あなたのために距離を置くべき人の特徴とは?!

あなたのために距離を置くべき人の特徴とは?!

人間関係というのは、生活する上で絶対要求されるものになります。

だけど時折、人間関係にうんざりしてしまうこと、ないでしょうか?

「どういうわけかこの人と話していると、疲れてしまうな・・・」と感じてしまう人というのは、いるかと思います。

その人は、あなたのために、距離を置くべき人であるのかも知れませんよ。

本日はそのような、あなたのために距離を置くべき人の特徴を紹介したいと思います。

皆さんも、その特徴に該当していないかどうか、意識してみましょう!
 

距離を置くべき人の特徴①:『自己中心的な人』

 
主語が「自分は~」「自分が~」というような、自分の話がほとんどな人っているかと思います。

他の人の話を聞いている時だったとしても、相槌をうつフリをしていて、自分の話題としたり。

これは、自分がいつも話題の中心におかなければ、我慢ならないタイプの人になります。

こういう人というのは、他の人が話題の中心にいるというのが我慢ならないことになるのです。

そのことから、あなたの意見にも、否定的になってしまいます。

助言と称し「けど私はこんなふうに思うな」「あなたは間違っている」「だからあなたは駄目なのよ~」というふうに、他の人のスタンスを認めることができないというわけです。

そういう場合でも、あなたにとって体裁が悪い要素であるなら、聞き入れるべき箇所もあるのではないでしょうか。

また、あなた自身が心から信頼している人からの意見であるならば、前向きな話し合いもできるはずですよね。

ですが、「自分の考えを押し付けたいだけ」の人もそれなりにいます。

そういう人からの意見については、いい感じに聞き流してしまうというのが良いと思います。
 

距離を置くべき人の特徴②:『利益を得ることを狙って近づいてくる人』

 
もっぱら友情愛情ということから、結びつくというのはもちろん、良いことになります。

ですが、営利目的あるいは勧誘目的不道徳なことを狙って、近づいてくる人がいるというのも事実です。

まれに、純粋な好意で近づいてくる人もいるはずです。

ただし、あなた自身が「関心がない」と拒んでいるというのに、何度も何度も誘ってくる人というのは注意が必要です。

あなたの事を、自身の利益のためにと考えて利用しようと考えているかそうでないのか、見極めることが必要です。

何回か交流をかわした後、おもむろに「面白い集会があるけど一緒に行ってみない?」「効果的な美容液があるけど、試さなない?」「副業に興味ない?」

このようなキーワードが出てきたとしたら、警戒するようにすべきです。

悲しいことに、数年の歳月を経て、旧友から突如として、連絡がきて誘われる場合もあるそうです。

歓談の時間を楽しく過ごす事が不可能な相手については、距離を置くべき人の特徴となります。
 

距離を置くべき人の特徴③:『ネガティブな人』

 
あらゆるものに否定的で、ず~っと被害妄想っぽい、考えの人っていたりしませんか?

「でもな~、」「いやそれは~、」「そうなんだけど~」と、口を開けば否定から始まるという人です。

そういう人と話をしていると、すごく、くたびれてしまいますよね。

そのような人というのは、大部分は悲観的となります。

強いて挙げれば、みんなで一丸となり、目的達成しようと考えているシーンで、「どうせ駄目なんだろうな」とテンションが下がるような発言をしたり。

大したことない事でも、「被害者になった」感を出して、かまってもらおうとしたりします。

弱い立場を演じることにより、周囲の人から、同情されようと不幸自慢もしたりします。

「昨日は風邪もひいたし、財布も落としてしまった~」とホラを吹いてまで心配して貰おうとする人、ちょくちょくいるかと思います。

「悲劇のヒロイン」かのごとく振る舞う人においては、共感を持つ事が不可能です。

構うと注目されていると捉え、喜んで粘着してくるので、スルーするようにして下さい。
 

距離を置くべき人の特徴④:『愚痴ばかり言う人』

 
「あの人ってさ~」話しをするといつだって誰かの悪口ばっかり・・・。

誰に関しても、マウンティングしているとか・・・。

人の幸せを率直に喜ぶことが無理な感じ、そういう人居たりしませんか?

愚痴ばっかりの人と過ごす時間が長いと、陰鬱とした思いをする時間が増えてきてしまいます。

あなた自身のテンションを下げて、モチベーションを搾取する人というのは、付き合い方を考え直すことが必要です。

内輪話だけで、盛り上がりたがる人も、注意が必要です。

他のメンバーや、知らない人に関してはすごく無愛想になる人のことですね。

自分自身が認めた相手じゃなかったら、他人が内輪に入ってくる事を一切認めようとしません。

こういう人というのは、意識が内へ内へと向いていることから変化を嫌うのです。

そんな人の近くにいることによって、あなた自身に新しい情報が入りなくなってしまいます。

あなた自身の成長を止めてしまう人というのは、距離を置くべき人の特徴なので、気をつけましょう。
 
 
 
いつの間にか、あなた自身も似たような行動をしてしまっている方もいるかもわかりません。

例えば、ハッとしたなら、当てはまる行動を抑えるように努めるといいでしょう。

あなたの周囲にこういう特徴をもつ人がいたとしたら、あなた自身を疲れさせてしまうのです。

分かってはいるけど、関わらないといけない相手だったら、スルーするようにして下さい。

さりげなく距離を取り、ちょっとでも人間関係の悩みを軽くしたほうが良いでしょう!