『AMT』のトラックとは!?

『AMT』のトラックとは!?

自動車のトランスミッションにおいては、MT車AT車に関しては、よく耳にするものの、それ以外でAMTと言われるトランスミッションが存在します。

乗用車等の場合はATが主流になりますが、トラックだと、AMTが主となり、採用される傾向が高くなっています。

そういうわけで本日は、AMTとされるトランスミッションに関しまして紹介したいと思います。
 

AMTとされるトランスミッション

 
AMTについては、Automated Manual Transmission略した名称で、マニュアルクラッチシステム自動化したものになります。

AMT車にはクラッチペダルは存在せずに、シフトレバーを操作することによってシフトの変更を行ないます。

運転席のペダルがブレーキアクセルの2つのみですので、2ペダルMTと言われることがあるのです。

こんなところの操作感というのは、AT車に近いのではないでしょうか。
 

トラックにAMT車が増加している理由

 
現時点で、ごく一般的な自動車については、AT車がメインになっているのですが、トラックについてはAMT車が増加しています。

それについてはどうしてなのでしょうか?
 

トラックにAMT車が増加している理由①『MT車と比べて操作しやすい』

 
AMT車においては、クラッチペダルのコントロールが不必要ですので、MT車と比べてドライバーの負担が軽減されます。

最近では、MTのトラックにおいては、8段階を越す、変速ギアが備わっている車両も開発されていて、運転操作が複雑化してきています。

そういうクラッチペダルコントロールに掛かる労力を省ける事は、ドライバーからすれば、大きなメリットと言えます。

トラックにAMT車を採用することにより、ドライバーが一段と運転に専念できるようになり、事故の危険性を低くできるのです。
 

トラックにAMT車が増加している理由②『AT車と比べて燃費性能が高い。』

 
MT車と比べて、操作が簡単となるだけだったら、AT車でもいいと思いますが、実のところ、AMT車においては、AT車だったとしても有利な点があります。

まさにそれが、燃費性能の高さになります。

自動車の燃費性能というのは、基本的にAT車と比べてMT車の方が高いと言われています。

AMTというのは、AT車の運転しやすさとMT車の燃費性能の高さをあわせ持ったトランスミッションなのです。
 

AMT車には、AT限定免許で乗れる

 
AMT車を運転するためには、MT車の免許が無いと駄目なのでしょうか?

AT限定でも大丈夫なのでしょうか?というポイントが気になる人もいると思われます。

この点は、AT限定の免許があるのであれば、乗れるのです。

最近ではMT免許を取得する人が減っており、AT限定免許がメインになっているのです。

AMTのトラックだったら、AT限定免許だけしか取得していなくても、運転する事が可能ですから、ドライバーを募集する場合であっても、間口が広がるのです。

ここしばらくは、運送業界全体がドライバー不足となってきつつあることから、人材の確保しやすさという観点からも、AMT車を採用する事のメリット大きいかも知れないのです。
 

AMT車のデメリット

 
メリットが多くあるAMTなのですが、デメリットもあるのです。
 

トラックのAMT車のデメリット①『MT車よりもコストがかかる。』

 
AMT車であれば、トランスミッションの一部分をシステム化してあって、メンテナンスあるいは、修理になると想定外に費用が掛かってしまいます。

購入価格もMT車より高い傾向にあることから、取り入れてからに考えていたより高くついた・・・という事もあるかも知れないのです。
 

トラックのAMT車のデメリット②『燃費性能はMTよりも高くない。』

 
AT車と比べた際に、燃費性能が高いことになりますが、MT車と比べますと、燃費性能の高さについては、MT車に軍配が上がってしまいます。
 

トラックのAMT車のデメリット③『AT車に乗り慣れていると操作に困惑する事も』

 
MT車とは異なり、運転操作がシンプルなAMT車も、AT車に乗り慣れているドライバーからすれば、扱いにくいかも知れないのです。

トラックっぽい社用車で、AMT車を使う時は、研修で、きちんとAMT車の操作を教えるように努めるほうが良いでしょう。
 
 
 
現時点での、トラックにAMT車が増加している理由が、理解して頂けたのではないでしょうか。

AMTのトラックというのは、使用のしやすさと、燃費性能を両立した車両という事なのですね。