宇宙誕生の瞬間から最初の1秒間。

宇宙誕生から最初の1秒間

私たちは常日頃、1秒とされる、短い時間を気にかける事はほとんどないのではないでしょうか。

ですが宇宙の誕生の歴史からすれば、その最初の1秒というのはこれこそ奇跡の連続なのです!

現在の宇宙の根本原理のほぼすべては、その宇宙の誕生の瞬間から最初の1秒において作りあげられたに違いありません。

意中の起源としては、「ビッグバン」とされている巨大爆発が発生したとされる認識を持つ人が多いのではないかと思います。

実のところ、そのビッグバンというのは、宇宙の種が誕生してから、10の-27乗秒後に宇宙の急膨張が始まった段階を指します。

言ってみれば、本当の宇宙創成の瞬間というのは、そのビッグバンが生じた瞬間というのではないのです。

そこで本日は、その宇宙の誕生した瞬間から、最初の1秒について見ていこうと思います。
 

宇宙誕生の瞬間、一体何が起きたのでしょうか?

 
私たちが暮らしているこの宇宙というのは、現時点から、約138億年くらい前に誕生したというのが明らかになってきているようです。

この宇宙はその誕生の瞬間、不可思議な話となりますが、全くの「無」の世界より誕生したと言われています。

私たちが今日現在、存在している空間では、酸素や窒素というような原子が充満して、光子も飛び交い、現在において観測されたことが無い「ダークマター」も存在しているとされていて、こういったものが今私たちの手にまとまりくっ付いたり、通過を続けて存在しているわけです。

現在、みなさんはスマホやパソコンの画面をご覧いただいていると思われますが、その目と画面といった間にある空間というのは、全くの「無」とは違った環境だとされます。

このようなゼロの状態の空間において、突発的に宇宙が誕生したこと自体は、現代科学からすれば、どうしても説明が出来ないのです。

物理学的にと言うと、「無」という状態というのは、エネルギーは皆無であるものの、一種の「空間のゆるぎ」があると考えられており、これを消す事もまた物理的に不可能であるとされているのです。

更に、そのゆらぎというのは素粒子の生成消滅の繰り返しにより出来ており、このゆらぎが元となるエネルギーというのは、トータルすると皆無なのですが、ゆらぎがあることにより、そのエネルギーには「疎」な部分と「密」な部分ができます。

そして、その密な部分になった空間が「宇宙の種」を作って、じつはこれは繰り返し起きていることになりますが、そのような中で、偶発的に生成した宇宙の種の1つが、トンネル効果により、現実世界に飛び出して、急膨張を開始したと考えられるのです。

私たちの視界にとらえられるような物体が壁をつき抜けるということは確率的にできませんが、ミクロな世界エネルギーがアンバランスになった世界においては、極稀にそのような現象が起きてしまうのです。

ただ、これというのは実際のところ、そういう素粒子が障壁にぶつかった瞬間に消滅して、その波が障壁の反対にまで伝わった結果、それと全く同じ物質が飛び出すことだと言えます。

