宇宙の究極の謎!ダークマターとは!?

宇宙に存在するダークマターとダークエネルギー。

宇宙を構成している物質の中で、私たちがわかっているものは、僅か5%程度。

それらの他にも95%の物質というのは、実のところ依然としてよく分かっていません。

要するに、宇宙の95%については、謎に包まれているのです。

この認識していない95%というのが、ダークマターとダークエネルギーというものになります。

ところがまるで分からないと言えば、なおさら知りたくなっちゃいますよね?

そういうわけで、本日は宇宙の究極の謎とされる物質、ダークマターに関しまして紹介したいと思います。
 

ダークマターというのは?

 
さっそく、ダークマターというのは、どういう物質であるのか、シンプルに説明をさせて頂きます。

ダークマターというのは、日本語で『暗黒物質』と言われているのです。

宇宙の27%くらいを占有する謎の物質になります。

電気的においては、中性の性質を持っているので電磁波における観測ができなくて、現時点での技術だとすれば観測できないのです。

ですが、ダークマターがなければ、宇宙の存在そのものが怪しくなってしまうので、「観測についてはできないけれど、存在するだろう」と言われているのです。

この存在において、一番最初に目をつけたというのが、フリッツ・ツビッキーだったのです。

「ダークマターは目に見えないが、重力だけを及ぼす」という説を唱えたのです。

しかしダークマターというのは、まったく注目されずで、研究がブームとなったのは1970年代に入ってからです。
 

ダークマターとダークエネルギーの違いというのは?

 
ダークマターとダークエネルギーというのは、何が違うと言えるのでしょうか?

ダークエネルギーについては、宇宙の約68%を占有しているのです。

宇宙の膨張の速度というのは、現在でも加速し続けていると言われてるのですが、仮に重力のみが働いているとしたら、膨張の速度というのは落ちることになるはずです。

ですが現実的には、膨張の速度は加速し続けていて、重力に反発する斥力が働いていると考えられます。

この斥力を発生させているというのが、ダークエネルギーなのではないかと推測されているとのことです。

ダークエネルギーについては、宇宙全体に溢れていて、宇宙が膨張する度毎に、増していると思われます。
 

ダークマターの正体というのは?

 
だとすれば、ダークマターの正体というのは、果たして何なんでしょうか?

ダークマターについては、さっきも紹介したことからもわかるように、目には見ることができません。

ただし、その正体に関しまして、何パターンかの候補というのは挙げられているのです。

1つ目は、未発見のブラックホール中性子星白色矮星褐色矮星が沢山存在するというような可能性になります。

ところがこれは、現在のにおいては、それほど、有力というふうには考えられていないです。

現時点で、一番有力視されているというのが、未発見の素粒子の可能性になります。

どうしてかと言うと、素粒子そのものが依然として分かっていない事が多く、「素粒子というのはこのようなものである」とされる..一般の理論である「標準理論」も、現在でも「そうかも知れない」とされる段階だということです。

これに伴い、見つけられていない素粒子が存在したとしても、何一つ不思議ではないのです。

こういう標準理論では断定できない素粒子の事を、「超対称性素粒子」と言います。

これらに関しては、標準理論の素粒子の、相方的なものだとされていますが、依然としてどれもこれも見つけ出されてはいないのです。

現在では、ダークマターだろうと推測されているのですが、電磁波との相互作用もの凄く弱いという素粒子「WIMP」の一種、あらゆるものもすり抜けるとされる素粒子「ニュートラリノ」などです。
 

ダークマターが存在する証拠。

 
ですがダークマターというのは、確認することができないのに、「存在する」とするなんて、どうにも納得がいかないですよね?

けれど観測不可能とは言え、「存在する」とされる証拠は、幾つか発見されているとのことです。

その何より大きな証拠が、「ダークマターがなければ、宇宙が成り立たない」といったもの。

そのうちのひとつに、銀河団の運動があるのです。

銀河団の中にある運動を調査してみると、どれもこれもバラバラな方向に活動的に動いていることから、銀河が銀河団から飛びだしてしまうという事はありません。

これはダークマターが、強い重力で、銀河を引き留めているためだと思われます。

現代においては重力レンズによって、ダークマターの質量が測定されていて、銀河団を包むダークマターの分布も分かっています。

目には見えないのですが、「存在する」というのはほぼ確定されています。

ダークマターにつきましては、宇宙解明の鍵を握る物質になります。

ダークマターというのを解き明かせれば、宇宙のたくさんの謎が解明できる考えられます。

現時点での技術においては、依然として難しいのが現実なのですが、なお一層、化学が進歩しダークマターをダイレクトに観測出来れば、宇宙の謎の解明に一歩近づくのではないでしょうか。

みなさんはダークマターあると思われますか?

あるいは、ないと思われますか?