高野豆腐はダイエット効果が高い理由とは!?

高野豆腐はダイエット効果が高い理由とは!?

味噌汁の具なんかに合う豆腐の中においても、栄養価が際立つ豆腐とされる高野豆腐。

木綿豆腐といった他の豆腐とは、全然異なる食感が伴い、噛み応えもありますよね。

驚くことに、この高野豆腐、常日頃の食事に摂ったら、食事量だけではなく、糖質を軽減できることから、健康やダイエット効果が高いのです。

本日は、高野豆腐に含んでいる栄養素、高野豆腐健康あるいは、ダイエットに効果が高い理由と一日の摂取量の目安を紹介したいと思います。
 

高野豆腐の栄養素って?

 
高野豆腐においては、製造過程で豆腐に含んでいる、良質な植物性たんぱく質であったり、脂質ミネラル・ビタミンというような栄養素が凝縮されていて、普通の豆腐とは異なり栄養価が高くなります。

何にも増して、たんぱく質の含有量は多く、高野豆腐の約50%を占めて、木綿豆腐というような他の豆腐よりその量は約7倍になるのです。

高野豆腐1枚(16.5g)辺りに約8.2g含んでいて、その量は牛乳240mlに該当します。

しかも、脂肪の代謝を促進する大豆サポニン、大豆イソフラボン、脳の活性化に効果的なレシチン、老化予防となるビタミンEも含んでいます。

更にカルシウムマグネシウム亜鉛食物繊維などのような健康だけじゃなく、ダイエットに効果的な栄養素が大量に含んでいるのです。
 

高野豆腐がダイエットに効果的な理由①『糖質量が白米の約1/20。』

 
高野豆腐については、低糖質で、乾燥状態で白米の約1/20そこそこしかなく、その上、水を含むと重量が増えるため、より一層、糖質量が減少します。

食べた時の充実感もあって、腹持ちもよいことから、高野豆腐を食べて糖質がたっぷりのパンやごはん、麺類の量を減らせば、糖質を減少させることができてダイエットにも効果を発揮します。
 

高野豆腐がダイエットに効果的な理由②『中性脂肪とコレステロールを減らす』

 
本来、大豆のたんぱく質においては「レジスタントタンパク」が含んでいるのですが、高野豆腐の製造過程では輪をかけてその量が増加します。

この特殊なたんぱく質については、肝臓においての、中性脂肪の合成を抑え、より一層、腸管からの脂肪吸収も抑制することから、血中の中性脂肪の増加を抑える効果があります。

また、コレステロールから合成されている胆汁酸と直結して、体の外に排出されることから、血中のコレステロールの減少においても効果があります。

血液中の中性脂肪コレステロール減少させるというのは、血液をサラサラにする事となります。
 

高野豆腐がダイエットに効果的な理由③『内臓脂肪を減らしてポッコリお腹の解消』

 
高野豆腐に入っている、大豆たんぱくの主成分とされるβ-コングリシニンにおいては、内臓脂肪を減少させる効果があります。

ポッコリお腹の要因となる内臓脂肪が減ると、アディポネクチンとされる痩せホルモンになるホルモンが増える事も分かっています。
 

高野豆腐がダイエットに効果的な理由④『筋肉づるりでリバウンドしづらい体に』

 
高野豆腐の約50%を占めるたんぱく質というのは、筋肉を作り上げる際に、すごく有力な栄養素になります。

食事を抜くダイエットなどにおいて、強制して減量をしてしまうと、筋肉量も減少され、リバウンドしやすい体になってしまいます。

そういう理由から、たんぱく質がたっぷりの高野豆腐で、きちんと筋肉づくりに欠かすことのできない栄養素を摂り入れると良いのです。
 

高野豆腐がダイエットに効果的な理由⑤『血管の健康に良い。』

 
高野豆腐に含んでいる成分の中で、33.2%が脂質で占められています。

脂質というのは、ダイエットなどにおいて、避けられがちの栄養素になるのですが、その8割は不飽和脂肪酸であるので、心配する事はないでしょう。

不飽和脂肪酸においては、中性脂肪に限らず、コレステロールを減らす効果があることから、血管の健康維持、血栓や高血圧を抑制する効果があります。
 

一日の高野豆腐の摂取量については?

 
高野豆腐というのは、ほとんどが1枚16.5gくらいですが、カロリーが87kcal程度であるので、摂り過ぎは当然のこと、よくないです。

一日の高野豆腐の摂取量基準としては1枚が理想的で、だいたい30円程度で済ませられるのです。

わずか1枚でいいの?と思われるかもしれませんが、高野豆腐においては、不溶性食物繊維が入っており、胃の中で水分を吸い入れて膨らむことから、わずかでも満腹感を得ることができます。

しかも、食物繊維というのは、消化に時間が掛かることから、空腹感を感じづらく、腹持ちもよくなることでしょう。