身の回りに使われている宇宙技術とは!?

身の回りに使われている宇宙技術とは!?

依然として、謎多き宇宙。

現在に至るまでの歴史において、いろいろな技術が作られ、宇宙開発が行われてまいりました。

驚くことに、こういった技術というのは、皆さんの生活において、身の回りに使われている事を知っていますか?

本日は私たちの生活を支えている宇宙技術に関しまして、紹介したいと思います。

皆さんの生活において使っている、宇宙開発技術の応用。

本日、紹介するのは5つになります。

いずれも、最初は宇宙探索に役に立つものだったのですが、その技術を応用することにより、生活を豊かにする事ができるということから、開発が進められてきたものばかりです。

では紹介致します!!
 

身の回りに使われている宇宙技術①『カーナビ』

 
1つ目はカーナビになります。

このことは、知っている方も多いかもしれないのですが、自動車に取り付けられているカーナビゲーションシステムについては、車に付いている画面に地図が映って、常時自分がいる所を示してくれますすごく便利なものになります。

話題のカーナビについては、宇宙にある人工衛星からの信号を受け取って、自分のいる所を教えてくれてるというわけです。

この事と同じく毎日の天気予報宇宙における気象衛星から雲の流れ等、天気を予報するために必要な情報を送ってもらって、その画像に因んで毎日、天気を予想して案内しているのです。
 

身の回りに使われている宇宙技術②『マットレスや枕』

 
2つ目は、スッキリした睡眠を促進させてくれる、枕やマットレスになります。

NASAの研究センターについては、1970年にロケットが発射する時の、宇宙飛行士に掛かる大きな重力を軽減する物質を開発したのです。

その物質については、粘度ばねの性質をもっていて、温度の変化に敏感というような特徴を持っているのです。

すごく丈夫で20年は変質せずに、温かいときは柔らかく寒いときは形が変わりにくいという性質があります。

この物質を使ったマットレス柔らかい部分固い部分が上手いこと重なり合って、自分の体形にフィットした形で、心地よく寝ることができるのです。
 

身の回りに使われている宇宙技術③『防氷液』

 
3つ目は防氷液になります。

冬になったら雪が積もるということを防げたり、積もった雪を溶かしたりするのに使われています。

この防氷液というのは、NASAの研究センターが1990年代に、それまで使用されていた、有害な融雪剤の代替えとして開発したのです。

宇宙開発の産物を応用することで、氷や月の被害から守る商品をいくつもの種類が提供する事ができると語っていて、現実の上で、この液体は塗ったり、噴霧したり、散布することが出来ます。

少ない量だったとしても、膜をつくり凍結を防御することから、すごく重宝して、またすでに積もってしまう場合でも、その雪や氷を溶かし、再度、氷結する事も防ぎます。

この環境にやさしい防氷液については、鉄道や旅客機、自動車等、色んな所でニーズがあり、道路に撒いたとしても、塩のように車体を腐食させてしまうリスクもないといえます。
 

身の回りに使われている宇宙技術④『人工心臓』

 
4つ目は人工心臓です。

アメリカにおいては、年間500万人が心臓発作がもたらされ、35000人に心臓移植が必要不可欠とのことです。

しかしながら、心臓の移植は現実的には、2500件のみしかすることができません。

ですので、心臓移植の医者と移植患者だったNASAのエンジニアにおいての話し合いがきっかけとなって、スペースシャトルのポンプに使っているNASAの技術を活用して人工心臓が開発されたのです。

この人工心臓というのは、心臓の移植手術に至るまでの、つなぎということで、利用されていて、より一層、今までより長い時間使えるように改良も進めているのです。

この人工心臓のポンプというのは、電池で動かす事が出来て、長さ5㎝直径2.5㎝重さ120gと小さいことから、子供においても、使うことができます。

1998年初めて患者のカラダの中に埋め込まれ、現在では、かなりの患者が使っています。
 

身の回りに使われている宇宙技術⑤『食品安全管理』

 
5つ目は食品の安全管理になります。

宇宙飛行士が宇宙に滞在中の折に、食中毒になると大変なことになります。

宇宙飛行士の食事というのは、安全なものでないといけないのです。

NASAについては、食品の安全を獲得する方法を考えたのです。

そこで、食品の出来あがりが安全性を担うことではなく、調理工程を管理することにより、安全を確約しようとする衛生管理手法を生み出したのです。

どこの調理工程で菌が増殖して、それを避けるにはどうしたらいいのか、さらには注意するポイントを「重要管理点」ということで正しい調理法をしているかチェックしたのです。

この食品の安全管理方法を「ハセップ」といいます。

お店で売られている乳製品等の中に、この「ハセップ」のマークがあるものもありますから、ぜひとも探してみることをオススメします。
 
 
 
割と、身近な所に宇宙の技術が取り入れられていると思いませんでしたでしょうか?

それから、宇宙技術がたくさんの命を救っているということも分かりました。

本日は5つ紹介したのですが、それとは別に多くあります。

そしてこれ以外の技術も紹介する機会があれば今後、紹介していきたいと思います!