運転中に眠気を感じた時の対策と対処法とは!?

運転中に眠気を感じた時の対策と対処法とは!?

運転する人からすれば、居眠り運転ほど怖いと感じるものはないです。

睡魔に関して、気力では勝つことができませんし、瞬間の居眠りが大きい事故を引き起こしてしまうかもしれません。

そうならないために本日は、運転中に眠気を感じた時の効果が高い対策と対処法を紹介したいと思います。
 

居眠り運転については前触れが存在する!

 
運転中まぶたが重くなってしまって、気がつくと目をつぶっていた、なんて状態にまでなりますと非常に危険になります。

運転されている本人からすれば、極めて一瞬かもしれないのですが、40㎞/hで運行中に1秒間のみ目をつぶった瞬間でも、車は約11mも進行しているのです。

「寝不足だな」と認識しているのであれば、まだ対策することができますが、問題は自覚がない場合なのです。

「睡眠不足を自覚していない人の運転の危険性」になると、「信号や標識を見逃す」「真っ直ぐ走れない」「イライラしたり落ち着いていれなかったりする」「運転に集中できていない」「頭が重くなる・下がる」まばたきの回数が増加する」「さかんにあくびをする」これらは、体からの寝不足のシグナルになります。
 

運転中に眠気を感じた時の対策①『仮眠をとる。』

 
眠気を感じた時、車を駐車場なんかに入れて、仮眠をとるようにして下さい。

15~30分くらいの睡眠だったとしても、頭がすっきりしてきて目が覚めるのです。

座席のシートを起こし、即座に、運転したくなると思いますが、寝起きの状況というのは、頭が依然としてボンヤリしている事と思いますから、車から一回降りて体を動かすようにしましょう。

また30分以上眠ってしまいますと、眠りが深くなってしまい、余計に眠気が増幅してしまうというのがあるのでご注意ください。
 

運転中に眠気を感じた時の対策②『運転する時間帯を考える。』

 
居眠り事故が多く起きているというのは、昼間については午後3時から4時の間となります。

この時間帯というのは、一番眠くなることが多いと指摘されています。

食後については、眠くなることが考えられますが、人の体は起きている間、ず~っと緊張を保ち続けられることはできないので、時として集中力が無くなってしまう可能性があります。

車の運転を予定する場合では、できることなら、そういう時間帯は回避して計画してはいかがでしょうか。

また、曇りの日においても、居眠り事故が生じやすくなるので、運転に関しては、時間と天気も注意することを意識すると望ましいですね。
 

運転中に眠気を感じた時の対策③『窓をあけて換気をする。』

 
車の中の空気が淀んでいることも、眠くなってしまう理由の一つになります。

二酸化炭素の濃度が高いと、眠気が誘発される事が科学的に明らかになっているとのことです。

眠くなると出る「あくび」というのも、脳が酸素不足の状況の際に無意識的にする反応だと考えられます。

窓を開けることで、空気を入れ替えられますので、涼しい風にあたる刺激もまた頭をすっきりとさせてくれるでしょう。
 

運転中に眠気を感じた時の対策④『体を冷やす。』

 
天気が雨であったりして窓を開けることができない時は、エアコンにおいても効果が期待できます。

ちょっと寒く感じられる程度の方が眠気もとれると思われます。

休憩中に洗面所なんかで、顔を洗ったとしても、目は覚めますし、ウェットティッシュで顔を拭くだけだとしてもリフレッシュできるのです。
 

運転中に眠気を感じた時の対策⑤『話をする・歌をうたう。』

 
同乗者がいたとしたら、アクティブに会話を交わしてください。

黙っていれば、無駄に眠くなるものでしょうが、声を出すというのは、考えていたより、眠気覚ましに効き目があるのです。

話す内容については、他愛のない雑談で良いですし、笑い話なんかは、思っている以上に、眠気を忘れさせてくれることになります。

同乗者がいないならば、好きな歌を大きな声を出して歌い続けても同一の効果が期待できます。

車の中には自分一人なことから、どのような歌声でも恥ずかしがることなどありません。
 

運転中に眠気を感じた時の対策⑥『ガム等を噛んで顎を動かす。』

 
声を出すパターンと似通っているのですが、顎を動かす事は、脳に刺激を与えるため、眠気覚ましに効果を発揮します。

顎の運動というのは、大脳全体の覚醒度合いをつかさどる「脳幹網様体」とされる部位に直接信号を送ることから、脳の覚醒を促進することになります。

ローズマリーペパーミントユーカリの香りにおいては、眠気を減少させる威力があるのです。

また、硬い煎餅などを噛む事も効果的なようです。
 

運転中に眠気を感じた時の対策⑦『カフェインを摂る』

 
カフェインだと、典型的なのはコーヒーになりますよね。

この他にも、お茶チョコレートにおいても、カフェインは含んでいます。

カフェインというのは、脳にダイレクトに効果を及ぼし、脳が覚醒されやすいことから、眠気覚ましになるというわけです。

されど、眠気を覚まそうと思うなら、コーヒー1杯のカフェイン量程度では全然、充分じゃありません。

その程度の量であれば、かえってリラックスしてしまって、マイナス効果にもなるかもしれないのです。

コーヒー1杯に含んでいるカフェインというのは、100mg程度のため、3杯程度が眠気覚ましにおいては、適した量になります。
 
 
 
こういう方法というのは、どちらにせよ、ドライブ中にどうしても眠くなった場合のその場逃れでしかないのです。

いずれにしても、運転する前においては、十分な睡眠をとることが重要になります。

居眠り運転というのは、ドライバーあなた自身の意識によって、回避することができる問題になります。

睡眠時間が十分でないとはっきり認識していたり、前日の疲れが抜けていない場合は、車の運転を控えることもまた大事な事なのです。