舐められる人は一流である理由とは!?

舐められる人は一流である理由とは!?

明らかに、舐められてると思う人いたりしませんか?

思いやりのある性格で、どのようなことでも受け入れてしまうような人。

その一方、チョット見舐められているように、見えたとしても、たくさんの人に、好かれている人も。

人に舐められてる人に関しては、大きく分けると2つのタイプがあるのです。

その中で、一流である、舐められてる人については、好かれるタイプになります。

好かれていながらも、舐められてるというのは、どういったことなのでしょうか。

舐められてる人が、実のところ、一流だという心理に関しまして、見ていくことにしましょう。
 

舐められる人は一流である理由 ①:『優しさの違い。』

 
舐められてる人の特徴というのは、優しいということになります。

ですが、優しさであるとしても種類が伴い、舐められるのみの優しさ好かれる優しさがあるのです。

舐められるのみの優しさというのは、自身が嫌がられたくないことから、人に優しくする人の場合です。

気持ちを込めて優しくしているというわけでも、その人のことを考えて優しくしているのではない人になります。

こういうタイプだと、自身が人に嫌がられる事を警戒して、他人の要求をのみ込んでしまうのです。

これに伴い、周囲の人から見れば、何もかも引き受けてくれる好都合な人として認識されるのです。

もう一方では、周囲の人から好かれるタイプもいるのです。

好かれるタイプとしては、人にすんなりと優しくできる人になります。

要求をあれもこれも聞く優しさではなくて、その人のためになる対処ができる人になります。

そこのところに、大きな相違点があります。
 

舐められる人は一流である理由 ②:『平等に優しい』

 
舐められてるかのように思われても、好かれるタイプの人というのは、どんな人にでも、同じ対応ができるのです。

人に嫌われたくない人というのは、いつしか人を分類して対応しています。

いかんせん、優しくすることは、人に嫌われたくありませんから。

自身にとって、重要な人のを、一層大切にして、そうでない人なら、それほど対応しない等。

そういう部分が見える事で、周囲からは舐められるポイントとなるのです。

パッと見、舐められてるっぽいタイプでも、どの方にも平等に優しい人というのは、立派に見えますよね。

舐められても、立派で一流だと思える人とされるのは、人から一目を置かれやすいということです。
 

舐められる人は一流である理由 ③:『自己犠牲はしない』

 
舐められるタイプの優しい人というのは、承認欲求が高い傾向にあります。

優しくしてあげたわけなので、相手に評価して欲しい、好かれたい、そのように考えるのです。

例として、カップルの場合であったら、彼女にず~っと優しくする男性。

その心中は、愛して欲しい、認めて欲しい気持ちが高いのです。

ある時、優しくしていたにも関わらず、振られてしまって、逆上するタイプも。

あそこまでしてあげたのに!と、まるで、子供かのような怒り方をしたりします。

もう一方では、好かれるタイプの人というのは、自己犠牲をしないのです。

何もかもしてあげる優しさでなく、相手の事を考えた優しさを与えるのです。

そういった背景から、なかには、しない優しさも持っているのです。

どのような要求でも、飲みこんでしまうのではなくて、甘やかさないというような判断もするのです。

相手の為を思った行動ができることから、周囲の人も慕うことになるのです。
 

舐められる人は一流である理由 ④:『他人の幸せを互いに喜ぶ気持ち』

 
舐めてるのですが、優しさのみ利用する人が選ぶというのは、人に嫌いになられたくない優しさのタイプになります。

彼氏が浮気をしたあるいは、会社で上司に叱られた辛い愚痴を話してくる時。

こんな時は、もっぱら、何も言うことなく自身に同情して欲しいだけです。

これに伴い、何もかも優しく聞いてくれる人と分かち合うのです。

そのうえで、こういうタイプの人というのは、どこかしら不幸な話に同情することの方を好む傾向があります。

いかんせん、自分を頼りにしていることから、自分の評価が上がるチャンス!と感じるからです。

ですが、好かれるタイプの人というのは、他人の幸せを共に喜んでくれる人です。

その理由は、心から相手の事を考えているからです。

一見すると、舐められてるとされる人でも、周囲が一目置くタイプとは、表裏がないということですね。
 

舐められる人は一流である理由 ⑤:『相手を敬意を払うやさしさ』

 
この2タイプが異なるところは、どういうことをベースに優しいのかということになります。

舐められてしまうのみの人というのは、あらゆるものが自分基準だということです。

舐められているみたいで、好かれている人というのは、相手を重んじ一体感のある愛を持っています。

これが、この両者が異なるところになります。

舐められているのみで、完結してしまう人というのは、わかりやすく言うと愛が薄いのです!

好かれるタイプの人というのは、相手の幸せを最優先して考えることから、そこの所に愛があるのです。

対人関係においても、結果として好かれる人とされるのは、裏表なく行動が伴う人となるのです。

自分視点だけしか考える事ができない人の優しさというのは、いずれにしても、ボロが出てしまうことが多いのです。

舐められているように見える一流の人というのは、本質に触れる優しさに精通している事が大きな特徴になります。

舐められてる人については、すごく優しい人です。

ですが、ウソ偽りなく、舐められてる人とされるのは、エセな優しさなのです。

舐められてるにせよ、一流な道を歩むことができるのは、本質に触れる優しさを提供できる人になります。

この違いをわかっていたら、どういう人を慕うべきか、分かるのは間違いないはずです。

舐められてるのみの人を、本当に心優しい人だと思っていたとすれば、付き合ったら、変わった。といったこともあり得ます。

本質に触れる優しさというものを、よく知っている人に出会う、あるいは自身も目指してみてはいかがでしょうか。

ご自身の利益ばかりを狙うことはせず、相手に与えることにより、多くのことに、恵まれるのです。