トラック無線は消えたのでしょうか?!

トラック無線は消えたのでしょうか?!

トラックドライバーについては、本部や他のドライバーと連絡を取り合って、運送業務をしています。

そこで使われるのが「トラック無線」だったのですが、近頃は、この「トラック無線」を使う、運送会社が減少しているそうです。

そこで本日は、トラック無線を最近、見かけなくなったので、消えてしまったのか?

トラック無線の、現在と今後について紹介したいと思います。
 

トラック無線とは?

 
トラック無線というのは、その名が示す通り、トラック取り付けられている無線機になります。

トラックのドライバーが無線機を使って、拠点や他のドライバーと交信をすることを指して言う場合もあります。
 

トラック無線の種類

 
トラック無線については、周波数の帯域等により、何パターンかの種類に分かれます。
 

トラック無線の種類①『業務無線』

 
業務無線というのは、業務用の無線システムということになります。

企業が、自社専用に登録した周波数を活用して、通信をします。

企業業務無線を活用する場合、会社内に第三級陸上特殊無線技士以上の資格所有者がいることが求められます。

資格所有者が常駐している事で、ドライバーが資格を持っていなくとも、交信は自由にすることができます。
 

トラック無線の種類②『パーソナル無線』

 
パーソナル無線であれば、使用許可を取らなくても、使用できる周波数で通信を行えます。

シンプルで良いと思いますが、業務無線に比べて出力が弱いことから、遠方との交信に使うとなると、適していません。
 

トラック無線は消えた?その理由は!?

 
従来は、トラックドライバー通信手段であれば、トラック無線が主だったと思われます。

それが今となっては、トラック無線を使っている運送会社については消えたように感じます。

なぜそうなっているかというと、次の2つの理由が挙げられるでしょう。
 

トラック無線が消えた理由①『スマートフォンの機能が向上した事』

 
長年、携帯電話だったりスマートフォン運転中に使う事は危ないとされていたのですが、最近では、スマートフォンの機能が向上して、運転に悪影響を及ぼさないことから通話することが出来るようになっています。

電話が利用できるのであるなら、手間暇掛けて、業務無線やパーソナル無線を利用することは必要ありませんよね。

そのうえ、スマートフォンの場合には、通話機能だけじゃなく、色々な機能があるため、サービスエリア情報を検索したり、正確な時刻を通知する時計として使う事もできるのです。

スマートフォンを持っていますと、これ程まで多くのことが出来るのですから、スマートフォンの技術が発展した事は、トラックのドライバーからしても喜ばしいことでしょう。
 

トラック無線が消えた理由②『違法無線の取締りが強化された事』

 
違法無線というのは、国内で許可されてない出力・周波数で交信する無線機ないしは、そういうような無線機を経由して通信する手法のことを言います。

日本においては、電波法とされる法律を伴い、無線で交信するための規定が厳しく法律化されているのです。

電波法においては、無線局の開設には、免許や登録が必要と規定されています。

無線局とされるのは、ラジオと一緒で受信専用の機材を除外した、発信機能を持つ全ての無線機のことを指します。

電波法で規定された免許の取得登録をしてないドライバーが、基本的には使ってはならない周波数が出せるように無線機を改造して、無断で通信を行なってしまうという事が数え切れないほど発生したのです。

きちんとした、手続きをして使っている他社の周波数を乗っ取る形になってしまうので、電波妨害だとされます。

こういうことが起こらないように、違法無線の取締りが強化されてきたのですが、それが、無線機を使う事の難易度を上げてしまって、ユーザー離れが生じる事にも繋がったのです。
 

トラック無線はこれからどうなってしまうのか?

 
スマートフォンの普及だけじゃなく機能向上などにて、トラック無線の使用率は消えていっている傾向にあります。

ですが、最近でも、トラック無線使っている会社は、僅かですがありますし、トラック無線自体も進化していっています。

近頃の業務無線で、メインとして使われているというのは「IP無線」になります。

IP無線であれば、携帯電話あるいはスマートフォンと変わることなく、音声をデータ処理化して通信することが出来るのですが、データ通信回線を使っての無線になるので、免許の取得や登録なしに交信が可能です。

オマケにデータ通信回線というのは、安定性が高くパーソナル無線と同じく出力が弱くて、通信できないといったことが起こらないですし、無線機同士の混線もあまりないことから、周波数を使うこれまでの無線とは違って、安心して使えるのです。

スマートフォンよりも、電池残量や夏場の熱暴走を怖がらずに済む部分では、IP無線に軍配が上がるのです。

ですが、スマートフォンと一緒で通信料が発生することになります。
 
 
 
スマートフォンの台頭により、使う事が少なくなっているトラック無線ではありますが、IP無線とされる今までになかった技術を利用することにより、依然として活躍しています。

未来においても、形を変えていくのかも知れませんね。