ドロドロ血液を改善してくれる食べ物とは!?

ドロドロ血液を改善してくれる食べ物とは!?

体の隅々に及ぶまで、酸素栄養分を運んでいるのは、知っての通り、血液のはずですよね。

その血液あるいは、通り道とされる血管に何かしらの、トラブルが起きたら、さすがに、すごく危険な状態になります。

心筋梗塞脳梗塞等、直接的に死に及ぶ怖い病のきっかけにも、なってしまうかもしれません。

本日は、血液の詰まり…要するに血栓を溶かし、ドロドロとなった血液を改善してくれる、身近でリーズナブルな食べ物&飲み物を紹介させて頂きます。
 

ドロドロの血液を改善してくれる食べ物①:『アーモンドやカボチャ』

 
アーモンドやカボチャ
 
アーモンドカボチャアスパラガスニラ…それらに、どれも多く含んでいる成分というのは、一体何か…分るでしょうか?

正解はビタミンEになります。

ビタミンEというのは、ビタミン系の中において、抗酸化作用が強いとされる成分になります。

動脈硬化の予防となりますため、意識的に摂り入れた方が良いでしょう。
 

ドロドロの血液を改善してくれる食べ物②:『納豆』

 
納豆
 
日本人ともなれば、朝食でいつだって食べているという人も多くいらっしゃるのではないかと思います。

納豆のネバネバの正体だというナットウキナーゼというのは、血栓自体を溶かしてしまう効果があります。
 

ドロドロの血液を改善してくれる食べ物③:『お酢』

 
お酢
 
近頃では、大手メーカーなどから、飲める種類のお酢も数多く発売されていますよね?

味が付いており、そのまま飲む事ができたり、炭酸水で割ったり…すごく爽やかで美味しいですよね。

そういうお酢においては、クエン酸がたっぷりと含んでいます。

クエン酸というのは、血液を固まらせる、血小板が度を越して集まる事を抑制する効果を、発揮してくれます。
 

ドロドロの血液を改善してくれる食べ物④:『赤ワインやココア』

 
赤ワインやココア
 
赤ワインあるいはココア、そして緑茶などにおいても多く含んでいる、ポリフェノールについては、究極の抗酸化作用が伴い、動脈硬化などといった予防に効果があるようです。

ですが、赤ワインの飲みすぎだったり、砂糖がいっぱい入ったココアの飲みすぎにおいては、気を配りながら注意しましょう。
 

ドロドロの血液を改善してくれる食べ物⑤:『青魚』

 
青魚
 
青魚のリーダー格だと、サンマイワシサバだと思います。

割合にお手頃価格で入手しやすい食材なのですが、これら青魚たっぷり含んでいるEPA(エイコサペンタ酸)を取ることで、血栓ができにくくなるそうです。

しかも、共通して多く含んでいるDHA(ドコサヘキサエン酸)においては、血管の弾力性だけじゃなく、赤血球の柔軟性を良くする効果があります。
 

ドロドロの血液を改善してくれる食べ物⑥:『イチゴやピーマン』

 
イチゴやピーマン
 
イチゴ、キウイフルーツ、ピーマンといった系のものにいっぱいある成分…何だかご存知でしょうか?

正解はビタミンCになります。

一番最初に、ご紹介したビタミンEと同じく、抗酸化作用が抜群なことから、動脈硬化予防に効果があるとされるのです。

なお、ビタミンEというのは、それそのものが、酸化しやすい性質を持っているため、ビタミンCと一緒に摂るとなお良いでしょう。
 

ドロドロの血液を改善してくれる食べ物⑦:『昆布やめかぶ』

 
昆布やめかぶ
 
昆布めかぶの、お決まりのヌメリの正体というのは、アルギン酸とされる成分になります。

アルギン酸というのは、ドロドロ血液の要因となるコレステロールの吸収を防ぐ効果があるそうです。

防ぎ体の外側へ排出させることから、血液や血管の健康に効果があります。

血液血管の健康をキープする食べ物飲み物というのは、各ジャンルに、様々あったわけですが、いずれにしても、お肉はなかったですよね。

動物性脂肪(青魚除く)をいっぱい含むお肉というのは、貴重なタンパク源なのですが、採り過ぎについては、気をつけたいものとなります。

なお、本日紹介させて頂きました、食べ物も、『過ぎたるは及ばざるが如し…。』

一つの食べ物に限らず、バランスに配慮して適量を意識して摂りましょう。