宇宙の果ての距離とはどれくらいか!?

宇宙の果ての距離

私たちが暮らしている、この地球において、過去には巨大な恐竜達が住んでいたのです。

そのような恐竜たち絶滅してしまったというのは、現在から約6600万年前の白亜紀とされる時代になります。

この頃に、直径10㎞とされる大規模な小惑星が地球に激突して、その衝撃から、恐竜たちどころではなく、地上の80%の生物というのは、死滅してしまいました。

ですが、その時代、全くもって弱々しい存在だった哺乳類の祖先については、そのような巨大生物から逃げ出すかのように、穴の中において生活をしていたことから、結果的に生き延びることに成功しました。

それ以降、6600万年と長過ぎる長い期間の間に、人間あるいはその他の哺乳類にかけて分化していったというわけです。

ちなみに、海中におけるあの大きなクジラも元をたどれば祖先というのは、人間と一緒のネズミがかった生物だったのです。

それはさておき、どうしてこのような話をしたのかと言うのは、その約6600万年とされる年月というのは、約100年程度しか生きられない人間からすれば遥か昔々の出来事になってしまいますが、まさに御年138億歳というような宇宙からすれば、そういったことはほんのちょっと前かのような事になります!

ですので、地球が存在している宇宙空間というのは、現在から約138億年前に誕生したことが分っているのです!

それを踏まえて、気になることがあります。

それは宇宙の果てというのは、現時点で、どれだけ離れた距離なのだろうか!?

宇宙の果ての向こう側というのは、果してどうなっているのか気になってしまいますよね。

そんなわけですから、本日は、その宇宙の果てその向こう側に関しまして紹介させて頂きます!!
 

宇宙の果てまでの距離はどのくらい?

 
現在から、約138億年も前に宇宙の始まり、大爆発「ビッグバン」を発生させ、超高温超高密に至った豆粒にさえ及ばない小さな空間が、急膨張を成し遂げた結果として、誕生したというのがこの宇宙空間になります。

その空間の膨張速度については、びっくりすることに、私たちが理解できる中において、最速とされる「光」を上回って速く進んでいたかもしれないのです。

今日現在で、その宇宙空間の果てに達するまでの距離というのは、どのくらいと推定されているのかと言えば、なんと宇宙の果て(観測できる宇宙の果て)は今の時点で「約470億光年」だと推測されているのです。

簡単に言うと、1秒で地球を7周半も進んでしまいます光の速度だとしても、その果てに掛けて到着するには、470億年という時間が掛かるということです。

ビッグバン138億年前に生じたことは、その爆発、それによって発生した光も、138億光年のみしか進めないことになりますが、宇宙の果てに至るまでの距離については470億光年と推測されているのです。

これのみでも、宇宙が光より遥かに速く進んでいることが分かりますよね。

要するに、現在も宇宙のはるか彼方では、その果てに向けて、一心不乱に進んでいる光がたくさん存在しているということです。
 

470億光年ってどのようにして分ったのでしょうか?

 
宇宙の年齢というのは、138億年だという事と、その宇宙の果てに及ぶまでの距離が470億光年については、いずれにしてもそれで良いとしても、その470億光年とは、そもそも、どのようにして、分ったのかということが非常に気がかりですよね。

しかしながら、実のところ、この470億光年とされる距離については、現実的な宇宙の果てではなくて「観測することができる宇宙の果て」だそうです。(現実上の宇宙の果ては更に更にず~と彼方に存在することが考えられる)

それでは、これというのは、実際、どのようなことを意味するのかといいますと、、、宇宙ビッグバンとされる爆発が起源となっているとつい先ほど、言ったのですが、この大爆発により、誕生した熱とは、もう言葉では言い表せられない感じのもので、びっくりすることに、光より更に速く進んだといわれるその宇宙空間が、「3000K(約2730℃)」に冷えるまでに必要だった時間が、約38万年だとされています。

すると、それくらい過ぎてやっと、電子や原子核が融合し、原子が作れるようになって、光子については、電子との相互作用を免れる事ができて、長い距離を進むことが出来るようになったと考えられます。

わかりやすく言うと、、宇宙が始まったそれ以後、光が光ということで、進めることとなるまでに、38万年も必要だったということなのです。

その38万年をどのように導いたというのかというのは、今回に関してはそっとしておくことにします。

更に、その空間からいよいよ光が放出された時には、その観測することができる宇宙の果てという場所までは、地球から大体4100万光年も離れた距離にあるとのことです・・・かなり難しい話なのですが、かなり分かりやすく説明すると、何はともあれ、私たちの暮らしている地球というのは、ビッグバンの瞬間から、ある特定の場所に存在すると思ってみてください(仮定の話なので、実際には違いますよ。)

そして、その周囲では、宇宙が円を描くように、地球を中心に止まることなく外側へ拡大していると仮定します。

この時点で、光子というのは、進む事が不可能ですから、宇宙の果ての膨張にひきずりこまれつつも、地球からスピーディに離れていってしまいます。

すると、38万年経過して、ついにその光子というのは、その宇宙空間を行き来できることになって、宇宙の果ての方から、地球やその他ありとあらゆる方向にかけて一斉に進み出すことが出来ることになります。

そして、この時点で、その光源が存在したのが、地球から約4100万光年離れた場所だったのです。

ですが、そのは、結論から言うと、4100万年で地球に到着するわけではなく宇宙の膨張の影響によって、地球に到着するまでに138億年とされる時間が掛かっているのです。

そしてこの138億年において、その光源が存在する場所については、更に、地球から470億光年離れた場所に至るまで、遠ざかってしまったと考えられます。

言ってみれば、まさにこの470億光年というのは、光がようやく進み始めた場所、ということで、最果てということから、「観測可能な宇宙」と考えられるのです。

要するに、私たちが認識したいウソ偽りない宇宙の果てというのは、もっとず~と彼方にあることになるのです。

そして、その470億光年とされる数値というのは、分かりやすく言うと、138億年掛けて、地球に光が降り注がれるまでの時間とその期間中膨張したという宇宙の距離を加味することにより、導きだされるとのことです。
 

宇宙の果ての向こう側に何があるのだろうか?

 
ではでは、私たちがものすごく知りたい宇宙の果てが現在、どこに存在するのかというのは、実のところ現段階では分かりようがないのです。

そして、そのような宇宙の向こう側については何が存在しているのかというのも、現在に至るまで生まれた天才と言える人間は集めても分からないということでしょう。

なぜかと言えば、人間というのは、断じて光より速く進むことも不可能だというのに、宇宙はその光よりも速い速度で進んでいるというわけですから・・・。

そんな意味から、宇宙の向こう側には何が存在するのかというのは、基本的に推測する事しかできないでしょうが、夢中になってそういった世界に関して考えれば、心の底から「世界」というのは何になるのかという事が恐ろしくなります。

人類については、宇宙内においてゴマ粒以下の「銀河系」から出ることさえ不可能なのに、その外側には、果てしない広さの宇宙が存在して、その外側であろうとも、ひょっとしたら意味不明な空間が拡大していて、更にその外側にも、更に更に広い空間が存在しているのかもしれません。

ひょっとしたら、私たちが、果てしないと思われる宇宙すらも、ゴマ粒以下の存在という可能性もあります。

そもそも、誰がこのような世界を構築したのでしょうか、皆さんは、どう思うでしょうか?