軽自動車はターボいらない!?

軽自動車ターボいらない

維持費がお手頃価格で運転も楽なこともあって、軽自動車というのは人気があります。

ですが、軽自動車については加速性能が悪いあるいは、パワーが弱いというようなデメリットがあると言えます。

それをカバーしてくれるのが、ターボエンジンなのですが、ターボエンジン搭載の軽自動車であるとしてもまたもや、デメリットがあるのです。

本日は、ターボエンジン搭載車のメリットとデメリットに関しまして紹介したいと思います。
 

ターボエンジンとは

 
車はエンジンで動くことが出来ますが、エンジンでどういった事が起きているかといったら、空気とガソリンを混ぜ合わせて爆発行なわせ、そのエネルギーで車を走行させているのです。

もっと更に、走行を良くしたいと思うなら、もっと大きな爆発させることが求められます。

そうするためには、たくさんの空気とガソリンを混ぜないといけなせんから、エンジン本体を大きくして、排気量をアップする事になるのです。

ですが、軽自動車の場合では排気量が660cc以下でないとならないとされる規格が存在することから、排気量を増やすわけにはいきません。

そういうわけで、ターボエンジンの出番となります。

ターボとはターボチャージャーの略語で、日本語に訳しますと「過給機」になります。

過給機とは、エンジンのシリンダーへ空気を無理やりに送り込む仕組みということです。

ガソリンを燃焼させると排気ガスが出てきますが、通常はマフラーから直接的に排出させますが、タービンに送り込んで圧縮して、もう1度エンジンに戻すという事から、排気量を上回るパワーが出るようにするのです。

ターボエンジンというのは、排気量をアップするわけでなく、エンジンのパワーをアップすることをできるようにするということなのです。

エンジンのパワーを数値化したのを馬力と言うのですが、これというのはpsとされる単位で表すのです。(馬力=PS)

数値が高けらば高いほど、馬力のある車、低いほど馬力のない車だということです。

50ccの原付バイクであれば、馬力は大体のところ、5ps程ですね。

ターボエンジン搭載の軽自動車と非搭載の軽自動車であれば、馬力に、どれくらいの差が生じるのでしょうか。

ホンダのN-BOXカスタムについては、ターボなしが58Pps、ターボありが64psになります。(ターボ無:58PS)(ターボ有:64PS)

スズキのスペーシアやダイハツのタントカスタムだと、ターボなしが52ps、ターボありが64psとなっています。(ターボ無:52PS)(ターボ有:64PS)

ターボエンジン搭載軽自動車と非搭載の軽自動車だと、馬力に最大12psの 差が生じている事が分かりますよね。(差:12PS)

いずれの車種もターボエンジン搭載車の馬力は64psとなっていますが、なぜかというと、軽自動車規格を踏まえて「軽自動車の馬力は64psまで」とするとされているため、このことが最大馬力となるのです。
 

ターボエンジン搭載車のメリット・デメリット

 
ターボエンジンを搭載すると、軽自動車においてもエンジンパワーを増幅となって走りを良くする事ができるというわけです。

軽自動車本体の性能が上昇しているといわれるものの、軽自動車が馬力の弱い車に関しては変わりはありませんので、走りにこだわるとすれば、ターボエンジン搭載の軽自動車を選択したに越した事はないのではないでしょうか。

それでは、ターボエンジンを搭載する事の、デメリットとしては何が存在するのでしょうか。

ターボエンジン搭載車のデメリットですが、『燃費が悪い。』『寿命が短くなるの可能性がある。』というのが存在します。

ターボエンジン搭載車は非搭載車とは違って、馬力がレベルアップしますが、その分燃費は悪くなってしまいます。

燃費を取るか走行性を取るかの選択に関しては、ドライバーの考え方次第となります。

ターボエンジン搭載車は、非搭載車とは違って、故障しやすいといった声をしばしば聞いたりします。

本来は排気量が小さい軽自動車が、ターボエンジンで馬力を底上げしているのだから、ある意味、ドーピングと同じようなもの。

エンジンによって、かなりの負荷が掛かるというのは予測できます。

さらには、ターボエンジンがある分だけ使用されているパーツが数多くなりますから、それだけに故障する可能性があるパーツも増すということを意味します。

そのようなことを考えれば、ターボエンジン搭載車は非搭載の軽自動車と比べて、寿命が短くなる傾向はあるのではないかと言えるでしょう。

ただし、それは正直なところ「ターボエンジン非搭載車より故障する可能性が高くなる傾向がある」というレベルの話とされ、「故障しやすい」「即座に寿命がくる」わけではないのです。

どういうタイプの車であるとしても言えることではありますが、結局のところ、その車の寿命を決定づけるというのは、オーナーがどれだけ大切に扱い、メンテナンスをするかによります。

具体的に言うと、オイル交換セルフケアをまめにすることです。

エンジンオイルは、人間で言うと血液みたいなものですから、ドロドロよりサラサラの方が体調としては理想になりますよね。

一般的に言って、オイル交換を小まめにするのは、車の寿命を延ばすというのに有効なことといわれています。

ターボエンジン非搭載車なら走行距離が1,5000キロを過ぎたタイミングか、1年毎の交換でOKです。(1.5万km/1年)

ターボエンジン搭載車5,000キロ程度で交換するようにするといいでしょう。

3,000キロで交換するというようなオーナーもいらっしゃいますが、オイル交換にもコストが掛かりますので、無理のない範囲で良いのではないでしょうか。
 
 
 
軽自動車は馬力の弱い車になるので、ターボエンジン搭載車を選択した方が走行時のストレスを減らすことができるのです。

ですが、ターボエンジン搭載車は、非搭載車と比べて車両価格や維持費が高くなってしまいますから、走行性を取るかコストを取るかというような選択というわけです。

どっちにもメリットとデメリットは存在しますため、それについてはオーナー自身の考え方となります。