ハンドルを握ると性格が変わる人の特徴とは!?

ハンドルを握ると性格が変わる人の特徴とは

運転が荒い人の車に同乗したら、緊張感でいっぱいになってしまいますよね。

常日頃は、穏やかな人が、車のハンドルを握ると性格が変わってしまう人がいるのです。

イライラ運転においては、むやみやたらと、車線変更を繰り返したり、他の車にクラクションを鳴らしたり、ハイビームを浴びせる、曲がってこようとする車に、頑なに譲らない・・・などがあります。

そのような運転をされてしまうと、同乗者がヒヤヒヤするだけでなく、事故の可能性も高くなってしまいます。

イライラ運転をしている車の周りには、マイナスの感情が伝染しやすくなってしまいますので、1台の車がイライラ運転をしてしまうと、その道路全体の運転環境を悪くさせてしまって大変迷惑になります。

ハンドルを握ると性格が変わる人のドライバーについては、運転中に「どこ、見てんだよ!」「トロトロ走りやがって!」というような、バッシングしたりして、同乗者をギョッとさせるといったことをする人もいます。

そういう困ったドライバーにおいては、共通する特徴があります。

なので本日は、ハンドルを握ると性格が変わる人の特徴を紹介したいと思います。
 

ハンドルを握ると性格が変わる人の特徴①『正義感が強すぎる』

 
日本に関しては、ルールであったり、マナーにおいて、厳しいところがあります。

朝のラッシュ内、あれだけ人であふれ返っていたとしても、きっちりと列を作って電車を待つ利用客や、スポーツ観戦でゴミを持ち帰るファン等は、そういった日本人の意識が良い方向に働いた例となります。

とは言っても、そのようなルールマナーといったものに執着して、他人に対しての許容範囲に余裕がなくなっている人も、多く見受けられるようになったのです。

第三者がちょっとでも、秩序を乱すと許せなくなり、過剰反応してしまうようです。

中でも、車の運転においては、いろいろなルールが伴い、暗黙のルールとして、ドライバー間で共有しているマナーもたくさんありますから、こういうタイプの人というのは、運転中に他のドライバーの行動が気にかかって仕方がないのです。

道を譲ってあげたのに「ありがとう」の合図がない車、自分が優先なことになっている進路に侵入しようとしてくる車等に、イライラしてしまうのです。

イラつく車には、煽り運転であったり、クラクションで、警告や罰を与えようとするかもしれません。

彼らからすれば、自分が正義の行いをしているつもりなんでしょうが、周りからしたら単なる迷惑行為になります。
 

ハンドルを握ると性格が変わる人の特徴②『外面(そとづら)がいい人』

 
というのはスピードが出す事ができますが、ドライバーはそのような車を意のままに操ることが出来るといった万能感に酔いしれて、一種の昏睡状態になります。

常日頃は、自分を押し殺して外面をよくしている人ならば、なおのこと、車で走行している時に関しては、無防備となってその万能感と自由を堪能したくなるものです。

自分を縛ろうと感じる交通ルールあるいは、渋滞、周囲の車等が障害物に思ってむしゃくしゃしてしまうかもしれません。

こういうタイプについては、常日頃、抑制している本性が出現している状況ですので、ハンドルを握ると性格が変わるのとは違って、ハンドルを握ると本性が出てくるということになるのです。
 

『アンガーマネジメントで怒りをコントロールする』

 
怒りの感情を制御することを、アンガーマネジメントと言っています。

緊張感のある怒りの感情が蔓延っている現代においては、アンガーマネジメントのテクニックを習得する事は、現代人からすればすごく重要なことでしょう。

アンガーマネジメントのテクニックの基本にあるのは、「許す」そのうえで「受け流す」ということなのです。

運転でいうと、あなた自身が交通ルールを厳守すると共に、相手のちょっとしたミスには寛容になるということです。

かなり難しい事のように感じますが、こういう考え方をすることから、怒りの感情に冷静さを失う事が消失して、結果として、自身が気分が楽になれるのです。

容易に出来るアンガーマネジメントの方法ですが、『イライラしてきたら、大きく深呼吸をする』『怒りがピークに到達してからの持続時間については6秒間なことから、その間、意識して別の事を考えてみる』などが挙げられます。

そうであっても、効率よくイライラを納められない際は、怒りの感情を「哀れみ」の気分に変換すると良いそうです。

交通ルールあるいはマナーを守らないドライバーを見た際に、イライラするのとは違って『ああいう運転しかできないというのは可哀そうに』というふうに、同情の目で見るようにしてみてください。

こういうアンガーマネジメントのテクニックというのは、自分自身がハンドルを握ると性格が変わる人間だという自覚がないドライバーにして貰う事は困難かもしれませんが、自分自身が怒りの感情に支配されないうえでも覚えておいてください。
 
 
 
ハンドルを握ると性格が変わるタイプのドライバーというのは、周りにも迷惑だと思いますが、怒りの感情に呑まれている自身にも、実のところ、ストレスが掛かっているのです。

不必要なトラブルあるいは事故が起きないことを望むなら、アンガーマネジメントをすることができる人でいたいですよね。