路上駐車(駐車違反)にぶつけた場合、事故の過失割合とは!?

路上駐車(駐車違反)

車を運転中、不覚にも駐車車両にぶつけてしまいますと、過失が大きいとされるのは一般的に考えて、ぶつけた方ですよね。

けれども、相手が駐車禁止場所に路上駐車している車だった場合、ぶつけた側だけの責任になるのでしょうか?

「ぶつけられた側も交通違反を犯していながら、責任がないというのはおかしい。」と思う人は多いかもしれない。

そういうわけで、本日は、駐車違反(路上駐車)の車にぶつけた際の、過失割合や罰則につきまして紹介したいと思います。
 

駐車違反(路上駐車)の車にぶつけた場合、過失割合は?

 
駐停車中の車にぶつけた場合、原則的にはぶつけた側が100%の責任を負わされることになります。

すなわち、加害者側(ぶつけた車)と被害者側(駐停車中の車)の過失割合については、100%対0%になります。
 

路上駐車(駐車違反)の車は過失に問われないの?

 
駐車されている車においても、原因があると認められるならば、ぶつけられた側にも、交通事故に関する過失があると扱われます。

無論のこと、過失割合が高い点は、ぶつけた車の方である事は、間違いありません。

路上駐車(駐停車違反)の車の過失内容より割合は違ってきますが、ぶつけた車と路上駐車(駐停車違反)の車であれば、90対10~60対40とのことです。

路上駐車(駐停車禁止)している車に過失があると判断されるケースというのには、次に挙げるような例があります。

  • 駐停車禁止場所
  • 道幅の狭い道
  • 追い越し車線
  • 雨や霧で見通しの悪い天気の日
  • 夜間等に街灯が無い暗い場所
  • 夜間のバザードランプ不点灯

 

高速道路で路上駐車(駐停車)している車にぶつけた場合は?

 
高速道路上での路上駐車(駐停車)というのは、基本的には禁止になります。

認められている点は、故障といったどうしようもない理由がある場合のみとなります。

ですので、高速道路上で起こった衝突事故の場合では、路上駐車(駐停車)していた車においても、過失があると指摘されています。

高速道路上でぶつけた車と、路上駐車(駐停車)中の車の過失割合というのは60%対40%だということです。

ですが、追い越し車線上で起こった事故においては、ぶつけた車と上での路上駐車(駐停車)中の車の過失割合については50対50に変わるとのことです。
 

物件事故の罰則は?

 
物件事故(物損事故)というのは、車などの物だけに被害があって、人にケガはない事故のことを指します。

物件事故を起こしてしまった車においては、交通違反の点数を付けられる行政処分あるいは、罰金というような刑事処分もありません。

ですが、わざとぶつけた場合には、刑法261条で器物損壊罪に問われてしまいますし、ぶつけた車のドライバーが無免許運転ないしは飲酒運転を犯していたケースだと、行政処分や刑事処分があるのです。
 

人身事故の罰則については?

 
駐停車違反を犯していたとしても、乗っている人にケガを負わせてしまいますと、ぶつけた側の運転者に対し、過失運転致死傷罪が適用されるのです。

さらに、ケガの治療期間に応じた点数がつけられる行政処分があるのです。

ぶつけた側の運転者がケガをしたにせよ、路上駐車(駐停車)中の車の運転者には、行政処分のみならず刑事処分もありません。

例え、路上駐車(駐停車違反)中であろうとも同じなのです。
 

警察に届け出をせずにいた時の罰則については?

 
事故はひき起こした場合、安全を確保した以降に、迅速に警察に届け出たいものです。

申告をしなければ、道路交通法119条1項で規定された、3ヶ月以下の懲役もしくは5万円以下の罰金に科せられるかも知れません。

当て逃げしたと判断されると、措置義務違反ということで違反点数については5点になります。

ひき逃げをしてしまうと逮捕されることもあり、道路交通法117条に基づいて、5年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられるのです。

さらには、救護義務違反とされて違反点数については35点になって、運転免許は取り消されてしまい、3年以上再取得に関しては、できなくなってしまうのです。
 
 
 
路上駐車(駐停車違反)を犯していてもいなくても、ぶつけた側の過失が大きく減らされるというわけではないのです。

最終的には、ぶつけた側に、より大きな過失が存在する事に違いはありません。

相手との交渉に関してはしっかりと行って、事故については、即座に解決を行う様に務めた方が良いでしょう。