ブラックホールについての誤解‼

ブラックホールについての誤解‼

ミステリアスな天体ブラックホール。

このようなブラックホールに関して、明らかになっているわずかな事実においても、誤解している人がほとんどではないでしょうか。

本日はそういう数多くの人が誤解しやすい..ブラックホールについての雑学知識を紹介させて頂きます。
 

ブラックホールについての誤解①:『自ずと引き寄せられる事はない。』

 
ブラックホールであれば、ちょっと近づくと、引き寄せられそうな感覚を持つ人が多いのではないかと思います。

ですが、現実的にはそうじゃなく、ブラックホール自ずと引き寄せられるということにはなりません。

無論のこと自ら、ブラックホールのすぐ近くのところまで行き、事象の地平面を超越してしまえば、即座に引き寄せられてしまいますが、事象の地平面はさほど大きなわけではなく、通常の大きさのブラックホールだったら、ほんの僅か30㎞くらいしかないとのことです。

余程、的を絞って、ブラックホールに近づかない限りは、引き寄せられる事はないようですね。
 

ブラックホールについての誤解②:『アインシュタインがブラックホールを見つけた?』

 
みなさんは、ブラックホールを、誰が見つけたのかご存知ですか?

「アインシュタインが見つけた」と思う人もかなりいるのではないでしょうか?

ですが、アインシュタインは、重力方程式を考案し、「ブラックホールと考えられるものがあるかもしれない」仮設を立てただけなのです。

されど、この重力方程式というのは、かなり難しく、その解を見い出す人は、おいそれとは現れませんでした。

そうした中、この方程式を解き明かしたというのが、カール・シュヴァルツシルトになります。

シュヴァルツシルトについては、この方程式を解くことによって、天体をどれほど圧縮するとブラックホールが作り出されるのかを示したのです。

ですが、「計算上の産物にすぎない」と、その存在については、おいそれとは認められませんでした。

現実の上での、ブラックホールのようなものが発見したのは、1971年だということです。

ですが、その姿を直接的に見る事はまるで、できないのでいたのです。

これについてはそうですよね。

ブラックホールというのは、光を放出していませんから。

されど2019年、ようやく悲願だったブラックホールの撮影を成し遂げたのです。

このニュースに驚かされた人もいたのではないでしょうか?

どのタイミングで「ブラックホール発見!」と言うかは異なる意見が出るところかもしれないが、少なくても「アインシュタインとは違う」というのは言えるかもしれないですね。
 

ブラックホールについての誤解③:『ブラックホールの初観測は2019年じゃない?』

 
2019年、ブラックホールの姿をついに捉えたとして、世界中が湧いたわけですが、ブラックホールの観測そのものはこれまでより前に成功していたのです。

初めてブラックホール観測したというのは、1918年だったとの事です。

ですが、その当時は、まさにそれが、ブラックホールというふうには、誰一人として分かっていませんでした。

それこそがブラックホールだ!と認識した上での、観測を成し遂げたというのは、さっきも紹介したように、1971年のことだったのです。

けれど、この時は、その姿をダイレクトに、捉えたというわけではなく、間接的にその存在を確認しただけだと言えます。

ですが、2019年においては、ブラックホールの姿ダイレクトに確認して、撮影を成し遂げたことによって「スゴイ!」と盛り上がりました。
 

ブラックホールについての誤解④:『ブラックホールは穴ではない?』

 
「ブラックホール」とされる名称や、近づくものを吸い込むといった特性であるとかから、「ブラックホールは穴だ」と感じている人がほとんどなのではないでしょうか?

ですが、ブラックホールというのは、恒星の死後の姿であって、重力の、あり得ないくらい大きな天体になります。

天体ということなので、穴じゃありません。

穴に引き寄せられる、とされるイメージとは違って、天体に落ちていってしまい、その天体に降り立ってしまったら、再びそこから離れる事が出来ないというイメージなのだそうです。
 

ブラックホールについての誤解⑤:『ブラックホールはたくさんある』

 
ブラックホールというのは、異質な天体とされるイメージが強いことから、「希少な存在なんじゃ?」と考えている人もいらっしゃるようですね。

ですが、ブラックホールについては、重力のでっかい恒星の死後の姿ですので、重たい恒星の数だけあるといえます。

銀河の中心においては、超新星爆発後にブラックホールになるほどの、スケールの大きい重力の天体がほぼ存在すると推測されます。

そうなると、観測可能な範囲内だけであっても、1000億個以上ブラックホールが存在すると考えられるとのことです。

ブラックホールについては、予想外にありきたりな天体なのでしょうね。
 
 
 
「誤解していた!」こともあったのではありませんか?

ブラックホールというのは、現実の上で近づき、観測するということが不可能ですし、光を発していないため、直接観測するのもかなり困難な天体になります。

これに伴って、謎も多数残っているのです。

ですが、謎が多い故に、私たちはブラックホールに魅力を感じ続けるのかも知れませんね。