お肌の老化防止の食べ物を紹介します!

お肌の老化防止

歳をとるというのは、嫌なものですよね!

シワシミがたくさんできて、鏡を見ることが嫌になってしまいます!

ですが、常日頃の食べ物で、ちょっとでも、シワやシミが、改善できるとすれば嬉しいと思いませんか?

本日は、肌の老化防止してくれる美味い食べ物に関しまして、紹介したいと思います。
 

肌の老化の原因とは何?

 
包丁で切ったリンゴが茶色く変色してしまう、クギが錆びるのと一緒のように、肌の細胞も活性酸素から、酸化(サビつき)して、衰えて、老化ししてしまいます。

活性酸素というのは、肌のハリとか弾力を保つコラーゲンやエラスチンを変性させ、しわ・たるみをもたらす原因となります。

何にも増して、紫外線が元となる活性酸素の影響というのは、シワ・タルミになる非常に大きい原因となります。

肌に紫外線があたることから、強い活性酸素が、大量発生して、その活性酸素が肌を老化させ、シミを生じさせているのです

肌の老化を防ぐためには、活性酸素を除去すること=【抗酸化】が重要になります。

「抗酸化物質」が備わっている食べ物を摂ることによって、老化防止ができるのです!

老化防止にはどうしても「抗酸化」が不可欠になります!

このポイントだけ行っていれば、特に変わったことは何もしなくてよいのです。

ではでは、今から肌の老化を防止するための食べ物を紹介したいと思います。
 

お肌の老化防止するための食べ物①:『ダークチョコレート』

 
ダークチョコレート
 
チョコレートを食べることによってお肌の老化防止ができる……なんてまさしく一石二鳥と言えますよね!

カカオフラバノールを多く含んでいる、ダークチョコレートを食べることにより、お肌のざらつきが改善してしまい、ハリが出てくるとされる実験結果があるようです。

かといって、パクパク食べないで、カロリーが影響を及ぼさないくらいの量にしましょう。

ミルクチョコレートに関しては、糖質が多いことから、買う時は、カカオ含有率が高く、糖質の低いチョコレートをお選びください!
 

お肌の老化防止するための食べ物②:『ケール』

 
ケール
 
栄養素が豊富に入ったケールについては、最近ではヘルスフード愛好者たちに大きな注目を集めている野菜です。

ビックリすることに、カップにほんの1杯のみで、常々のビタミンCとビタミンAが130%以上も摂れてしまうとされる優れものになります。

さらに、肌の老化を増進させるフリーラジカル有害な作用を吸収するという、ルテインやゼアキサンチンといった栄養素も大量に含むのだそうです。

サラダや炒め物、スムージー等、広く使えることから、料理法を研究してみた方が良いですね。
 

お肌の老化防止するための食べ物③:『オリーブオイル』

 
オリーブオイル
 
健やかな油分というのは、お肌のハリと輝きに欠かせない存在になります。

健康に良い不飽和脂肪酸をたくさん含んでいるオリーブオイルというのは、他の油とはまったく違うオイルになります。

オリーブオイルを毎日、小さじ2杯分摂った女性は、摂る量が少ない女性と比べて、3割以上お肌の老化の予兆が少ないとされる研究結果が出たと言われています。

日本人の食生活においては、あんまり馴染みの少ないオリーブオイルではありますが、サラダドレッシングを作るとか、パスタの調理に使うとか、摂る方法を考えているそうですね。
 

お肌の老化防止するための食べ物④:『イワシ』

 
イワシ
 
オメガ脂肪酸(ARA・DHA・EPA)が身体に良いことはとうに、よく知られている事実になります。

実は、この栄養素というのは、肌の炎症によって、もたらされる大人ニキビの発生を抑止する他、お肌の乾燥を防止する働きもあるとのことです。

日本人においては、馴染みのあるイワシや、他の青魚を日々の食生活に摂り入れて、オメガ脂肪酸を摂りましょう。

DHAは脳の働きをサポートする役割も可能とすることから、脳の老化揃って防げると考えられます。
 

お肌の老化防止するための食べ物⑤:『緑茶』

 
緑茶
 
抗酸化作用があるカテキンをたっぷりと含む緑茶を思い切り飲むことによって、お肌のハリとツヤが良い状態にできるとされる研究結果があるというのです。

外見が若く見られる日本人だとしても、秘密は緑茶となっているのかも知れません!

緑茶というのはダイエット効果もあるそうなので、1日何杯か飲むということを習慣化してみてはどうでしょうか。
 

お肌の老化防止するための食べ物6:『豆腐』

 
豆腐
 
イソフラボンが沢山含んでいる、私たち日本人の食べ物に馴染みのある豆腐については、お肌のハリを良くして、シワを予防する効果がある事が実験で明らかになったのだそうです。

イソフラボンというのは枝豆においても、沢山含んでいますが、基準としては、1日約170グラム摂るとと良いのだそうです。

夏のシーズンは枝豆や冷奴によって、イソフラボンをたやすく摂る事が出来そうです。

ここまでが、容易に料理に取り入れられて、お肌の老化防止効果がある、美味しい食べ物を紹介しましたが、どうでしょうかq?

夏の間はとにかく、紫外線でお肌がダメージを受けやすいことから、こういう食べ物をうまく摂り入れて、内部よりの美肌としても一生懸命に取り組んで貰いたいですね!