有機EL量産化技術とは!?

有機EL量産化技術とは!?

近頃では、youtubeあるいは動画アプリ等がユーザビリティが良く、スマホあるいは、パソコン等によって、色々なコンテンツを楽しめます。

そんな理由から、若者を主として「家にテレビがない」とされる人も増えてきているそうです。

ですが、日本以外のたくさんの国では、依然としてテレビは健在で、テレビの性能の上昇も飛躍的なものがあるのです。

その一つが、テレビなどのようなスクリーンに採用される、「有機EL」という技術になります。

この有機ELの技術というのは、韓国が特に進んでいて、日本は遅れをとっているというのが現状です。

ですが、2019年末、日本の企業有機ELに対する、世界初の偉業を成し遂げたそうです。

果して、どのような偉業を成し遂げたのでしょうか?
 

有機ELとは?

 
さっそく、有機ELがどういう技術であるのかを、簡単に紹介しようと思います。

有機ELというのは、近頃では、iPhone Xディスプレーに使われるようになったことにより、話題になりました。

この有機ELについては、大型テレビにおいても、取り扱われつつあるというわけです。

それでは、有機ELディスプレーと、ごく普通の液晶画面だったら、どのような違いがあるというのでしょうか?

詳細にみていけば、かなりの違いがあるのですが、大きな違いはディスプレーの薄さと柔軟性、黒の発色においての、映像の美しさだというのです。

こういう違う部分は、液晶有機ELの、ディスプレイに映像を映す仕組みが、違うところによるのです。

液晶については、パネルにバックライトを当たることから、映像を映す仕組みとなっているのです。

一方で、有機ELというのは、光る素子を使って、映像を映しているのです。

有機ELの方が映像を映すメカニズムシンプルなことから、ディスプレイを薄くすることを可能にするのです。

現在では、パナソニック等、日本のメーカーにおいても、有機ELを使った大型テレビを販売しているのですが、日本のメーカーで使っているディスプレーについては、韓国の企業LGで作っているものであるそうです。

どういうわけで、日本産のタイプを使わないのでしょうか?
 

現時点での有機EL市場

 
現在での、有機EL市場というのは、全般的に韓国に独占されていて、スマホの有機ELについても、韓国の企業サムスンの完全制覇となっているのです。

それでは、日本の有機EL開発というのはどういう状況なのでしょうか?

基本的に有機ELを作ろうとすれば、もの凄く、巧みな技術必要不可欠で、何にも増して、テレビに用いるような大きなものであるなら、すごく難しいそうです。

そういう理由から、開発を諦める企業がほとんどで、日本においては、スマホ用の有機ELは、開発されはじめたものの、テレビ用の有機ELというのは、おいそれとは、開発出来ないままでいたそうです。

そういう中、韓国に独占化されてきた有機ELの勢力図を塗り替えるかも知れない、最先端の技術を日本の企業が開発したのです。

それは果たして、いかなるものなんでしょうか?
 

印刷方式での有機ELの量産ラインは世界初の技術!

 
有機ELの研究開発をやってきた日本の企業JOLEDについては、2019年11月に世界初である、印刷方式での有機ELの量産ラインを成功させたのです。

OLEDについては、2015年にパナソニックソニー有機EL部門が、合同で設立した会社になります。

2018年においては、能美事業所を開設して、今回、話題になった、印刷方式においての有機ELの量産ラインを完成したというわけです。

印刷方式というのは、有機ELの材料ガラスプラスティック等に塗布して、形成するという技術になります。

円形曲線等、自由な形のディスプレーや、薄くて軽いディスプレーの製造ができるのです。

これから、この事業者では、4Kの車載用モニターであったり、タブレット端末の製造等、中型サイズに至るまでのディスプレーの製造を手掛けるのだそうです。

いずれにしても、世界初の技術なんてスゴイのではないでしょうか。

けど、どういうわけで、この技術が、「有機ELの勢力図を塗り替える」とさえ言われてるんでしょうか?
 

印刷方式の有機ELについて、何がすごいのか?

 
現在では、有機ELを作る方法においては、現在に至るまでメインだった蒸着方式と、この度、JOLEDが量産化が実現した印刷方式があるのです。

現時点で、一般に取り入れている、蒸着方式については、真空の中で、材料の加工を行なう必要があったのです。

これには、高精度の技術が必要不可欠で、課題も数多くありました。

そのうえで、とにかく、生産効率が悪く、費用が掛かるというような大きいデメリットがあったワケです。

ですが、JOLEDが考えた印刷方式については、蒸着方式と比べ、生産効率が高く、費用を抑えることができるというようなメリットがあるのです。

有機ELのディスプレーについては、高価な印象が強いのですが、印刷方式だったら、より一層、安い値段で、さらには、性能も高いものを提供できることがあり得るとのことです。

性能が高く、さらに、安い有機ELがあるならば、かなりの企業については、そちらの方を選ぶはずです。

現時点で、JOLEDにおいては、印刷方式の有機ELについては、32型までの中型サイズのディスプレーだけに限られた参入を考えているとのことです。

ですが、これから、印刷方式がメインとなったら、大きなサイズのディスプレーでも取り扱われていくかもしれないですね。

そうなったら、100パーセント有機ELの勢力図が塗り変わるのではないかと思います。

印刷方式の有機ディスプレイの量産体制については、まだまだ始まったばっかりで、これから、波に乗れるかについては、まだ不透明になります。

ですが、成功したら、有機EL市場で、日本が一足飛びに、巻き返す公算が大きくなるでしょうし、有機ELを使用した大型テレビも、これから、もっと安く購入することができることとなるかもしれないですね。

日本がつくり出した、印刷方式の技術が、世界中に拡大される日が来る事を願いたいですね。