【ダイエット】朝食と夕食前にバナナを食べると痩せる。痩せない?

バナナダイエット

バナナを毎食やおやつのように、食べている方もかなりいると思われますが、バナナを朝食と夕食前に食べることにより、ダイエットも可能なのではないでしょうか。

本日は、バナナがダイエットに効果的な理由、朝食と夕食前のバナナダイエットの方法を紹介したいと思います。
 

バナナがダイエットに効果的な理由①:『栄養価が高く低カロリー』

 
バナナについては、1本当たり約80キロカロリーと低カロリーとなります。

そのうえ栄養価が高く、炭水化物やタンパク質の他ビタミンB群・葉酸・ミネラルであったり、私たちが不足傾向にある微量栄養素をバランスよく含んでいるのです。
 

バナナがダイエットに効果的な理由②:『食欲を抑える効果がある。』

 
食欲抑制と脂肪燃焼効果があるというデータがあるヒスタミン。

バナナについては、脳内のヒスタミン量を増加させてくれるヒスチジンが入っています。

そういうことなら、ヒスタミンが入っている食品を食べた方が手っ取り早いのではないか?と想定しがちでしょうが、実のところ、食品からヒスタミンを直接とったとしても、脳に届かず食欲を抑える効果は出ません。
 

バナナがダイエットに効果的な理由③:『便秘を予防・解消できる。」

 
バナナ食物繊維がたっぷりの果物ということで評価されていますが、話はそれのみではないのです。

食物繊維においては「水溶性」と「不溶性」の2種類を持っておりバナナはこの2つを適度なバランスで含んでいるのです。

まさにそれが高い整腸作用がもたらされ便秘の予防や解消に結びつきます。
 

バナナがダイエットに効果的な理由④:『むくみを解消し代謝量が増える。』

 
むくみというのは、血管を圧迫することから、血流が細くなって代謝が下降します。

バナナに含んでいるカリウムむくみに影響を及ぼしている塩分を汗や尿とされて、身体の外に排出して、身体の内側の水分バランスを整えてくれるのです。

代謝が良くなるので、効率良くダイエットを進めて行けることになります。
 

朝バナナダイエットの方法

 
朝バナナダイエットというのは、朝食に代わってバナナを食べる置き換えダイエットになります。

置き換えダイエットの殆どは、摂取カロリーを抑制することを目的にしているのですが、朝バナナダイエットについては、違います。

朝から昼にかけて、身体の内側では老廃物を拝泄運動がしっかりとできるように、消化負担を減少させる事。

まさにそれが、朝食をバナナに置き換える理由というわけです。

バナナは2~30分で消化されてしまうことから、体は拝泄運動に専念できて、便通が良くなります。

排便リズムが整うことで、痩せやすく太りにくい体質になってしまい、効率良くダイエットを進められることになります。
 

朝バナナダイエットのやり方

 
朝バナナダイエットというのは、朝食に代わってバナナを食べて、コップ一杯の常温水あるいは白湯を飲みます。

バナナの本数については、ダイエット効果を上げようとして、無理に1本から始めるよりも、2~3本からスタートした方が習慣化しやすいはずです。

本数に関しては、苦労することなく減らせることになるので、最初は『続けやすさ』を重要視する事が成功の秘訣になります。
 

バナナの食べ方のポイント

 
バナナというのは、しっかり噛んでじっくり食べる事です。

念入りに噛むことによって、満腹中枢が刺激され食べたという満足感に至りやすく消化負担も堪能できます。

さらに、バナナは調理することなく、生のままで食べること、飲み物についてはつい先ほどお伝えした水を飲まずにコーヒーや牛乳なんかで代用してはダメなので、併せて覚えておいてください。
 

昼食と夕食は普通に食べてOK

 
栄養バランスが、しっかりした食事だとすれば、昼食・夕食いずれもカロリーを意識することは必要ありません。

昼食というのは、ご飯の量を増やして、おかずを減らすと効果があります。

夕食については、食事する時間が大切となります。

理想に関しては、18時くらい、遅いとしても20時迄に食べましょう。

そして間食なのですが、3時のおやつについてはOK、昼食前と夕食後の間食についてはタブーです。

分かってはいるけど、ガマンできない場合は、果物がおススメとなります。

カロリーが少なくて消化も早いことから、ダイエットに対する影響を最小限に軽減できます。
 

夜バナナダイエットの方法

 
夜バナナダイエットいち押しの魅力というのは、食事制限がない事です。

夕食については、1日3食の中において、一番摂取カロリーがたくさんで、栄養バランスや量もアンバランスになりがちです。

更に、夜になると体が省エネ状態になって、エネルギー消費量が減少され、オマケに運動量も減ってしまうと、いずれにせよ太る条件が揃ってしまうのです。

しかし、そのことから、夜に行なうダイエットというのは効果抜群とも言えるのです。

低カロリー及び栄養価抜群のバナナ。

これを夕食前に食べることによって、大量食いを防御して、偏っている栄養バランスを整えるのです。
 

夜バナナダイエットのやり方

 
夕食の30分前にバナナ2本食べて、コップ1杯の常温水(または白湯)を飲みます。

バナナをしっかり噛んで、じっくり食べる事、なるべく早い時間に夕食をするポイントは朝、同一です。

カロリー計算上は、日々の夕食+バナナ2本となってしまうため、時間については特に重要となります。

19時前に夕食をすることができない人は、朝バナナダイエットを推奨します。
 
 
 
バナナにつきましては、わりと安く、栄養価が高く手軽に食べれますよね。

何はともあれ、ダイエットしようと思う人はバナナダイエットをやってみてはいかがでしょうか。