【観光】京都の嵐山「嵯峨野 竹林の道」を巡るスポット!

竹林の道

京都の嵐山は観光スポットとしては代表的なのではないでしょうか?

京都を中心とした「ドラマ」等では「嵯峨野 竹林の道」や桂川にかかる「渡月橋」は必ず、出てきます。

京都と言えばという、雰囲気を出すのに、分かりやすい場所なのかもしれませんね。
せっかく京都に来たのだから、そんな京都の雰囲気のあるスポットを観光に訪れてみてはいかかでしょうか!

京都の「見どころ」や「おすすめ」を紹介したいと思いますので「観光」のコースにして頂ければ幸いに思います。
どうぞ、参考にして下さい!

京都の嵐山と言えば嵯峨野の竹林の道

竹林の道

京都市右京区にある「嵯峨野」。

「渡月橋」から北側が「嵯峨野」になるのですが、そこには「竹林」が大きく広がっています!
「竹林の道」は「大河内山荘」から「野宮神社」の間を約200m続く、雰囲気が良い小道です。

「竹林の道」は京都の「嵐山」を代表する「観光スポット」と言われています!

「竹林の道」「嵐山の竹林」「竹林の小径」と色々な呼ばれ方をしていますが、「野宮神社」から「大河地山荘庭園」へと続く約400mの道をそう呼んでいます!
「サラサラ」と笹の葉が風にそよぐ音を耳に感じながら、清い空気と共に歩く「竹林の道」。
「竹林の道」は京都の嵐山・嵯峨野最高の観光スポットです!

毎年12月は「京都・嵐山花灯路」が開催されており、「ライトアップ」された「竹林の道」を歩く事が出来ます。

「竹林の道」へお越しになる時は「駐車場」がないので、「電車」でお越しになる事を推奨いたします。

もし、どうしても車でお越しになりたい場合は渡月橋周辺、天龍寺周辺の「コインパーキング」に駐車して頂くことをお勧めします!

ライトアップされた京都の嵐山・嵯峨野「竹林の道」

ライトアップされた京都・嵐山嵯峨野の竹林の道

12月に「京都・花灯路」が開催されていて、2005年(平成17年)12月から始められた「灯り」をテーマとするイベントです。

「渡月橋」「竹林の道」エリア一帯を照らす「ライトアップイベント」が開催されています。

ライトアップされた「渡月橋」「竹林の道」も「ドラマチック」で神秘的な雰囲気を出していて凄く素敵です!

主催者の目指すテーマは「思わず歩きたくなる路」。だそうです!

2018年は12/8(土)~17(月) 点灯時間 午後5時~午後8時30分だったので、10日間くらい開催していました。

京都の嵐山・嵯峨野「竹林の道」までのアクセス

京都の嵐山・嵯峨野「竹林の道」までのアクセスを「京都駅」から「竹林の道」へ向かうという想定で案内させて頂きます!

『竹林の道』までの交通アクセス

「京都駅」から「竹林の道」までのアクセス方法。

電車:
電車をご利用する事をお勧めいます!(10分から15分間隔で電車があるため便利。)
乗換えはないので、非常にシンプルです。
京都駅JR山陰本線(嵯峨野線)園部方面行きに乗車します!(普通列車:約15分/快速列車:約10分)
「嵯峨嵐山駅」で下車。
徒歩で「竹林の道」で行きましょう!(徒歩:5分~10分)

  • 所要時間:約20~25分
  • 料金:大人240円

バス:
バスを利用するのはあまりお勧めしません。
個人的には「電車」が超お勧めです・・。
京都駅烏丸口前のバスターミナルより「市バス28系統(D3乗り場)」に乗車します(約50分)。
バス停「野々宮」で下車後、徒歩にてすぐ「竹林の道」です。
日中は「20分間隔」でバスは運航されています!

  • 所要時間:約50~55分
  • 料金:大人230円

タクシー:
京都駅から「竹林の道」までタクシーで向かうと「約35分から45分」で着きます。
「渋滞」等があった場合、その分、時間が余計に掛かります。
京都駅から「竹林の道」までのタクシー代の目安は「およそ2,500~3,500円」です。
荷物が多い方は「タクシー」も有りかもしれません。

  • 所要時間:約35~45分
  • 料金:およそ2,500~3,500円

もうひとつは京都の嵐山と言えば「渡月橋」ですよね・・。

この京都の嵐山・渡月橋、テレビで見たことはありませんか?(笑)

京都嵐山の「渡月橋」

京都の嵐山でよく、「京都」が主体としたドラマがあると必ず、撮影されて出てくるのがこの「渡月橋」です。嵐山を観光される方は最初にこの「渡月橋」に訪れるのは風情があって良いと思います!

「渡月橋」の後方の山は「嵐山」という名前の山です。(そのまんまですね。。)

渡月橋は「桂川」に架かる(南北)「橋」です。(桂川左岸(北側)と、中州である中ノ島公園の間に架かる橋)

全長「155メートル」幅「11メートル」で「渡月橋」が建設されたのが1934年(昭和9年)です。

「渡月橋」と名付けられた由来は「亀山上皇」が、橋の上空を移動していく月を眺めて「くまなき月の渡るに似る」と感想を述べたことから「渡月橋」と名付けられた。

「渡月橋」の橋脚と橋桁は「鉄筋コンクリート製」で事を知らない人もいるみたいですが、二車線の車道があり、バスも渡月橋を渡ります!

京都市に観光客は年間5700万人近く観光に訪れるそうです。
その中でも「嵐山・嵯峨野」と「清水寺」が観光客でトップ争いをしているとの事です!

