夜、食べると痩せ体質になってしまう食べ物とは!?

体重計に乗る

今よりも、10キロ体重が少ないとしたら、そのように思ったことないでしょうか?

けれど、食事制限と運動のみでは、とてつもない努力が必要とされる感じがして、なかなか、痩せ体質になるように感じませんよね。

予想外のリバウンド等に、悩むかもしれません。

そうならないために、着目したいのが、成長ホルモンになります。

夜は脂肪をためるホルモンの分泌がたくさんある中、成長ホルモンというのは、消化を但し、痩せ体質になるのに有力な、夜に活躍するホルモンになります。

本日は、夜食べる事で、成長ホルモンを分泌させやすくする、痩せ体質になるための食べ物を紹介したいと思います。
 

夜食べると痩せ体質になる食べ物①:『バナナ』

 
バナナ
 
バナナというのは、1本約100kcalくらいですが、腹もちが良く消化しやすい性質を持っているのです。

他の何よりも、成長ホルモンの分泌を増進させる成分が豊富にあり、プラス食物繊維もたっぷりと含んでいるのでぜひとも摂りたい食べ物だと言えます。

そして、甘さも感じられることから、夜甘い物を好く欲した際には、バナナでその欲望を阻止する事ができるのです。
 

夜食べると痩せ体質になる食べ物②:『はちみつ』

 
はちみつ
 
はちみつについては、大さじ1杯のみで、成長ホルモンの分泌を促進する事ができるのです。

加えて、体脂肪を燃えやすいようにしてくれます。

ビタミンBアミノ酸ミネラルを沢山含み、良質な睡眠を誘う効果があって、まさしく夜にオススメです。

はちみつを選択するといった場合、加糖されてない、純粋なはちみつを選んでください。

そのまま摂ることに、抵抗があったり、冷え性の人に関しては、寝る1時間前にお湯に溶かして飲むことにより、同じ効果が得られるでしょう。
 

夜食べると痩せ体質になる食べ物③:『ヨーグルト』

 
ヨーグルト
 
ヨーグルト寝る前に食べることにより、眠っている間に行なわれる整腸作用を助けるのです。

ヨーグルトについては、そもそも悪玉菌を軽減させ、善玉菌を増加させる効果があることから、腸内の環境が修復されます。

消化吸収が促進されることから、基礎代謝量が上昇します。
 

夜食べると痩せ体質になる食べ物④:『豆腐』

 
豆腐
 
米のような炭水化物は、睡眠中に脂肪に変わってしまいやすいですが、豆腐については、たんぱく質や食物繊維がたっぷりなだけでなく、満腹感もありますから、夜ごはんの白米の代役として食べるというのも、ダイエットにはおすすめです。

小腹が減った時、少なからず食べすぎが気に掛かった際のコントロールにおすすめなのが豆腐になります。

栄養価が高くヘルシーとして有名な豆腐。

更に、女性ホルモンの分泌を促進することから、イライラの解消・防止などについてもよいでしょう。
 

夜食べると痩せ体質になる食べ物⑤:『納豆』

 
納豆
 
原材料については大豆になります。

何にも増して、発酵食品の納豆については、乳酸菌が沢山含んでいることから、腸内環境を整えるのに最適です。

溜まった老廃物などをすっきり排出するように、促進してくれるのです。

納豆に含んでいる、ナットウキナーゼといった成分については、血液をサラサラにする効果が伴い、何にも増して、夜食べることによって、睡眠中の血流を促進させてくれますので老廃物が停滞し辛くなるのです。

そして納豆に含んでいるポリアミンとされる成分については、基礎代謝を上げる効果があって、ダイエット中においては、何よりおススメとなります。
 

夜食べると痩せ体質になる食べ物⑥:『おかゆ』

 
おかゆ
 
消化に良い事と、低カロリーな、おかゆについては、ダイエット中の晩ごはんには最適になります。

その水分の豊富さや、暖かみで、満腹感を得ることができます。

かつお節、昆布、梅干し等を、つけ加えてゆったり堪能しながら食べましょう。

味に変化が欲しいと思ったら、出汁で炊いたりとか、白菜あるいはキノコ類などのような野菜をプラスして、煮てぞうすいにしたり、ひとひねりを加えてみてはいかがでしょうか。
 

夜食べると痩せ体質になる食べ物⑦:『スープ』

 
野菜の具だくさんスープ
 
豆乳スープであったり野菜の具だくさんスープというような暖かいスープについては、消化し易く、栄養価も高水準のため、ヘルシーで満腹感もあっておススメになります。

スープを飲むことによって体が温まり良質な睡眠を得る事もできるのです。

スープの具材というのは、体を温める効果がある根菜類がおススメです。

晩ごはんの時間が遅くなってしまったり、体が重いという際は一定期間を規定して晩ごはんを具だくさんスープに変更することなども良いと思います。

和風だし味噌中華風コンソメトマト風味であるとか、味のバリエーションを変えたりし、満足しつつ、食べられることから、うんざりすることなく持続できるのではないかと考えます。