電動パーキングブレーキのメリットとデメリットとは!?

電動パーキングブレーキのメリットとデメリットとは!?

車を駐車する場合に、なくてはならないパーキングブレーキにおいては、従来、運転席シートの横に装着してある、サイドレバー式や運転席の足もとにあるフット式といったものが多く使われてきました。

ですが現在では、電動パーキングブレーキを搭載する車が増加傾向にあります。

国産車であれば、2006年、レクサスLS460に初採用されて、開始から年と共に、搭載車が増えていって、限定的に高級車のみしか、採用されてなかった「電動パーキングブレーキ」コンパクトカーだけじゃなく、ミニバンにも採用拡大されているのです。

そうであっても電動パーキングブレーキを知らない人の方がほとんどで、シフトレバーパーキングであったり、フットブレーキ等異なるところが分からない部分もあるのです。

本日は、電動パーキングブレーキ仕組みメリットデメリットを紹介したいと思います。
 

電動パーキングブレーキとは?

 
これまでの、ケーブル式サイドブレーキペダルサイドブレーキレバーとは違って、自動もしくはスイッチ操作で容易にサイドブレーキを電動で、作動、解除する事ができてしまうのが「電動パーキングブレーキ」になります。

大抵の搭載車種で電動パーキングブレーキスイッチがあって、通常ではブレーキペダルを踏んだままで、電動パーキングブレーキのスイッチを引き上げる事で、オンになって、戻すことでオフになるのです。

しかも、オンのままでも、シートベルトを装着した状態で、シフトをドライブにすることにより、自動で解除されるのです。

そして、オンならば、ブレーキペダルを離したとしても、制御されていますから、発進することはないのです。

これに加えて、最近の車においては、信号停止時で、完全停止してブレーキペダルより足を離したとしても、全自動でブレーキを掛けてくれる便利な「ブレーキホールド機能」が、電動パーキングブレーキ機能付きの車両に+αで搭載されているのです。

続きまして、電動パーキングブレーキメリットデメリットは何なのでしょうか?
 

電動パーキングブレーキのメリット

 
自動で制御してくれることから、ブレーキの、かけ忘れを防ぐ事ができます。

電動パーキングブレーキ機能しているとすれば、ブレーキペダルから、足を離したとしても車は動きませんし、坂道で停めても、後ろに下がる事を抑制します。

コンピューター制御していることから、路面の状態や車内の状態で、ブレーキを掛ける、段階を調整してくれるというのも魅力の1つになります。

インテリアの部品でも過去は手動で操作していたため、サイドブレーキフットブレーキがあって、車内インテリアの妨げでしたが、電動パーキングブレーキというのは、スイッチだけなため、サイドブレーキレバーがなくなった分、空間が広くなって、収納スペースも確保できます。

ワイヤー式では一定サイクルで張りを調整することが求められますが、ブレーキシステムにモーターを内蔵したタイプであるなら、メンテナンスフリーになります。

ここまでがメリットになりますが、逆に、デメリットというのはどういうことでしょうか。
 

電動パーキングブレーキのデメリット

 
バッテリーが上がってしまった際には、車種専用の解除方法があって、工具を持っていないと、基本的なサイドブレーキを解除することが不可能なのです。

モータースポーツで使用されるサイドターンが困難を極めるそうです。

考え方になりますが、サイドブレーキがあってこそ、車の良さを感じる人もたくさんいるので賛否があるのです。

システムに欠かすことのできないユニットが増えているということもありますので、ワイヤーで引っぱっている機械式とは異なり、故障の際の修理代が、費用が高くつくというような声もあるのです。

基本的に搭載車車両が少な過ぎることから、費用面の高さも指摘されているのです。

さて、どんなに搭載されているのだろうか?

その代表的な車種を紹介したいと思います。
 

搭載されている代表的な車種は?

 

【トヨタ】レクサス、LS460・600h/GS・RX・NX、C-HR・アルファード・ヴェルファイア・ハリアー

【ホンダ】ヴェゼル・N-BOX SLASH

【日産】 セレナ・リーフ

【マツダ】CX-5・アテンザ、スバル、インプレッサ・レガシィ・レヴォ-グ

こちらで紹介させて頂きました車は、一部分となりますが、電動パーキングブレーキ搭載車については、徐々に増加していくはずです。

ここまでが、電動パーキングブレーキにつきまして、紹介をさせて頂きました。

昔から受け継がれてきた車が好きな方においては、レバーが消失することから、受け入れづらい機能かも知れませんが、機能性は着実にアップします。

実際のところ、デメリットと言われるデメリット故障時ですが、これだけはたとえようがないことなので、メリットの方が大きいです。

どれもこれも、一度搭載されている車を獲得してしまうと、次回、買い換える車であるとしても、搭載されてないとしたら、嫌になってしまうとされています。

ですが、本当に搭載車が少ないことから、高級車から順に装着して需要を増加させ、部品単価を下げてもらってから、大衆車に行き渡らせてほしいと思います。