渡月橋のライトアップ

渡月橋のライトアップです・・。
12月にある、京都・嵐山花灯路(はなとうろ)のイベントによる「渡月橋」のライトアップです。
渡月橋ライトアップでは渡月橋と嵐山の山裾、そして桂川の水辺などをライトアップし、嵐山・桂川などの美しい自然景観を幻想的に演出します。

京都「嵐山」の名前の由来

アラス山説:
「日本書紀」によると、487年にご神託があり、宇田荒洲田(読み:ウタアラスダ)の地に月読尊を奉ったとされています。
ちなみにこの神託によって作られた神社は、嵐山から桂川を少し下った松尾大社近くにある月読神社です。
このウタアラスダにある山ということで、「アラス山」となり、「嵐山」となったとする説。

情景説:
春には桜の花びらを、そして秋には紅葉した葉っぱが吹き荒れる景色を見て名付けられたとする説。

地名説:
松尾山は、荒子(あらこ)山と亀山に分かれ、この「あらこ」の転とする説

京都・嵐山の渡月橋付近の「渡月小橋」はご存知ですか?

渡月小橋

場所は「渡月小橋」は「渡月橋」を渡り終わるとすぐにある「橋」です。(赤の印のところが「渡月小橋」)

たまに「渡月橋」と「「渡月小橋」をひっくるめて、「渡月橋」と言われることがあるのですが、「渡月橋」とは別の橋になります。

上記の画像で言うと、渡る前の中ノ島公園までは「京都市右京区」です。
渡ると「京都市西京区」なります!(ちょうど境目です。)

京都の嵐山・嵯峨「渡月橋」までのアクセス

京都の嵐山・嵯峨「渡月橋」までのアクセスを京都駅:「JR嵯峨野線」 京都市営バス:「京都駅から」「四条河原町から」「三条京阪から」と「JR」「京都市営バス」「京都バス」の交通手段で案内させて頂きます。
住所:京都府京都市右京区嵯峨中ノ島町

京都駅:JR嵯峨野線で『渡月橋』までの交通アクセス

JR:「京都駅」からJR嵯峨野線「嵯峨嵐山」下車
(JR嵯峨野線は京都駅の32番線もしくは33番線から発車します!
「普通」(各駅停車)「快速」どちらも停車しますので、どちらかに「乗車」して下さい!
「普通」(各駅停車)と「快速」とおよそ、10分から15分間隔で走っているので、待ち時間はそれほど、気にならない程度です。

JR京都駅(JR嵯峨野線 園部・亀岡方面)

運賃:240円 乗車時間:16分 嵯峨嵐山駅(下車)→出入口1→徒歩:12分

京都市営バスで「渡月橋」までの交通アクセス

京都市営バス:京都駅から京都市営バス28号系統「嵐山天龍寺前」下車

京都市営バス:四条河原町から京都市営バス11号系統「嵐山天龍寺前」下車

京都市営バス:三条京阪から京都市営バス11号系統「嵐山天龍寺前」下車

京都市営バス:運賃:230円 乗車時間:50分 嵐山天龍寺前バス停(下車)→徒歩:5分→「渡月橋」到着。

京都バスで「渡月橋」までの交通アクセス

京都バス:運賃:230円 乗車時間:50分
JR京都駅烏丸口かた徒歩5分で京都駅バスターミナルC6のりば:『京都バス72「嵐山・清滝」行』『京都バス73「嵐山・苔寺・すず虫寺」行』72番も73番も乗車時間:50分 京福嵐山駅前バス停(下車)→徒歩5分→「渡月橋」到着。

下記が京都の嵐山・嵯峨「渡月橋」周辺の地図となります。
どうぞ、参考にして下さい。

【観光】京都の嵐山「嵯峨野 竹林の道」を巡るスポット!:まとめ

京都の嵐山は観光スポットとしては「京都に来た!」という実感が高く、雰囲気が良く、満足度が高いのではないかなと思います。

京都を主体としたドラマでは京都という雰囲気が高い事からか、嵐山・「嵯峨野 竹林の道」がよく出てきます。

「嵯峨野・竹林の道」は「野宮神社」から「大河内山荘庭縁」へと続く約400mの道ですが、歩くだけでも風情があり、かなり雰囲気が楽しめるのではないかなと思います。

他府県の方は特にですが、京都の方も「嵯峨野・竹林の道」は京都を代表する、「観光スポット」と言われているので、夫婦であるいは恋人同士や友人と「デート」「観光」として行かれても良いのではないかと思います。

京都・嵐山「渡月橋」は「嵯峨野 竹林の道」と距離的に近く、「徒歩」で行ける範囲内なので、「嵯峨野 竹林の道」に行かれてから嵐山「渡月橋」に行くとか逆に「嵐山「渡月橋」に行かれてから「嵯峨野 竹林の道」に行くという「観光コース」でも凄く楽しめるかなと思います。

渡月橋の近くには「ボート」を乗る事も出来ます。(1時間:1500円)

もし興味がある方はボートを乗りながら、嵐山の風景を満喫してはいかかでしょうか!?

もうひとつはこの京都・嵐山「渡月橋」は「嵯峨野 竹林の道」のエリアから「縁結び/カップルの恋愛成就」の効果を上げるための「車折神社」も徒歩で行ける範囲なので、「車折神社」のも足を伸ばしてみては・・・。

車折神社
【京都】カップルの縁結びなら「車折神社」へ!カップルで京都で「縁結び」の効果を上げるなら「車折神社」(くるまざきじんじゃ)へ参拝されてはいかかでしょうか! 「約束を違え(たが...