不老不死は恐ろしい理由?

不老不死は恐ろしい?

私を含め誰もがみんな1回は憧れを持つ?不老不死だと思いますが、永遠の若さを得たからといって、果して本当の幸せというのは訪れるのでしょうか?

むしろ、すごく恐ろしいことが待っているとのことです。

本日は、不老不死恐ろしいといわれる理由を紹介させて頂きます!
 

不老不死は恐ろしい①:『仲間はずれになる。』

 
私たち人類に関しては依然として、進化途中だと数多くの人が信じているのですが、1000年~2000年程度の間においては、大きな変化は起きないと思われます。

ですが、「不老不死」となった場合となると、例えば、1万年後であるとか、更に一層後の10万年後の地球においても、ずっと生きていることでしょう。

その時点での普通の人間たちは、確実に進化しているはずです。

進化をしている未来の人間達は、移り変わる周りの環境に対応し続けられますが、不老不死を得た人間に関しては、時の流れが止まっていることから、うまく適応する事ができないのです。

今日の時点での人間においては、消化の難しい食べ物が問題なくなっていることもあり得ますし、生殖機能も今とは変わっているかもしれないですね。

そうなってしまうと、生殖行為から完全に隔離されてしまうことが考えられます。
 

不老不死は恐ろしい②:『普通の生活を送ることができない。』

 
不老不死の人が長い間生きている間に、間違いなく、いずれ周囲に不老不死といった事がバレてしまって、その人については、有名人となってしまうことになります。

更には、家の庭においては常々、不老不死を求める方々が行列をなすかも知れないのです。

そうなってしまうと、可能性が考えられる事というのは、様々です。

リーダーという立場を得て、新政府や組織を作る側になってしまうか、あべこべに大規模な組織に拉致された上で、人体解剖されるかもしれないのです。

いずれにしても、平静な気持ちで平凡な生活を送る事は出来なさそうですね。
 

不老不死は恐ろしい③:『体は年を取らないとしても精神面では確実に老いる。』

 
身体的肉体的においては、若くいられたところで、精神面では、確実に老いると考えられています。

脳が記憶可能な容量というのは、限界がありますが、反面、体は若い状態のまま生き続けて、新しい記憶を絶え間なく刻みつけることは必要不可欠です。

長い期間、生存し続けることから、容量をオーバーしたという状態を引き起こしてしまうことになります。

古い必要のない記憶が脳の動作を遅くする可能性があるのです。
 

不老不死は恐ろしい④:『時間が過ぎることが早すぎる。』

 
年齢を積み重ねると時間が経過するのが、早く感じたりしますよね?

不老不死というのは、永遠に生き続けてしまうので、自分自身の感じる時間経過もより一層、早くなっていくはずです。

このことから、すごく感覚が狂ってしまうかもしれません。
 

不老不死は恐ろしい⑤:『死んだ方が楽でも死ねない。』

 
当然の如く、不老不死というのは、どこまでも若々しく健康でいられことと思います。

ですが、例えば事故や災害でまともに生きられる状況でなくなったらどうなるのでしょうか?

あるいは、最悪、地球そのものが消失しても生き続けなければならないとしたら…未来永劫、一人寂しく生存し続けることになってしまいます。

考えてみるだけで、気が遠くなるのではないでしょうか。
 
 
 
シンプルに考えれば、魅力的に感じる不老不死なのですが、そんなことより恐ろしい未来が待ち受けているように思ってしまいます。

例えば、不老不死が現実の物になって、誰かに奨められたにせよ、おいそれとは不老不死になることは、慎重に考えた方が良さそうです。