したがって、ボールを壁にぶつけた場合に、反対から同じボールが飛び出すということはあり得ず、素粒子がかったミクロな世界なので起こる可能性があります。

ですが、ひょっとしたら、私たちが存在する宇宙さえ包み込む「世界」においては、私たちが暮らしているような宇宙がこの他にも存在していてもおかしくはないのです。

ただ、そのような宇宙が他にもあるかそうでないのかを、宇宙の外側に行って確認することなど不可能です。

その理由は、宇宙というのは今も光速より比べ物にならないほど速いスピードで膨張を継続していて、その光速を超えることなどできないのです。

宇宙の誕生の瞬間の後、それから、その何かしらのきっかけとなって誕生した宇宙というのは、その後、「インフレーション」と呼ばれる膨張期間を経ることになるのです。

このインフレーションが始まったことが、宇宙が誕生してから10の-36乗秒~10の-34乗秒後の出来事になります。

この急膨張で、インフレーション前に10の-34乗㎝であった宇宙の種については、一瞬のうちに1㎝以上の大きさに及ぶまで膨張しました。

1㎝だと、一般的に豆粒程度の小さな存在ではありますが、その最初の大きさから考えたら、まさにそれがどのくらい非現実的な膨張であったかというのが認識できますよね。

また、その10の34乗㎝というのは、前の文章で話した電子より驚くほど小さな大きさになります。

そんなわけで、それほどまで小さな世界であったとしたら、トンネル効果というのは、確かに起こりうるかも知れないのです。
 

10の-27乗秒後「ビッグバン」の急膨張が引き起こされる

 
インフレーションから急膨張した宇宙というのは、ようやくビッグバンが引き起こされる間際の、火の玉に及ぶまで成長したのです。

それこそが、宇宙の誕生から10-27乗秒後の出来事で、そのごく僅か1㎝くらいの宇宙については、測り知れないエネルギーに満ち、超高温、功光な状態になりました。

その温度に関しては、10の23乗℃と言ったところです。

更に、そのエネルギーを解き放つかのごとく、宇宙はさらに爆発的に膨張して、これこそが要するにビッグバンと言われているものとなります。

このようなビッグバンが起きて即座に、宇宙はなんと1000㎞という大きさにもなったとのことです。

10の23乗℃というのは、どうにもリアリティに欠ける数値だと言えますが、1兆℃を1兆倍したとしてもまだまだそれには届かないのです。

とにかく、人間が実験的に作ることができかねる空間なことは間違いありません。
 

最初の1秒間に何があったのか!?

 
何気なく訳が分からなくなったのですが、今述べた内容というのは、最初の1秒どころではなく、全くもって0.1秒にも、0.00000000001秒にも及ばないかなり短い時間なのです。

すなわち、あなたが、瞬きするよりとんでもなく短い時間内に、宇宙は「無」の状態から、果てが肉眼からではどうあがいても見えないくらいの遠いエリアにまで大きく膨張してしまったのです。

そのため、実のところ、このポイントから最初の1秒をきめ細かく、説明するためには、測り知れない情報が必要に違いありません。

そのため、最初の1秒間にどのような事が起きたのか、現代の原理からくる出来事の話をしていく事にします。

まずは、先述したビッグバン、それによって、宇宙が急激な膨張を継続する中において、その宇宙の温度は急激に冷えていったのです。

そのようにして、その温度が数兆℃に及ぶまで下がったことこそが、宇宙誕生から10-6から1秒後の出来事なのです。

私たちは、「水素」というような「原子」の存在と、その原子を構成する「陽子」「中性子」がある事を知っておりますが、その陽子と中性子というのは、更に「クォーク」という素粒子から構成されている事がわかっています。

なお、原子の材料に対しては、更に「電子」がありますが、電子というのはそれ自体が素粒子になります。

すなわち、「原子」というのは「素粒子の1つである電子」「素粒子クォークの集合体に基づいた陽子と中性子」の集合体で、できており、その宇宙誕生の瞬間から最初の1秒間には、その粗粒や陽子、中性子である極、小さな存在が誕生したとのことです。

ちなみに、それが凝集して水素っぽい原子が生成し始めたというのが、その宇宙の誕生から約38万年後のことなのです。

ありとあらゆる物質のソースたる素粒子というのは、ほんの僅か1秒も掛からずに誕生したというにもかかわらず、そういったものが凝集して原子を作る迄には、それだけ測り知れない時間が掛かったのです。

その理由は、最初10の23乗℃であった宇宙は1秒掛からずに数兆度にまで温度を下げたのですが、それ以降、宇宙空間が約2700℃に至るまで冷えるのに、38万年という歳月が掛かったのです。

更に、その後、数億年経過してやっと星ができ始め、私たちの住む地球は宇宙の誕生より約90億年経過してから誕生して、プラス約8年後に、私たち人類のおおもとの存在だという生命が地球上に誕生したのだそうです。
 

宇宙の歴史はまだ始まったばかり

 
宇宙の誕生によって、最初の1秒間に広範囲に及ぶ概念が誕生して、これに加えて、約138億年とされる長い時を経て今日現在を生きていることになりますが、実のところ、宇宙の歴史で考えてみると、依然として宇宙は誕生したばかりといって良いほどその歴史が浅いことになります。

規模がデカすぎて、どのようにそれを解釈したらいいのか困難ですが、私たちが生きている数十年から百年余りの出来事なんか、宇宙の歴史で考えた時、記憶にも残るはずもない一瞬にも達しない出来事となるのです。

私たちは、その宇宙の誕生の瞬間をどちらにせよ理論ででなければ述べる事はできないでしょうが、嘘偽りなく、この世界というのは最初何かしらのきっかけとなって誕生したに違いありません。

まさに、それが神の意思によってなのかそうでないかもわからないですが、今日現在、わかっている事は、宇宙がどうやって誕生したのかというのは、永遠に誰にもさっぱり分からないはずだということだけでしょう。