見下される人の特徴とは!?

見下される人の特徴とは!?

どういうわけか、いかなる時も、人に見下されてしまうのが多い人いたりしませんか?

信頼されるような人に憧れを持つけど、どこへ出掛けてもいつだって同じ事に..。

良くない事してるつもりもないのに、どういうわけで、人から見下されてしまうのかと悩んでしまいますよね。

実のところ、人に見下されてしまう人については、共通した習慣があるというのです。

いつの間にかやってしまっている事が、見下されてしまう要因になってしまいます..。

人から見下されてしまう習慣というのは、果たして何なのでしょうか。

見下される人の特徴に関し、本日は紹介したいと思います。
 

見下される人の特徴①『下がり眉のメイクをしている。』

 
一番最初の印象が怖い人と、優しい人だとしたら、どっちの方が見下されるのでしょうか?

当たり前ですが、怖い人に向かっていくという人は、いないのではないでしょうか。

見下されやすい人の印象については、優しい感じの人になると思われます。

このことは、ただ単に印象としてですので、優しそうな感じでも、強気の人であったら別になります。

ですが、自分でしてしまっているダメな習慣がある人については、見下される結果にも。

これについては、下がり眉のメイクをしている人となります!

下がり眉のメイクをしている人、攻撃性を持っていない安心できる人に感じられます。

それにより、安心感を与える、良い人として好印象を与える要素も強いです。

ですが、なかには、この人だったら、どんな事をしても怒らないと見下す人もいたりします。

そういったところを、利用しようとして、自分優位に立つことを考えて、利用する人が寄ってきやすいことになります。

防衛策としては、そんなに、下がり過ぎる眉メイクというのは回避した方が良いでしょう。
 

見下される人の特徴②『姿勢が悪い』

 
外見的な印象で、弱そうに捉えられてしまうのは、姿勢の悪さにもあると言えます。

強く見えて、自信のある人というのは、自信たっぷりに胸を張って行動しています。

動物であっても、強い者というのは、体を大きく見せようとします。

その反対に、屈服してくるかのような動物については、体を小さく見せる行動を取ったりします。

姿勢の悪さについては、人から萎縮しているみたいに、見られることから、弱い人に見受けられてしまします。

結局のところ、人から見下されるかのような位置付けになりやすいのです。

姿勢が悪いと、何となく、暗い印象を与えてしまいます。

暗い印象あるいは、弱そうな印象というのは、人から見下されるポイントになります。

下を向かずに、背筋を伸ばすよう努めるだけで違うのです!

背筋が伸びているだけのことで、想像以上に印象が変わってきます。

姿勢が悪いと感じてる人については、背筋を伸ばすように心掛けてください。
 

見下される人の特徴③『声が小さい』

 
どんな事を話しているのか、さっぱり分からないくらい、声が小さい人いたりしませんか?

ボソボソと小っちゃい声で話し掛けられると、聞き返すことが多くなってしまいます。

聞き返す人も、ウンザリすることになりますが、毎回聞き返されることから、口数が減る場合も..。

話したとしても、また聞き返されるのならば、黙っておくことにしようと思ってしまいます。

強い人というのは、大概、声が大きくしっかり話しをします。

声が大きい人が話すと、周囲も話を聞く事が出来ますし、説得力を感じてしまいますよね。

ですが、声が小さい説得力を感じ取れず、聞く方も疲れちゃいます。

口数が少なく、声が小さい人というのは、周囲からどんな事を言ったとしても平気だと思われてしまうようです。

強気で声が大きい人だったら、反論されそうな事でも、声が小さい人については、従うのではないかと思われてしまうのです。

そのことから、声が小さい人というのは、見下されることが多くなるのです。
 

見下される人の特徴④『話す内容がわかりづらい』

 
口数の少ない人でも、話す内容がキチンとしていたとすれば、人は一目を置くこともあり得ます。

優しそうに見えたとしても、話したらゆるがなかった!といった場合、ないでしょうか?

日頃から、控えめで穏やかな人でも、言うべきところでは言い切る人。

こんな感じのタイプであったならば、見下される事はめったにないと考えられます。

口数が少なく、話す事が分かりにくいならば、中身がない人であるとみなされてしまうのです。

きっちり分かりやすく話したら、周囲もわかりやすくなるのです。

周囲の評価も上り、見下されるといったことはしないのではないでしょうか。

要点を得ないかのような、話し方をしてしまう人の話というのは、聞いている人をイライラさせてしまうようです。

そのため、中身がない人ではないかと、思われて、見下される事になってしまうのです。

仕事であるならば、何にも増して、話し方というのは、重要となってしまうので、結果から理由をしっかり伝えたほうが良いでしょう。
 

見下される人の特徴⑤『ネガティブな考え方をしている』

 
見下される人というのは、自身のなさがありありと感じ取れます。

自分自身に自信がないことから、マイナス点ばっかりに意識を向けがちになります。

どっちみち自分は無理、自身には良いところがない等とそんなふうに、思っている。

自信のある人というのは、自分ができることに意識を向けます。

ですがそういう人だって、出来ない事や、欠点はあるのです。

とは言っても、マイナスのポイントにフォーカスを当てず、プラスの要素を全面に出すことができているのです。

ネガティブ思考になり、暗黙で日々を過ごしていると、自身から見下されるポジションに入り込むようなものになってしまいます。

貴方自身で、その位置に入ってしまっているわけです!

見下されないようにするべく、ちょっとずつでも構わないので、プラス部分を自分で評価していくことが重要です。

周りの目が気になるということなら、長所を全面に押し出すことによって、人の見方は変わっていくはずです。

ファーストステップとして、自分の個性あるいは、プラス面を可愛がってあげるといいでしょう。

何をおいても、今してしまうことになっているダメ習慣をしない事からはじめた方が良いです。

ささいなことから、見下される人生から解き放たれる場合もあるのです。

常日頃より、習慣となってしまっている行動を、見つけ直してみてはどうでしょうか。

いっぺんに、パーフェクトに変えるという事は、難しいですが、できるところから、はじめてみたらいいと思います。

印象が変わるだけのことで、周囲の対応にも変化が起こることになります。

ちょっとずつ、自身に自信をゲットして、生き生きとした生活を送るようにしましょう!