トラックが路駐で休憩している理由とは!?

トラックが路駐で休憩している理由とは!?

朝の通勤時間路駐して休憩しているトラック。

長い列のようになり、駐車したトラックの中において、休憩しているドライバー。

そのような光景を、ご覧になった事はみなさんあるのではないでしょうか。

「どういうわけで、こんな所で、さぼってるんだ?」と感じるかもしれないのですが、トラックのドライバーはさぼっているわけではありません。

なので本日は、トラックが路駐で休憩している理由について紹介させて頂きます。
 

トラックのドライバーには守るべきルールがある

 
トラックのドライバーの仕事というのは、ひたすらに、トラックを運転するだけじゃなく、荷物を安全に確実に時間の指示通りに搬入する事になります。

予定の時間に遅れてしまって到着する事を「延着」と言いますが、トラックドライバーからすれば、「延着」は、いかなる理由があろうともしてはいけないミスになります。

荷崩れと一緒で、損害賠償を請求される場合もあることから、どうしても避けたいところになります。

現在、大型トラックについては、スピードリミッターを設置する事が義務付けられていることから、どれほど急いだとしても、時速90㎞までしか出すことができないとされる物理的な制限もあり、細心の注意を払って、時間配分しつつ走行しないといけないのです。

そして「延着」のあべこべで早く到着してしまう「早着」もこの業界においては厳禁になります。

トラックが荷物を搬入する時刻は、早朝のことがほとんどですが、「早着」で搬入先が業務に着手する前に着いてしまうと、構内に入ることは出来ません。

搬入のトラックが複数あったとしたら、搬入先で手際よく作業するためにトラックを迎え入れる順番が決まっていることもありますので、「早着」でその順番を乱してしまうこともあってはいけません。

早く着いてしまいますと「時間まで近くで待機したらいいのでは?」と思いますが、近隣への迷惑となってしまうので、禁止されている傾向にあるのです。

このような事情から、トラックドライバーについては、1分換算で規定されている搬入時間を厳格に守らないといけないのです。

そういう理由から、ドライバーは、搬入先から距離のある場所で休憩したりすることで、到着時間をコントロールする必要が生じるのです。

時間通りに到着できても、搬入作業の遅れなどにおいて、自分の番が回ってくるまでに、時間が空いてしまいますと、いずれにしても、搬入先からちょっと距離のある場所で、待つことが必要です。

トラックが路駐して休憩しているというのは、こういう理由があったのですね。

ましてや、業界においては、「改善基準」とされる労働基準法っぽいルールが伴い、それにより4時間の連続走行のたびに、30分の休憩が義務化されているのです。

そのルールによっても、トラックは路駐で休憩している場合もあるのです。
 

トラック専用の駐車空きスペースに、一般車両を停めるのはやめよう。

 
いつもなら、しかたなく路上で、休憩や仮眠をしているトラックドライバーからしたら、大型トラック専用の駐車スペースを設置しているコンビニの存在は喜ばしいものになります。

都心であれば、たまにしか見かけませんが、校外高速道路の入口すぐ近くなど広い駐車場のあるコンビニにおいては、トラック専用レーンが整っていることがあります。

こちらであるならば、通行の妨げになることなく、コンビニに入った時は、食糧ドリンクを確保する事も、トイレを借りる事も可能ですから、トラックドライバーからすれば、オアシスかのような休憩スポットになります。

けれど、どうにか、大型トラック専用の駐車スペースがあったとしても、その箇所に、一般車両が停まっていたら、トラックが駐車出来ないことになっています。

1分刻みの時間調整しつつ、徹夜明けに、せっかく発見した、休憩可能なコンビニで、トラック専用レーンを一般車両が占めているのを見たら・・・・・・・その失望というのはどのくらいでしょう。

気兼ねなく、トラック専用レーンに乗用車を駐車することはやめましょうね。

今現在は、大型トラック専用の駐車スペースを設けているコンビニができ上がっているのですが、ちょっと前は、かなりのコンビニ「大型トラックお断り」コンセプトだったのです。

今の時代の変化は、トラックドライバーにおいては、ありがたいことが考えられますが、トラック専用レーンがある、コンビニの数は、依然として十分ではありません。

実際のところ、都心住宅地といった道が狭い場所にこそ、欲しい施設じゃないでしょうか。

現状については、トラックが休憩が可能になる専用スペースというのが、わずかしかないことから、少しばかり路肩に停めて・・・・・・・とされる手段を取るしかないと考えられます。

通勤通学でそこの所を通る人からすれば、ちょっと迷惑に感じるかもしれないのですが、いろいろな事情によってトラックドライバーにおいても、どうしようもない部分があるわけです。

改正道路交通法で、街においては、コインパーキングが急激に増えましたが、コインパーキングとしては、大型車両用のスペースが無いことが大半です。

皆さんの生活をフォローしているトラックドライバー労働環境がこれまでより改善するといいと思いますね。
 
 
 
トラックドライバーが、トラックを路駐して休憩しているのには、こういう理由があったんですね。

事情があるというのは確かですが、路上駐車に変わりはないことから、時として、取り締まりの対象になることもあるとのことです。

将来的には、トラックドライバーが働きやすいようにするべく、環境が改善していってほしいと思います。