転職しそうな人の特徴とは!?

会社を辞める!転職しそうな人

みなさん、会社の同僚あるいは先輩、後輩で最近になって、なんとなく雰囲気に違和感がある人・・・いたりしませんか?

仕事というのは、リアルにやってみないことには、その会社のやり方というものは事細かにわからないですよね?

頑張ったとしても評価されない、評価されたとしても給料は据え置き・・・このようなことが繰り返されると、結局のところ自分にもその会社にもデメリットとなってしまいます。

それを解消する方法は・・・そうです!

転職以外に考えられませんよね!

本日は、会社を辞める。転職しそうな人の特徴を紹介したいと思います。

ひょっとしたら、あなた自身がその特徴に属しているかもしれませんね。
 

転職しそうな人の特徴①:『生活環境の変化』

 
恋人が出来たり結婚をしたのなら、給与面毎日の帰宅時間不平があることもあり得ます。

ちょっとでも恋人あるいは家族と共に過ごしたい、より一層、生活に余裕を得たいなんて考えると、結局のところ転職に結び付く事も増えることになります。
 

転職しそうな人の特徴②:『やる気がない。』

 
大っぴらに、やる気がみられなくなった人というのは、注意が必要です。

もうすでに、今の仕事が苦痛で苦痛でたまらなかったり、とっくに転職先が決まってることだってあり得ます。
 

転職しそうな人の特徴③:『有休消化』

 
現在に至るまで、有給休暇の話を一切してなかった人がちょくちょく有給を消化しだしたら、これについては転職を踏まえているシグナルと言えるかもしれません!

それをあますところなく、消化する際には、その人については、もはや会社を辞めている確率が高いと言えます。
 

転職しそうな人の特徴④:『遅刻、早退が増えた。』

 
どんなことがあっても、日頃、朝においてはちゃんと、出勤してた人が、いきなり、遅刻が多くなったり、奇妙な時間に早退をしてしまうようになれば、実に転職先に向けての面接等に行っているのかもしれません。

遅刻をしてきたのに、表情が明るかったら面接で手ごたえを感じ取ったのかもしれませんね。
 

転職しそうな人の特徴⑤:『反対意見を言わなくなった。』

 
会社である課題で意見が分かれた際、これまでは、相互の意見交換をして、自分の意見を突き通していた人が、急に、ありとあらゆる意見に合わせるようになった場合となると、これについては危険なシグナルかもしれないですね。

とっくに転職が確定していたとしたら、その意見がどうであっても、関係がないと思う人というのは多くいるのです。
 

転職しそうな人の特徴⑥:『無駄な接触を避ける。』

 
転職をしてしまうと、現在に至るまでの同僚との交流がゼロになる事だってかなりあります。

言うまでもなく、職場が異なると仕事の話もしてもらえなくなることから仕方のないことですよね!

心底仲が良い数名を除いて、交流を回避するようになりますと、危険かもしれないですね。
 

転職しそうな人の特徴⑦:『行動が変わった。』

 
もしも、これまでランチも1人で食べていた同僚が、誰かと複数人とランチするようになったりとか、反対に1人でランチしてしまうようになった時、このことは転職のシグナルかも知れません。

転職の意見をもらったり転職が決まっていて、今後は会社の人とは、話したくないと思ってりいることもあり得ます!
 

転職しそうな人の特徴⑧:『常に機嫌が悪い。』

 
これというのは明確な態度ではありますが、もう嫌気がさして辞める会社だとしたら、ありとあらゆる事がウンザリする人もいるというわけです。

1日でも、早急に退職したいとされる現れかもしれないですね。

こうなってしまうと、いくら頑張っても、逆効果でこっちが不快となるかもしれないので、放っておくのがベストかもしれないですね。
 

転職しそうな人の特徴⑨:『服装が変わった。』

 
突然に、服装がセンス良くなった場合だと、退社後に他者との、面接といったものが控えていることも考えられます。

今日に至るまで、そういったことはなかったはずなのに、たちまち、自家用車なんかにスーツを掛け始めたらそれに関しても、転職のシグナルかもしれないですね。

そしてあべこべに、とっくに、転職先が決定されている場合だと、服装がいっきに、だらしなくなることもあり得ます。

もはや、辞める会社なんて、どうでもいいと、いった現れだとも言えます!
 
 
 
今の時点で、仕事をしている会社にいろいろな意味を含めて、満足している人というのはどのぐらいいらっしゃるでしょうか?

クリアーに『どれが答え』ということはないでしょうが、万が一、転職を考えている人は焦ることなく考え決めてくださいね!

1人で決めるのは避けて、一度、同僚や上司アドバイスを求めてみたりすれば、何か良い方向に状況が変化することもあり得ます。

物事というのは、見る観点を変えるだけのことで、がらっと変わることも考えられますからね。