癖・仕草でその人の性格と意味が分かる心理学とは!?

癖・仕草でその人の性格と意味が分かる心理学とは!?

「皆さんは、人の心理が読めたらな・・・」と思ったことないでしょうか?

表面では笑顔だとしても、心の中では、どんなことを考えているのかは、さっぱりわからないものとなりますが、なんと、ある癖や仕草を観察することから、今、あなたが向かい合っている人がどういうことを考えているのかが、分ってしまうのです。

本日は、「癖」「仕草」を観察する事で、相手おいて、本当は何を考えているのか?どんな性格なのか?が分かるための心理学を紹介したいと思います。
 

癖・仕草で分かる性格と意味①『鼻を触る。』

 
例えば、相手が自分の鼻を触り始めたら、その仕草はあなたに対し、ウソを言っているか、でなければ、何かしら秘密を隠し持っていることが考えられます。

会話のさなかに、もしも鼻を触りはじめたとしたら、その話については嘘や、ばれたくない真実を隠している可能性があります。

不思議なことに、私たちの体というのは、嘘をつくことで、カテコナールアミンとされる物質が分泌されるのです。

この物質が分泌されることで、鼻の内部組織が拡張して、鼻がムズムズしだすのだそうです。

そんなわけで、おのずと、鼻に触れてしまうのです。

ですが、鼻を触ったという事で、間違いなく悪い事のみではないです。

一例として、サプライズプレゼントを準備している恋人や、お母さんに陰ながらお手伝いをするために子供というのは、かけがえのない人のために隠し事をしているので、そういった時も鼻に触れてしまうかもしれません。

相手が鼻を触り始めたとしたら、一括りに「悪巧みを行っている」という様には、決めつけないで、ちょっと様子見るというのも良いのではないでしょうか。
 

癖・仕草で分かる性格と意味②『よく瞬きをする。』

 
例えば相手が、むやみに瞬きをしてしまうとすれば、これについては相手が消極的になっているとも考えられます。

人は緊張を伴うと、意識をしていないさなかに、瞬きの数が増えるそうです。

仮に相手の瞬きの回数が増したとするなら、こちら側が会話の主導権を掌握し、一斉に交渉を畳み掛けてしまうというのは、ビジネス手段として、用いられる戦略なのだそうです。

ですが、異性と会話中に見受けられる瞬きにおいては、違った意味があったりするかもしれないのです。

というのも、相手があなた自身に恋愛対象となって好意を持っている時だって、瞬きの回数が増加傾向になるためです。
 

癖・仕草で分かる性格と意味③『頭を掻く。』

 
誉めらえれた際に、頭をポリポリと掻く、というような仕草は、漫画なんかでも、ありがちなリアクションではないでしょうか。

それに関しては、褒められたことについて、嬉しいと実感した感情を、照れ隠しする為に見られます。

「誉められて実際にはすごく嬉しい!ですが、あからさまに喜ぶというのはどうにも恥ずかしい!」とされる気分なんだと思います。

実のところ、この頭を掻く行動日本人独特なリアクションなんだそうです。

海外では照れた際、鼻を掻いたりとか、顎をさすったりしているそうですよ。

国が違うと、掻く場所が変わるというのは、何だか面白いですよね!
 

癖・仕草で分かる性格と意味④『頷く。』

 
あなたがご自身で誰かと話ている時、あなた自身の話に「うんうん」と頷きつつ意識を集中させてくれていたとすれば、それについては、あなたの話をしっかり聞いているように感じられますよね。

ですが、万が一、相手方の頷きが、話の切れ目とは無関係に「うんうん」と頷いていたとすれば、それについては、その人があなたの話をこれっぽっちも聞いていない、とされるガッカリな根拠になります。

相手はあなた自身の話にウンザリしていますし、話の中身に興味がないのでしょう。

例えば話をしている時に、相手がこの様な態度を見せ始めれば、会話の中身を変化させると良いかもしれません。

この他には、自分の話に対して、自身で頷く人というのは、自信家とされているそうです。
 

癖・仕草で分かる性格と意味⑤『独り言が多い。』

 
買物中や何かしら探し回っている時、「どれが良いかな~」「どちらにあるのかな~」といったように、ブツブツ独り言を言う人というのは、脳の後退が心配です。

普通であれば、私たちは大人になったら、声を出す必要がある言葉と、それではない言葉を分類し、意識の中のみで済む言葉を、話すことはないですが、脳が発達まっ最中の子供については、頭で意識した事をおのずと声を出してしまうのです。

そのため、大人が独り言を言うのは、脳が大人から子供に後退してしまっている証拠になるのです。

他には、別の説だと、人というのは、虚しさや孤立感を感じられた際、独り言を言うのだそうです。

孤独感を紛らわすことにより、独り言を言うことで、自分自身に刺激を与えているそうです。

孤独を感じる時の独り言・・・おぼろげに、自分自身に覚えのある人も多いのではないでしょうか?
 

癖・仕草で分かる性格と意味⑥『タバコの消し方。』

 
アナタの周囲には、タバコを吸う人が居たりするでしょうか・・・?

何を隠そう、タバコとされるのは、人の心理を見透かす絶妙なグッズなんだそうです。

タバコの吸う人の心理を見定めるには、タバコの消し方に目を向けてみたらいいと思います。

タバコの火を灰皿にぐりぐりと押し当てて消す人というのは、我が強く、完璧主義者であることがほとんどです。

どんなことであっても、目標を成し遂げるまで、しっかりと努力をするはずです。

ですが、完璧主義者であればこそ、物事が意のままにいかない場合は、イライラする気持ちを感じやすい様です。

一方で、タバコを折って消す人というのは、柔軟性のある発想の持ち主だと言われています。

自由人ではありますが、いくぶん短気な面があるみたいなので、他人のペースに合わせる事が得意じゃないかもしれないですね。
 

癖・仕草で分かる性格と意味⑦『靴下のにおいを嗅ぐ。』

 
皆さんは、履いていました靴下を脱いでから、靴下のにおいをなんとなく嗅いでしまうってことはないでしょうか?

ちょっとばかり気恥ずかしくて、人に言えないですよね。

ですが心配されないでください。

使用済みの靴下のにおいを嗅いでしまうというのは、自然のことになるのです。

というのも、私たちが、自身のにおいを嗅ぐということは、動物がご自身のにおいを嗅いで、アイデンティティを確認するのと一緒だからです。

そのように、臭い靴下のにおいを見極めることから、「汚れが排出された」とされる安心感も得ているのです。

例をあげると、鼻をかんだ後のティッシュの中身を確認したり、用を済ませた便器の中を覗くということも一緒のことです。

これらについては動物的で、自然の行為になるので、「自身におかしなクセがある」と意識する必要はそれほどないという事ですね。
 
 
 
人が現すちょっとした行動においては、さまざまな心理が隠されていたのですね!

人の行動と心理の関係を理解できれば、相手が実際のところ何を考えているのかを知る事ができちゃいますし、あるいは、ご自身の心も覗かれてしまうことも、あったりするかもしれないですね。