運転が上手い人の特徴というのは!?

運転が上手い人の特徴というのは!?

「あの人は車の運転が上手い」もしくは「下手だ」と思う時、どういうことを判断基準にして上手・下手と思ってしまうのか、その判断というのは、人によってですよね。

「高速道路でスピーディーに他の車を追い越して行く」「峠道で速度を落とさずに走れる」というような、ドライビングテクニックに秀でていることばかりを、指しているとは限りません。

現実的に上手い人というのは、人に優しい運転を行うドライバーの事ではないかと思います。

具体的に言うと、周囲の歩行者自転車に気配りして運転されているドライバー同乗した人が全く心配も無く運転を任すことができるようなドライバーではないかと思います。

そのため本日は、運転が上手いと思われる人に直結する6つの特徴を紹介したいと思います。
 

運転が上手い人の特徴①:『アクセルをふかしすぎない』

 
エンジンをふかしすぎないで、スムーズに発進ができるとスマートですよね。

「ハイブリッドカーみたいだ?」と誤解されるかのごとく、物静かな発進ができるというのは上手いドライバーになります。

走行中に速度が緩むと、必ずアクセルを踏むことを何度も繰り返しているというのは、せっかちな運転をしている人に思えてしまって、同乗者は不安に思うでしょう。

特に、年若き頃、MT車の運転経験を持つ年配のドライバーについては、ふかしてから発進したりする走り方が多くあるそうです。
 

運転が上手い人の特徴②:『車間距離を詰め過ぎない』

 
車間距離をしっかりと、とっているドライバーについては、運転が上手い人と同乗者は思うでしょう。

前の車との距離が近すぎると、急ブレーキを踏まれた場合に避けきれない危険を伴います。

また、隣りの車線から前に入ろうとする車があった時も、車間距離が少ないとあたふたしてしまうかもしれません。

前を走る車のドライバーからしても、後ろにピッタリとつかれると圧迫感が生じ、ストレスが溜まることから、悪い場合にはは事故が発生するリスクすらあるといえます。
 

運転が上手い人の特徴③:『ウインカーを適切に出す』

 
右左折や車線変更をしようとする場合に、ウインカーをきっちりと出すことも上手い運転をする人の共通項になるのです。

「これから先、車の進む方向を変える」ということを、周りの歩行者や車にわかりやすく伝える事は、安全面の上でも絶対必要です。

曲がる前に、きっちりウインカーを出し、最適な長さで点滅している人については、安全に関する意識が高いドライバーといえます。
 

運転が上手い人の特徴④:『車線変更を少なめに済ませる』

 
数少ない回数の車線変更で走れる人というのは、目的地に向けての進路をきちんと認識していて、時間的余裕を持って、運転されているということになります。

右に左にと車線変更を何回も行って、あたかもレースでもやっているかの如く、次から次へと追い越そうとするドライバーもいるのです。

そのような運転を行なっている人というのは、急いでいる人か、せっかちな人だと思ってしまいます。

また、進路変更を行う場合には、移動する先の車線状況を確かめて、最適なタイミングにウインカーを出して車線に入ることが、スムーズな方法になります。

交差点の手前の段階まで来ているというのに、車線をまたぐように、右折レーン・左折レーン割り込むというのはかなり危険になります。

いくら遠回りになっても、無理な割り込みについては、避けて次の交差点で曲がる方が安全だということですよね。
 

運転が上手い人の特徴⑤:『信号が切り替わる時点を予測しながら走る』

 
信号が赤になる時点を考慮しながら、抑えた走りを行っているドライバーも上手い運転になるのです。

具体的に言うと、平行する歩行者信号の青が点滅を始めたり、対向車線の車が時差式信号機で停止していたりとかするのに感づいたりと、自分の進行方向の信号も赤に変わる事を予想して、アクセルを緩めて停まる準備をするようにしている運転というのはスマートだと思われます。

黄色信号になったと思った途端に、突如としてアクセルを踏み込んで加速されるとか、もしくは停まろうか迷いつつ走り続けたりするというのは、周りからすると、危険な運転に過ぎません。

交差点は、多岐に及ぶ危険が潜んでいる場所になります。

いくら青信号だとしても、アクセルを緩めて咄嗟の事に対処できる、ゆとりのある運転を意識しましょう。
 

運転が上手い人の特徴⑥:『バックで駐車して、前向きで発進』

 
駐車空間から車を発進する時の事を気にかけて、駐車ができる人というのは、安全に敏感なドライバーになります。

バックで駐車を行なっていれば、発進の時前に向かってで走り出せることから、ドライバーも周りの安全を確認することが容易だということです。
 
 
 
心も時間も余裕を持たせられるか否かで、運転の方法も大きく変化してくるのです。

自身の安全に意識を向け、周囲の交通や同乗者に配慮ができる人こそ、運転が上手いドライバーと言えるのではないでしょうか。