車の消耗品の交換時期を紹介します!

車の消耗品の交換時期を紹介します!

車で使用されているパーツというのは、消耗し劣化して行くはずです。

消耗品というのはたくさんありますが、交換するようにすれば、車は最適な状態を長いこと保つことができます。

それはそうと、消耗品を交換する時期について、認識しているでしょうか?

メーカーより、時期が推奨されているパーツもあるのですが、早期の交換を行った方が車の状態は良くなるという、意見もあります。

そういうわけで本日は、車の消耗品の交換時期に関しまして紹介させて頂きます。
 

車の消耗品の交換時期①:『エンジンオイルフィルター』

 
エンジンオイルフィルター
 
エンジンオイルの汚れを取るフィルターというのは、交換しないまま、使い続けていたら、汚れがその状態で残ってしまって、潤滑不良が生じてしまうのです。

エンジンオイル交換の、2回に1回は交換するようにして下さい。

ですが、長寿命オイルについては、使用期間も長くなることから、オイルと一緒に交換するというのもいいですね。
 

車の消耗品の交換時期②:『ラジエター液』

 
ラジエター液
 
ラジエター液については、LLCという薬品により、水の腐敗や凍結を防止しています。

ただし、交換しないで、使用し続けると水アカ等が生じてしまって、エンジンを冷却する能力が落ち、オーバーヒートが発生するかもしれないのです。

新車においての購入後は3年、それから後は2年毎が交換の目安になります。

ここ最近では、新車なら7年~11年と長寿命のラジエター液も販売されてきているのです。
 

車の消耗品の交換時期③:『エアクリーナー』

 
エアクリーナー
 
走行距離により、交換時期は変わってきますが、メーカー指定については、2万㎞と長めになります。

実際のところは、1万㎞くらいで点検して、汚れていたら交換するというのがいいでしょう。
 

車の消耗品の交換時期④:『スパークプラグ』

 
スパークプラグ
 
従来は消耗品だったのですが、すごく長持ちするようになりました。

最近では、10万㎞と、乗り換えるまでに交換する必要さえもなくなったくらいです。
 

車の消耗品の交換時期⑤:『バッテリー』

 
バッテリー
 
一般的には、2~3年くらいですが、使い方メンテナンスの状態に応じて寿命がすごく変わってきます。

バッテリーの状態については、ガソリンスタンドディーラーカー用品店等にあるテスターで診断すると良いかもしれません。

また、車検のたびに交換するというのも適切だと思いますね。
 

車の消耗品の交換時期⑥:『ATフルード(ATF)』

 
ATフルード(ATF)
 
ATフルードの交換時期については、特別に定義されていないのですが、寿命を延ばそう思うなら、5万㎞くらいで交換したほうが、ATの寿命も延びるとのことです。
 

車の消耗品の交換時期⑦:『FR車・4WD車のデフオイル』

 
デフオイル
 
デフオイルが劣化することで、デファレンシャルギアの動きがスムーズでなくまってしまい、パーツが摩耗してしまうのです。

3~4年ごとあるいは3~4万㎞ともなれば、交換のタイミングになります。
 

車の消耗品の交換時期⑧:『ブレーキフルード(ブレーキオイル)』

 
ブレーキフルード(ブレーキオイル)
 
古くなってしまうと、下り坂みたいな、連続的なブレーキ操作から、べーパーロック現象が生じやすくなってしまいます。

過酷な運転を続けていないとすれば、交換の時期は4年毎でもいいと思いますが、安全を想定するのであれば、新車の場合は3年、それ以降は2年おきの交換が良いですね。
 

車の消耗品の交換時期⑨:『ブレーキパット』

 
ブレーキパット
 
走行距離あるいは年式で見極める事は難しく、使用方法が根拠になって、摩耗の水準は大きく変化してくるパーツになります。

新品の状態だと厚さ10㎜なのですが、1㎜が使うことができる限界になります。

定期点検の時に、減り具合を確認しておいた方が良いでしょう。

ちなみに、国産車のほとんどには、ウエアインジケーターを備えており、ブレーキパッドの使用が限界に到達すると金属音がもたらされます。

ブレーキするたびに、音がするとしたら、交換のタイミングになります。

放ったらかしにすると、ブレーキが使えなく規定されて、かなり危険となります。
 

車の消耗品の交換時期⑩:『ワイパーブレードゴム』

 
ワイパーブレードゴム
 
交換の目安については、約2年になります。

古くなったとしても、使うことができますが、劣化から、雨水をふき取る能力というのは低下してしまいます。

フロントガラスのコーティング剤撥水する能力を保持するためにも、劣化したブレードゴムについては、定期的に交換した方が良いでしょう。
 
 
 
車というのは、たくさんのパーツの集まりで、交換のタイミングについては、パーツごとでおのおの違ってきます。

これに関連して、定期点検の時には、見積書に記載されているパーツでわからないものがあるなら、きっちりと説明してもらう方が良いと思われます。

愛車の寿命を延ばし、さらには経費を抑えるなら、忘れないでおいて下さいね。