オートマ車のニュートラルの本当の使い方とは!?

オートマ車のニュートラルの本当の使い方とは!?

オートマ車ニュートラルについては、滅多に使った事がないという人は、少なくないのではないかと思います。

そう言われると、常日頃の運転でニュートラルを使うことが求められる事というのは、あまり多くないですよね。

本日は車のニュートラルの使い方というのを紹介したいと思います。

理解している人については、常識なことがほとんどですので、知らない方のみご覧下さいね。

運転がかなり楽なオートマ車は、ギアの切り替えも停車時はP、走行時はDとされるようにシフトレバーを動かすのみで、自動的に行なってくれますよね。

ニュートラルというのは、中立という意味で、オートマ車だけに限らず、マニュアルミッション車においても使う言葉になります。

オートマ車でいうと、ドライブやリバースに入ってない状態になります。

この状態は、エンジンを掛けていても走らず、仮にアクセルを踏んだところで、エンジンについては、回転数が上がるのみで走り出すことが無い状態になります。

ですが、サイドブレーキ解除すると下り坂だとしたら、下っていってしまうかもしれないので、注意して下さい。
 

下り坂でオートマ車のギアをニュートラルに入れると。

 
たびたび「下り坂でギアをニュートラルにして、惰性で運転すると燃費がよくなる」という噂を聞きますが、これについては残念ながら間違いになります。

ニュートラルだったとしても、エンジンはアイドリングをキープすることから、回転し続けるため、燃費は変わることはありません。

かつ、ニュートラルだったら、エンジンブレーキが全然効かなくなってしまうので、フットブレーキを頻繁に使うことになって、詰まるところフェード現象やべーパーロック現象が生じて、ブレーキが効かないまま、重大事故になる恐れもあるでしょう。
 

オートマ車で信号待ちの際、「ドライブ」or「ニュートラル」?

 
信号待ちの停車中については、「ニュートラル」にしたら、少し燃費は良いでしょうが、実際のところは「ドライブ」状態でが良いです。

「ニュートラル」にしている事を、忘れてアクセルを踏んで発進しないから急いで「ドライブ」にすると、回転数が上昇した状況で、クラッチが直結してしまうことから、ホイールスピンしてしまう場合もあります。

そして、追突された際も、「ニュートラル」だとしたら、そのまま進んでしまうので、事故を拡大させるかも知れないのです。

国産車のオートマ車は、信号待ちのたびに、いちいちニュートラルにしても、耐久性においては、問題ありませんが、若干古めの輸入車に関しては、ひんぱんにニュートラルやパーキングにシフトを行う事を考慮せずに作られていることから、100パーセント故障の時期を早めることになります。
 

オートマ車において、停車時する際にニュートラルどうなの?

 
駐車の場合はシフトレバーがある中から、「パーキング」のギアに切り換えないといけません。

なぜかというと、パーキングのギアというのは、車輪にロックが掛かり、車が動かなくなってしまうギアになります。

その一方で、「ニュートラル」で停止している際には、車を押したり、坂道なんかに停車していますと、車は動き出してしまうでしょう。

パーフェクトな駐車には適さないギアなので、停車時にニュートラルは使用しないで下さい。
 

オートマ車において、ニュートラルは、いつ使うのでしょうか?

 
そのように、常日頃から、さほど使う機会がないニュートラルではありますが、いつ使うのかと言うと、渋滞なんかで長時間停止しざるを得ない際にニュートラルを使用します。

これ以外だと、非常事態においては重要な役割を有します。

例をあげると、エンジンなどの故障から、踏切内で車が動けない状態の時に、ギヤがパーキングやLowに入っているとギアが噛んでしまって、車を押して動かす事が不可能ですが、ギアが100パーセント切り離されたニュートラルだったら、車を押して動かし、線路から退避させる事ができるのです。

この他には、レッカー移動をする時にも、ギアニュートラルに入れておくことによって、タイヤを引き摺る必要なく、ストレスなく移動させる事が可能なのです。

ニュートラルというのは、非常事態に、車を動かすことに必要な最終手段だと言えます。
 
 
 
理解している人には、ごくありふれたことだったかもしれませんが、リアルに知らない人も少なくありません。

頻繁に利用する機能じゃありませんが、その使い方というのをちゃんと覚えておくことで、いざという時に間違いなく役に立つことになります。

頻繁にギアをチェンジするという行為は負担が大きく、故障になってしまうかもしれないので、ニュートラルへのギアチェンジは、本当に必要なときにだけするようにして下さい。