がん細胞を死滅させる食べ物とは何!?

がん細胞を死滅させる食べ物とは何!?

わかっておられるように、日本人の死亡原因の第1位については「がん」になります。

部位別から言えば、第一位が肺がん、2位が胃がん、第3位が大腸がんとなっておりひとつひとつの原因についてはこれから挙げるとおりになります。
 

『肺がんの原因』

 
肺がんがもたらされる原因はいずれにしてもダントツで「タバコ」になります。

タバコを吸うことから遺伝子「突然変異」肺の中でリピートされるため、タバコを長い期間に渡って吸っている人というのは肺がんになりやすくなります。

さらに、1日に吸うタバコの本数が多い場合だと、DNAが傷つきやすくなってしまいます。

ちなみに、1日1箱を1年間吸い続けると、肺の細胞であれば、遺伝子に150個の変異が引き起こされる事が明らかなのです。
 

「胃がんの原因」

 
胃がんについては、ピロリ菌という細菌が原因と指摘されています。

胃炎胃潰瘍胃壁の細胞が痛み、それを何度も起こすと遺伝子に何らかの変異がもたらされ、これらのものが「がん化」すると言われています。

スキルス胃がんというのは、悪化するペースがかなり早いことから、何てことのない胃痛とはき違えてしまいますと、アッという間に取返しのつかない程度までがんが進行してしまうようです。

こういうことから、早期発見が容易ではないと言われています。
 

「大腸がんの原因』

 
大腸がんというのは初期症状が、ほとんど見られないことから、早期発見が容易ではないと言われています。

大腸の壁の粘膜の細胞「がん化」し、時間の経過と共に、大腸の壁に広がります。

大腸がんに関しては、進行するペースはさほど早くないといえます。

ですが、進行するさなかにリンパ節肝臓というような、別の臓器に転移する危険があります。

上述した通り、がん細胞に侵されるまでのシステムが細かく異なっていますが、こういう「がん細胞」短期間において、死滅に追い込んでくれる成分を、含んでいる食べ物がいくつかあって、欧米においては、民間療法に加えて、このような食べ物を日頃より食べることで、がんの発症率を目を見張るほどに改善しているのです。

そういうわけで本日は、日頃の食事で、摂れるガンに驚くほど効く食べ物を紹介したいと思います。

その効果は、驚愕です。
 

がん細胞を速やかに98%死滅させる驚異の食べ物とは…。

 
その食べ物というのは、『ゴーヤ』『ブロッコリー』、一番に、ゴーヤなのですが、水にごく少量5%に希釈した苦瓜ジュースについては、癌細胞の損傷に強烈な効果を示して、4つの膵臓癌細胞株の2つの癌細胞の生存能力を90%、その他の2つの癌細胞を劇的に98%に及ぶまで削ぎ落としたということなんです。

さらに、治療のごく僅か72時間後の事だったと、沖縄の地域では、長寿であることは有名ですが、豚肉を食べるだけではなく、このゴーヤによる効果が大きいだろうと推測されます。

米コロラド大学がん研究センターのラジェッシュ・アガール(Rajesh Agarwal)教授らが、このような民間療法と以前の研究で、ゴーヤの抽出成分乳がん細胞の増加を抑える効果があると、確認された事を考慮して、それ以降も研究を継続していたところ、ゴーヤにおいては、膵がん細胞に対し、そのエネルギーの源となってしまうグルコース代謝能力を鎮静させ、最終的に膵がん細胞を死に至らしめる効果がある事を見つけました。

『60%も膵がん細胞の増加を阻止』

マウスを使っての実験結果によると、ゴーヤの抽出液摂ったマウスは摂っていないマウスと比べて、がん細胞の代謝機構に大きな関与があったと確認され、抽出液においてのプロティンキナーゼの働きを促すとされる効果によって、最終的に60%も膵がん細胞の増加が軽減されていた事が、明らかになりました。

水にごく少量5%に希釈した苦瓜ジュースについては、すべての4つの膵臓癌細胞株の研究者がシビアに試験したところ、癌細胞の損傷に猛烈な効果を示したのです。

瓜については、2つの癌細胞の生存能力を90%削ぎ落し、その他の二つの癌細胞を驚くほどに98%まで叩いたのです。

そして、このことは治療のごく僅か72時間後のことなのです。

免疫系を強化して、解読し、歯の伝染病及び、有毒歯科材料を取り除いて体をアルカリ化し、酸化治療を備わっている体を酸化させて、癌特融の代謝経路を阻止するために、特定の栄養を提供するのです。

あらゆる癌細胞については、使いものにならないグルコースの発酵を使って乱れエネルギーを作り出しているのです。

苦瓜というのは、がんのわがままなエネルギー生産を切り取ることに必要な大きな妨害剤になります。

膵がんの前兆となる事が、あるとも言われている糖尿病において、過去にもインドや中国など、アジア諸国ではゴーヤー(bitter melon)というのは、Ⅱ型糖尿病に効果的だと信じられ何世紀にかけて民間療法などにて多く扱われてきたのです。

ブロッコリーも驚異的、がんについては、かなりの予防法や治療法が紹介されているのですが、とても有効な研究結果アメリカの大学から発表されました。

これについては、ブロッコリーあるいはカリフラワー等、アブラナ科の植物がんの幹細胞を消滅させ増加まで軽減させる効果があるというものとなるのです。

1日で75%のがん細胞が死滅します。

この研究をしたのは、サウスダコタ州立大学のモウル・デイ助教授と研究チームなのです。

彼らはがん予防のフィールドで、話題になっています。

フェネチルイソチオシアナートの合成物酵素が、ロッコリ―やカリフラワー等に含んでいる事を発見する。

そのうえで、人間の子宮頸がん細胞ペトリ皿にセッティングして、フェネチルイソチオシアナートを加えて観察した。

結果として、1日で75%のがん細胞が死滅します。

幹細胞そのものを破滅することにも成功します。

それに加えて、マウスの肺組織にも効果を発揮して、がん細胞の成長を阻止しているということも確認されました。

がん予防効果がより一層高まる方法というのは!?

それのみではありません!!

ブロッコリーわさびあわせて食べるとガン予防効果がこれまで以上に上昇するのです。

『British journal of Nutrition』で発表された内容においては、ブロッコリーにわさびや西洋わさびをプラスして食べることで、元からあるブロッコリーの抗がん作用が高まるんだとか、ブロッコリーとは、加熱しすぎると抗がん効果のある酵素が減少してしまいそうなのですが、わさびと食べることによって効果が復活します!

蘇るという事を発見したのです。

とんでもない発見ですよね。

一度消失したものが戻るというのは、他にも大根、キャベツ、クレソン、芽キャベツ等とセットして食べることによって、わさびと匹敵する効果を得ることが出来ます。

抗がん作用だけじゃなく、ピロリ菌を抑制してくれたり、肝臓の解毒酵素を作る働きもあるのだそうです。

抗ウイルス抗菌作用もありますので、風邪もひきづらくなってしまいます。
 
 
 
常日頃の食事をちょっぴり気に掛けるのみで、がんに発症する確率も・・・できたら、このまま健康で過ごすのが一番ですしね。