育ちが悪い人の特徴。育ちが悪い人間がする行動。

育ちが悪い人の特徴

自分自身が意識しなくても、にじみ出ることが多々ある「育ちの悪さ」。

「育ちが悪い」とされる行動というのは、育ってきた環境に著しく左右されるものなのです。

どんなにはぐらかしても「育ちの悪さ」はにじみ出てしまうものなのです。

本日は、そういう「育ちが悪い」人がする特徴的な行動を紹介したいと思います。
 

育ちが悪い人の特徴と行動①『言葉遣いが悪い。』

 
言葉遣いというのは、育ちが映し出されやすいので、言葉遣いが悪いと親の教育がなってないなんて言われたりします。

女性であっても「お前」「~だろ」というような言葉遣いが悪い人は多いようです。

その他にも、半疑問形(「~じぇね」)や「パネェ」というような学生言葉については、「育ちの悪さ」を表す良い例になります。

世間に出たとしたら、注意を払って控えたいものですよね。
 

育ちが悪い人の特徴と行動②『箸の持ち方がおかしい。』

 
食事の仕方で、その人の育ちを知ることができます。

その典型的なのが「お箸の持ち方」です!

お箸の持ち方というのは、育ちが出るところと考えられます。
 

育ちが悪い人の特徴と行動③『クチャラー。』

 
千年の恋も冷めてしまうかもという「クチャラー」。

「クチャ!クチャ!クチャ!」と音を出して食べ続ける。

周辺の人を不快な雰囲気にさせてしまうこと間違いなしの「クチャラー」。

「育ちが悪い」とされる印象を与えてしまうことになってしまうでしょう。

ですが、案外、当の本人は、音を出している状況を、わかっていない傾向にあるとのことですが周りには不快感を招いてしまうのです。
 

育ちが悪い人の特徴と行動④『魚の食べ方が汚い。』

 
就活で、魚をテキパキときれいに食べられるかどうであるのかを見る企業もあるくらい・・・魚食べ方で、その人の「育ち」が分かるものなんです。

魚の食べ方がきれいならば、「育ちが良い」といった評価を受けることになりそうです。

ですが、魚の食べ方が汚いと「育ちが悪い」と評価されてしまいかねません。
 

育ちが悪い人の特徴と行動⑤『場の雰囲気をわきまえない声の大きさ。』

 
周辺を気にすることもなく、大きな声で喋る。

状況がわきまえられる人というのは、そのような意識を備えていることから、TPOに応じて声の大きさをコントロールする事ができるのです。

デリケートな事を話す折に、TPOをわきまえず大きい声を出して喋る人は「育ちが悪い」「失礼極まりない」と評価されてしまいかねません。
 

育ちが悪い人の特徴と行動⑥『大きな音を出す鼻のかみ方。』

 
鼻をかみかたで、ブーッと猛烈ないきおいでかむ。

鼻をかむ時になり、振り構わず音を出すというのはマナー違反です。

音を出さないようにしたいところとなります。

「育ちが悪い」と評価されても仕方がありません。
 

育ちが悪い人の特徴と行動⑦『咳・くしゃみをする時に手を添えない。』

 
咳(せき)やくしゃみマナーというのは、予想外にできていない人が多いようです。

育ちが悪い人というのは、咳やくしゃみのとき手を添えません。

手を添えるというのは、必要最小限のマナーとなります。

案外できていない人が多い「咳・くしゃみのエチケット」。

手を添えなかったら、飛沫を周辺にまき散らす事態になってしまいます。
 

育ちが悪い人の特徴と行動⑧『ゴミのポイ捨て・道に唾を吐く。』

 
「育ちの悪さ」が特に出てしまうというポイントでもある、道をゴミ箱、代わりにしてはなりません。

ポイ捨てという部分は、育ちやこどもの頃の教育がベースだと考えられます。

唾を吐くことは、みっともないですよね。
 

育ちが悪い人の特徴と行動⑨『貧乏ゆすり。』

 
無意識に出てしまう「貧乏ゆるり」周囲の目からは「育ちが悪い」と思われるのではないでしょうか。
 

育ちが悪い人の特徴と行動⑩『歩きながらの飲食。』

 
歩きながらの飲食というのは、条件次第ですが・・・分かりやすく言うと、原宿や歩行者天国、お祭り等々、歩きながらの飲食が許容されている環境条件もあるのですが、ほとんどの場合は好ましいものにはなりません。

食べて良い場所と駄目な場所を、判断する事は要になる部分だということですね。
 

育ちが悪い人の特徴と行動⑪『人前で化粧をする。』

 
人前に伴う化粧というのは、賛否両論があるとは言え、できることなら差し控えたいものです。

言うまでもなく、メイクというのは、人前に出る時に用いる身だしなみであって、人には目の当たりにさせない「裏の努力」です。

人前で化粧するというのは、トイレの後でお尻を拭いたりするところを、人前でする事と一緒くらいみっともないこと、やってはいけないことです。
 

育ちが悪い人の特徴と行動⑫『生活音が大きい。』

 
人に「ガサツ」である印象を与えてしまいます。

具体的に言うと、オフィスでカバンをドンと置いてみたり、扉をバタンと閉めてみたり、公的機関の場で携帯電話をマナーモードにしないとか色々なパターンがあげられます。

生活音が騒がしい(がさつな)人というのは、育ちがガサツ。

生活音の大きい人というのは育ってきた環境で「教わらなかった」ということになります。
 

育ちが悪い人の特徴と行動⑬『人の悪口を言う。』

 
人の悪口を言う人というのは「育ちが悪い」というような印象を他人に与えてしまいます。

親や家庭が、物事を「誰かのせい」にするという事を当たり前の生活環境だとしたら、子の育ち方も、高が知れています。

人の悪口を言うことはない人というのは、育ちがいいはず。
 

育ちが悪い人の特徴と行動⑭『店員に対する態度が悪い。』

 
店員に対しての態度というのは、見られています。

何はともあれ、育ちの良し悪しをジャッジするバロメータになります。

店員さんに、失礼極まりない態度を取る人というのは、育ちが悪い。

反対に、育ちのよい人というのは、それほど偉そうな態度をとることはありません。
 
 
 
仮にご自身の行動に想像できるものがあったとしたら、「育ちが悪い」と思われる前に、兎にも角にも改めたいものですよね!