新車の購入時にしてはいけない値引き交渉術とは!?

新車の購入時にしてはいけない値引き交渉術とは!?

車は、断じて、安い買い物とは違いますから、中でも、新車の購入を考えている方からすれば、価格については一番気に掛かると思われます。

日本の新車市場を言えば、ほぼすべての新車価格というのは、値引きに向けた価格設定であることから、値引き交渉を行うのが当たり前で、かえって、値引き交渉をしなくては、損をすると思った方が良いと思われます。

この値引き交渉、果たして、どんな事に注意すべきなのでしょうか。

そういうわけで、本日は、新車の購入時してはいけない値引き交渉術を3つ紹介させて頂きます。
 

してはいけない新車の値引き交渉術①『横柄な態度。』

 
値引き交渉の時、これからもお世話になることも考えられるのに「お前では話にならん!所長を出せ」といった横柄な態度というのは、お店から嫌がられてしまうばっかりで、いい事は何もないといえます。

当然のことながら、新車ディーラーだったら「売ったら、終わり」とは違い、販売後のアフターフォローも大事な仕事になります。

ディーラー側からすれば、そこで儲けを確保していることから、信頼関係を築く事ができる、お客様にこそ、売りたいと思っているはずです。

ディーラーとは長く付き合う場合も結構ありますので、ファーストステップとして、担当者との良い関係にウェートを置き交渉に臨む方がいいでしょう。
 

してはいけない新車の値引き交渉術②『初めの段階で予算を教えてしまう』

 
さっきも解説したように、営業マンとの信頼関係はかなり重要になりますが、初めの段階でこっちの事情や情報を過剰に与えないことが重要になります。

ディーラーに行くば、営業マンが近づいてきて、あれこれと話し掛けてくるのですが、その中においても「予算はどれくらいですか?」というのは、間違いなく聞かれるセリフになります。

「300万円程ですね」というふうに、明確に答えてしまいますと、300万円をラインに有無を言わさず話が進んでしまい、それ以上の値引きが見込める状況であっても、して貰えなくなってしまいます。

こっちの予算を教えた瞬間に、営業マンの術中に、はまり込んでしまいますから、一番初めの時点では、「安ければ安いほどよいのですが・・・」

・・・という風に、少し濁して答えておいた方が良いでしょう。

その反対に商談終盤の場合は、「予算が300万円程だったので、是非とも予算内に収めてくれないでしょうか?」

・・・というのはすごく効果的であり、こっちの予算を伝えるタイミングが重要になります。
 

してはいけない新車の値引き交渉術③『商談が終盤になっても結論を先送り』

 
「今日中に決めてもらえるのなら、更に〇〇します」というようなお約束のフレーズが出てきたら、値引き額も上限に達した段階であると言えるでしょう。

こういう商談終盤としては、万単位の割引に関しては、それほど見込むことができませんし、結論を先送りして、どこまでも商談を先送りするというのは得策ではないと言えます。

最終的には、千円単位部分は端数のカットあるいは、納車時にガソリンを満タンにして貰うとか、基本的にお願いをする形であれば応じてくれる確率が高くなるため、とにかく行うと良いでしょう。
 
 
 
営業マンとの信頼関係を築き、相手の立場も留意して、きちんと交渉していきますと、「このようにすれば、プラス値引きは可能になります」最適案を相手から教えてくれることもあり得ます。

営業マンにおいても「この人に売って良かった、アフターフォローも、しっかりしよう」
 
 
・・・と感じてもらえるように、丁寧に交渉をして、お買得に納車を得たいものですよね。