【寿命】星が死ぬ時、「超新星爆発」を起こします!

超新星爆発

「超新星」といった言葉を、耳にしたことはないでしょうか?

女性については韓国の人気グループをイメージした人もいそうですね。

超新星といった漢字からすれば、「新しく誕生した星なのだろうか?」…と考える人もいらっしゃると思いますが、なんと、その逆で星が死ぬ時の姿だとされます。

本日は星が死ぬときに起こす大爆発「超新星爆発」を紹介したいと思います!!
 

恒星の一生

 
恒星というのは、太陽と同じく、自ら光を生じさせている星雲状とは異なる天体の事を指します。

この恒星については、宇宙誕生から30億年後に生まれてきたと指摘されています。

恒星の一生に関しては、その質量などによって異なってきます。

質量の大きな星であればあるほど、核融合反応を激しく起こすことから、寿命が短くなるのです。

ちなみに、あれほど大きく明るく輝く太陽であっても、恒星の中においては、質量が小さい方なのだそうです。

少し意外だと思いますよね。

恒星というのは、自らの水素を使い果たした際に寿命を迎えることになります。

この時、星は赤く膨張し大きくなっていきます。

この後の運命が、星の質量ごとで異なってしまうのです。

太陽と一緒くらいの質量の恒星については、寿命約100億年で、最終的には燃え尽き白色矮星とされる重く小さな星になって、光も熱も出すこがない黒色矮星へとなって一生を終えるのです。

太陽の8倍以上の質量がある恒星というのは、最後の超新星爆発を起こし、中性子星やブラックホールへと変貌するそうです。
 

超新星という名前の由来

 
超新星爆発というのはさっきも紹介させて頂きましたとおり、星の寿命で、星が死ぬ時、起こる現象になります。

にも関わらず「超新星」というのは、少しばかりおかしな名称とは思わないでしょうか?

超新星爆発のその瞬間、非常に大きなエネルギーが発せられるのです。

その大きさというのは、瞬間の光が地球上からでも、肉眼で認識されるくらいです。

星のある位置にもよるのですが、昼間においても星の輝きが見ることが出来たり、満月の100倍という明るさで輝いたりするようです。

今日まで星が見えてなかった場所に、唐突に光が出現するため、あたかも新しい星が誕生したように思えます。

そんな意味から「超新星」とされる名が付けられたとのことです。

この現象は大昔の文献にも、記されているのです。

例えば、藤原定家の書いた日記「名月記」においても、超新星爆発の事ではないかと思われる現象が記載されているのだそうです。

まだまだ現在のように、科学がすすんでいない時代のことだったので、目撃した人々はすごく驚いたことと思います。
 

超新星爆発の威力

 
超新星爆発の時、星の中心核の温度は非常に高温となって、核融合反応することにより鉄の芯ができることになります。

星が膨張する圧力と比べて、重力が大きくなってしまい、星は縮まり始めニュートリノが放たれます。

収縮してしまう星の外側の物質というのは、中心部の芯に音速で衝突して、その衝撃波で爆発が引き起こされることになります。

だとすれば、この超新星爆発というのは、どれくらいの威力があるというのでしょうか?

星を一つ吹き飛ばくらいの爆発の威力になってしまうため、さることながら、凄まじいというのは想像がついてきます。

わかりやすく、どれ程の威力であるのかというと、驚くことに、太陽が一生の間に放出する全エネルギーと同じ程度なのだそうです。

あり得ないくらい、デカすぎて想像することができませんが、仮に地球から半径5光年以内の恒星が爆発したとしたら、地球上の生物が100%絶滅すると言われています。

この距離というのは、地球と月を6万回往復する距離に同等です。

ちなみに、50兆年離れていたとしても、懐疑的な被害に見舞われてしまうそうです。
 

間もなく超新星爆発を起こす星がある?!

 
なんと、間もなく超新星爆発を起こすとされている星が存在します。

まさにそれがオリオン座1等星のベテルギウスになります。

ベテルギウスについては最近、その形が大きくなったり小さくなったりと不規則になっていて、明るさにも変化がみられるそうなのです。

もう、間もなく爆発するであろうと推測されているのです。

とはいえ、それは10年後かも知れないし、100年後かも知れないのです。

ですが、ここで気がかりなのが、「超新星爆発の影響が地球にもたらされる事はないのか?」という事。

これについては、現時点で「影響はでない」とされているそうです。

ですが、爆発の衝撃ベテルギウスの自転軸が変わってしまうと、地球への影響もあるだろうと言われていて、要するに現実の上で爆発が起こってみないことには予測できないようです。

果たして私たちが一生のうちに、超新星爆発が引き起こされる事はあるのだろうか?

星の死と言われる、最期の打ち上げ花火、超新星爆発。

どんなことが起こるかさっぱりわからないということは怖いとは思いますが、どれほどの天体ショーが展開されるのか、現実の上で確かめたい気もしますよね。

皆さんは『超新星爆発』、どう思われましたか?