過走行車の燃費悪化の原因とは?!

過走行車の燃費悪化の原因とは?!

過走行の車は、燃費悪化するとされていますが、その原因が分かっている人というのは少ないかもしれないですね。

ですので本日は、過走行の車の燃費悪化の原因と、過走行の車の燃費を良くする方法というのを紹介したいと思います。
 

過走行の車の燃費悪化する原因とは?

 
10万㎞を超える、過走行の車の燃費悪化する主な原因としては、「部品の劣化。」「アクセルを踏んでから、走るまでに時間が掛かることになる。」「エンジンオイルが古くなる。」の3つを挙げられます。

走行距離が増えれば増える程、、エンジンやサスペンション・ブレーキ・タイヤといった部品が、摩擦によって劣化していくのです。

燃費に影響する部品が劣化することにより、本来の性能を発揮する事が行えなくなりますので、間違いなく、燃費性能も低下します。

それぞれの部分の劣化度合いを確認するには、専門の知識が不可欠ですが、タイヤが劣化しているかどうであるのかについては容易に確かめられます。

溝がすり減ってきているタイヤあるいは、空気圧が低いタイヤで運転していると、燃費が悪化しますことから気をつける必要があります。

ガソリンの消費量が特に多くなるというのは、アクセルを踏み込み、大きなパワーを使う時になります。

停止状態から急発進したり、追い越ししようとして急加速されたり、急な坂道を上ったりする場合は、ガソリンの消費量が多くなるのです。

過走行の車については、エンジン周囲の部品が劣化しているので、アクセルを踏み込んでからパワーが駆動系に伝わるまでに、タイムラグが発生することがおこります。

そうなってしまうと、更に多くのパワーが必要となり、ガソリンの消費量が増えることから、結論として、燃費が悪くなるというわけです。

走行距離が10万㎞以上程度から、もうすぐ車も寿命と考えて、メンテナンスを横着するドライバーも多いのではないかと思います。

エンジンオイルの交換を横着していると、オイルが古くなってしまって燃費性能を下げる原因となってしまいます。

一方で、エンジンオイルを周期的に交換するだけで、燃費を良くするだけじゃなく、車の寿命を延ばす事も可能なのです。

古くなりつつある車に、お金を費やしたくないと、考える人もいそうですが、当面の間、継続して乗る予定であるのなら、エンジンオイルの交換については、一定サイクルでしといた方がよいと思われます。
 

過走行車の燃費悪化から改善するポイント①『タイヤの空気圧を上げる。』

 
タイヤの空気圧が低いと、タイヤの接地面が増加して、摩擦抵抗が大きくなっていきます。

そうすると、車が前進する動きに、一層多くのパワーが要されて、ガソリンの消費量が増します。

タイヤの空気圧を、適性値よりも若干、高くしておくことで、摩擦抵抗が減少して、ガソリンの消費量を減らすことができるので、燃費がよくなります。

次回、ガソリンスタンドに寄った時は、タイヤの空気圧を確認してみましょう。
 

過走行車の燃費悪化から改善するポイント②『エンジンオイルを周期的に交換する。』

 
エンジンオイルの交換基準というのは、5,000㎞走行するごと、あるいは6ヶ月に1回とのことです。

エンジンオイルを周期的に交換しておくことによって、内部パーツがストレスなく動くことから、燃費効率が向上して燃費が良くなります。

エンジンオイルが古くなってしまうと、車のパワーが悪くなったり、オーバーヒートの危険性が増えますので、一定間隔ごとの交換がオススメです。
 

過走行車の燃費悪化から改善するポイント③『急発進・急停止をしない。』

 
安全運転のというポイントからも、急発進・急停止はできることならしないのが一番良いはずです。

急発進・急停止というような車のパワーをすごく消費させてしまう運転をやっていると、燃費がどんどん悪くなっていくでしょう。

過走行車の燃費が気掛かりな人については、あせらずにゆっくり、アクセルを踏み、加速することや、車間距離をきちんと取り、無理がある追い越しを行なわない事などに努めて、安全に運転するようにしてください。
 

過走行車の燃費悪化から改善するポイント④『5㎞未満の短距離走行を控える。』

 
近距離の走行については、エンジンがきちんと温まるより前に走行が終了してしまうことになってしまいます。

これを何度も何度もやっていれば、燃費悪化に繋がってしまいます。

より一層、エンジンオイルの劣化も進んでしまいますから、こういう車の使用する方法は明確におすすめしません。

5㎞未満の場所であるのなら、車を使うのではなく、自転車あるいは他の移動手段を活用してみることもいいかもしれませんね。
 

過走行車の燃費悪化から改善するポイント⑤『車内に荷物を置かず軽量化をはかる。』

 
車に荷物を積みすぎて、車重が重くなることで、それが原因となり、燃費悪化します。

車内においては、できるだけいらない荷物を積まないようにした方が良いでしょう。

旅行によって、必然的に荷物を積まざるを得ないときには、トランクにどれもこれも詰め込むことはしないで、前の座席にも置くなどすることで、できるだけ重さが偏らないように分散させると良いでしょう。

トランクが重くなってしまう事で、車体が上向きとなり、空気抵抗が増えることから、燃費悪化してしまします。

車体のバランスを良くすることによって、燃費悪化する事を軽減させることが可能なのです。
 
 
 
過走行の車の燃費悪化することは、「燃費性能と関連するパーツの劣化」「アクセルを踏んでから駆動系にパワーが伝わるというのが遅くなること」「エンジンオイルの劣化」などが原因となります。

過走行車でも、燃費性能を良くする方法はあるので、可能なものがあるならば、ぜひとも行ってみて下さいね。