ソニーのCMOSセンサーとは!?

CMOSセンサー

近頃では、SNS写真あるいは動画アップさせて楽しむ人が増加しています。

何故ならば、スマホの撮影技術がレベルアップして、画質が日々上昇している事も、関係しているかも知れませんね。

そのようなスマホでの撮影技術に扱われている部品が、CMOSセンサーというものになります。

このCMOSセンサーというのは、最近、システムが、大幅に上昇していて、需要が増えているというのです。

そのような中で、シュアのほとんどを占めているというのが、あのSONYになります。

本日はそのようなCMOSセンサーについて詳しく紹介させて頂きます。
 

CMOSセンサーとは?

 
CMOSセンサーというのは、スマホあるいは、デジカメといった系のものに、搭載されている「イメージセンサー」といった部品で、目のような役割を持ちます。

近頃では、車載用ということでも、注目を集めているのです。

この原理は1960年代の後半においては、とっくに考案されていたのですが、技術が高すぎて、実用化については、ほとんど至らなかったのです。

ついに実用化となったのは、考案から30年以上過ぎた、1990年代以後のことになります。

前文でCMOSセンサーというのは、スマホあるいはデジカメといった系のものに、使われると言いましたが、イメージセンサーについては、この他に、CCDと言われるものがあるのです。

当初は、CCDの方が、画質や感度が申し分ないということから、積極的に使われていたのですが、CMOSセンサーの改良にて、画質や感度の異なる部分がほぼ、なくなったのです。

結果として、CMOSセンサーアドバンテージが際立つことになりました。

実のところ、CCDにおいては、受光素子CCD転送路のそれぞれに、電源が欠かせないことから、消費電力量が大きい、データを読み出す速度が遅いといった欠点がありました。

一方で、CMOSセンサーについては、受光素子CCD転送路をくっ付いていて、消費電力が少なくて済む、小型化にできる、データを読み出す速度が速いというメリットがあるのです。

そういうことから、2004年においては、CMOSの出荷数が上回るようになりました。
 

CMOSセンサーの世界シュア

 
そのようなCMOSセンサーの世界シュアというのは、モバイル用、のみだったら、ソニーが50%、ありとあらゆる用途合わせても42%と断トツにトップなんだそうです。

ちなみに、2位は韓国のサムスンで24%とのことです。

ソニー以外の日本企業においては、パナソニックが1%、キャノン等、それ以外の企業は1%未満と、思うようにはシュアを伸ばせずいるようです。

ソニーは、更なるシュアの拡大に向け、スマホ用のCMOSセンサーだけにとどまらず、車載用のものも強化して、世界シュアを60%に至るまで拡大しようと目指しているのだそうです。

まさにそれが、上手くいったら、依然としてソニーの天下は続きそうです。
 

なぜソニーのCMOSセンサーは強いのか?

 
ではどうして、ソニーのCMOSセンサーは強いんでしょうか?

最近では、スマホに搭載されているCMOSセンサーにおいては、高画質で小型なことが不可欠です。

現在では、CMOSセンサーにおいては「表面照射型」の2つが伴い、裏面照射型の方が、画像が鮮やかだとのことです。

ですが、このタイプについては、大量生産が困難で、世界の企業においても、4社のみしか、成功していないとのことです。

そして世界で最初に、裏面照射型の大量生産に成功したというのが、ソニーなのだそうです。

SONYの偉業は、それのみではないです。

ソニーは積層型CMOSセンサー市場投入においても、世界で初めて成功したのです。

積層型CMOSセンサーというのは、ハイスピードスーパースローモーション等の撮影に強いものになります。

このようにして、ソニーは他社よりも一足先に、小型で画質の良いCMOSセンサーの投入が実現したのです。

ちなみにサムスンソニーに匹敵するような積層型CMOSセンサーを投入したというのは、1年以上後のことになります。

その期間中に、ソニーは高いマージンあるいはシュアを確保して費用を落とす事にも成功したのです。

この日数の差が、サムスンからすれば、どうやっても超えられない壁となったみたいですね。
 

ソニーのCMOSセンサーは、絶対に真似できない?!

 
かと言って、ソニーの技術を真似して、これまで以上に低コストな商品を作り上げる企業が、生じてもおかしくはない気もしますよね?

ですがソニーにおいては、他社がおいそれとは真似することが、出来ない要素が複数あります。

一つに、ソニーが半導体事業に着手してきた歴史になります。

ソニーは1970年から現在までCCDセンサーの開発を手がけてきたのです。

これを商品化したというのが、「ハンディカム」になります。

それから、90年代にカメラ付き携帯電話が浸透したことを機に、CMOSセンサーの開発に、のりだし高画質化においても、スピーディーに成功したのです。

それ以降は、前の方でも、解説したように、他社に先駆け、裏面照射型積層型の実用化においても、成功しています。

長期間に亘って、培われた技術の蓄積が現在の結果にむすびついていて、他社が、すかさず真似することができるようなものではないのですね。

この他には、ソニーの際立つ技術を支えるのに、アナログな職人の技がある事も、真似することが難しい理由の一つになります。

裏面照射型の大量生産が困難な理由の一つに、高精度の技術が欠かせないというのがあるのです。

ソニーは、長期間に亘って、培った技術があるからこそ、大量生産が可能となりました。

更にその技術というのは、生産工程だけじゃなく、設備等を、コネクトすることによって、外に漏れないようになっております。

さすが、技術大国日本の企業だということですね。

ソニーはこれから先、車載用のCMOSセンサーの開発に力を入れていきます。

現在のところ、他社とまったく異なるものを開発することを目指して、アイディアを出し技術を磨いているとのことです。

現在に至るまで、モバイル向けのCMOSセンサーに力を注いできたソニーからすれば、大きな挑戦になると思われますが、成し遂げられるように注視したいですね。