悪口・陰口を言う人の対処法とは!?

悪口・陰口を言う人の対処法とは!?

人の悪口だけではなく、陰口ばかり言う人、周囲にいたりしませんか?

いつだって、誰かの噂をしていたりとか、悪口ばかり言う人..。

こういう人と、一緒にしたら、嫌な気持ちになりますよね。

ならば、なぜ彼らは、悪口を言うんでしょうか。

悪口や陰口を言う人の心理のみならず、対処法について紹介させて頂きます。
 

自分に自信がない

 
悪口陰口を言う人というのは、自分自身に自信がない人になります。

相手より優位に、立ちたいけども、実力で勝つ自信が持てないことから、悪口を並べます。

そのワケは、相手のマイナスポイントだけを並べることで、自分自身が優位だと思い込めるからです。

聞いてくれる人からすれば、その人の評価を下げることになることから、自分自身に有利になると思っているのです。

誰かに向けて、悪口を言い続けると、気がつけば、その人の悪いとこばっかりが、注視されます。

まさにそれが、自分への満足になって、周囲の人が、自分に寄ってくると感じているのです。

ですが、実のところ、そういうことをしていたとしても、自分自身に自信が付くという訳ではあるはずがありません。

これに伴って、悪口を言い続けているにも関わらず、誰かに悪口を言われてるかもしれないと、気になって仕方ないのです。

しょせん、自信に結び付く行動ではないため、無限のループとなってしまうだけなのです。
 

仲間を作って安心する

 
ターゲットを見つけて、悪口を触れ回ることにより、仲間はずれにしてしまう人。

具体的に言うと、会社で自分と比べて弱く、おとなしい人を見つけて、会社中に悪口を広めるのです。

そうすれば、いつしかその人が、仲間はずれになってしまい、集まればその人の悪口の言いたい放題。

そうすることにより、自分がいじめられない環境を作って安心します。

ズバリ、最悪な奴です。。。

ですが不本意ながら、そういう人がいるのです。

理由もなしに、誰か1人にターゲットを絞ることによって、自身が仲間外れにされないよう悪口を続けるのです。

周囲も、同じく安全な環境を手に入れたい!という心理によって、その仲間に入り込んでしまうのです。

理由もなしに、ターゲットにされた人としては、ひどい話になります。

ですが、こういう行動を取りつつも、自分がいずれターゲットにされるとされる恐怖も抱えているのです。

さらに、周りからは信用を失っているというのは、そんなに分かっていない事も。

もっぱら、安全な場所づくりのためにと思って、中身のない仲間を集めているだけなのです。
 

寂しいかまってちゃん

 
悪口を言う人の中には、かまって欲しい心理からの、人もいるはずです。

人と親しく付き合うために、共感しやすい人の悪口を言う人。

心なしか、おかしい発想だと思いますが、いずれにせよ、寂しがり屋なので、何でもいいから話したい!

そういう人は、誰かとの距離をつめるために、誰かの悪口をネタに接近します。

悪口を言いつつ、自分が可哀そうだと言い放つ。。

相手に優しくされたいことから、誰かを悪者にして悪口を言います。

きちんとした友人になれるとは思わないですが、寂しさを紛らわすために、必要な時間を得ることはできます。

寂しがり屋のかまってちゃんについては、自分の寂しさあるいは、承認欲求を満たす事があればよいのです。

ひいては、誰かを悪者として、悪口を言っても良いと、判断するのです。

ですが、そういうことが続けば、誰も相手にしなくなります。

そういうわけで、必ずと言っていいほど、聞いてくれる誰かを探して彷徨ってしまうのです。
 

ストレス解消をしている

 
自身のストレス解消のため、誰かをイジメたり、悪口を言う人。

人間としてありえないですよね。

ですが遺憾なことに、こういうタイプはいるのです。

会社で上司から怒られてばっかりの人が、そのストレス解消から部下の悪口を言うのです。

そして、周囲にも広めて孤立させてみたり。

その姿を目にして、楽しんで、ストレスを解消するような人。

このことは、シンプルに自身がされている事を、誰かにすることによって、ストレス解消に。

ですが、こういう行動をする人に対し、良識ある人なら相手にしないですよね。

信頼性もありませんし、関わりたいとも思われません。

自身は、ストレス解消のつもりでしているのですが、周囲との距離は遠のくしかないでしょう。
 

まともに相手にしないこと

 
悪口あるいは、陰口を言われたとしたら、どのようにして対処するというのがいいのでしょうか。

人から悪口を言われる事は、絶対に気分がいいものじゃありません。

ですが、真っ当に関わりあっていたところで、価値がない不快感のみで過ごす事になってしまいます。

とにかく、こういう悪口を言う人というのは、単なる子供だと思った方がいいでしょう。

子供から、バカと言われたところで、相手にしないですよね?

悪口あるいは、陰口を言う人というのは、子供程度の知能を持つ生物なんだと思っておくことで、どうでもよくなります。

そのうえで、さまざまな考え方の人がいる事を心得ておくようにしましょう。

一例として、ラーメン屋さんで5分待った事を、怒る人もいたなら、早いと感じる人もいるのです。

悪口を言っている人というのは、そういう人なんだと思うことで、自分とは考え方が違うで終わるのです。

いずれにせよ、まともに相手にしない事が一番です!

悪口あるいは、陰口は気分悪いですが、相手にしないと向こうもターゲットを変えます。

憐れな人だなと、思っておいた方が良いでしょう。

悪口あるいは陰口ばかり言う人というのは、自分に自信がなくて、人を受け入れることができない、自己中心的な人です。

このように考えれば、可愛そうな人だと思えないでしょうか?

無理して、その人に関わる必要はないのです。

自身がターゲットになったとしても、自分に非がないのであるなら、放っておきましょう。

シャキッとした態度で、行動していたなら、周囲も理解してくれるに違いありません。

そして、悪口の多い友人がいるのであれば、友人の心理をケアしてあげると変わるかも知れません。