事で、共同生活となってしまうため、全ての時間やお金については自由に使うことができません。

であるとしても、結婚する事には、メリットがあると感じる人もいるわけです。

そのような人というのは、結婚をして幸せになっていく人となります。

結婚しても、自らの自由を大切にしたいと思う人については、結婚しない方がいい人となります。

なぜかと言えば、パートナー家族というよりも、自らの自由が大事と思うレベルだからです。

趣味等のような程度であるならいいですが、恋愛も自由にしたいとなると、浮気問題もなってしまいます。

誰にも、なにひとつ捉われたくない!

そのような自由人な人というのは、結婚しない方がいい人なのです。

恋愛とは異なり、結婚する相手とは、相性がかなり大事になります。

生活パターンの理解や、考え方の理解を双方ともにできることが大事になります。

自分以上に相手を大切であると思える事が、結婚するという事です。

相手以上に、自分の事を優先したいと考える人というのは、結婚しない方がいい人の特徴となります。

経済力という観点からも、自分の事を優先したい気持ちが勝つという事。

ですが、結婚する方がいい、結婚しない方がいいわけではありません。

結婚することは、他人も巻き込むわけなので、よく考えた方がいいという事です。

どのような選択を選ぶのか、自身にとって、幸せだと思える選択をすることが重要となります。