【デメリット】うつ病の初期症状とは!苦しい。それは疑いのサイン

うつ病の初期症状

最近では、増加し続けていると言われている「うつ病」。

うつ病というのは、想像以上に、見逃される場合が多い病気になります。

その理由の一つに、うつ病になりやすい性格の人というのは、自分の苦しさを他の人に言う事を避けたり、手伝いをしてもらう事をやめておこうと考える傾向にあるということです。

生まれて初めて『うつ病』を経験する場合では、そのサインに気づけないので「よもや自分が鬱になってしまうなんて・・・」と思いますし、言うまでもなく「心身の異変=うつ病」には繋がらないことが大半です。

初期症状を放ったらかしにしたその結果、うつ病が悪化してしまうというのは多々あります。

できる限り早く、『うつ病』サインを見極めて、ケアすることが大切です。

精神と肉体と行動の異変においては、うつ病サインが隠されていることから、うつ病サインである初期症状に関しまして紹介させて頂きます。
 

うつ病の初期症状?『心の苦しい不調。』

 
第一段階として、繰り返し気分が落ち込むようになると思われます。

ひとしきり、ふさぎ込んだ後、どうにかやる気を出しては、またしても落ち込むの繰り返しです。

鬱になり易い、真面目な人というのは、ふさぎ込んだ状態になる状態に罪悪感を抱いて、そのことがむしろ悪影響を与えます。

これと言ったわけもないのに、うつ状態となったり、不安な気持ちに襲われる事が増加してきます。

仕事や対人関係でのいざこざで不安になっていたとしたら、理由は明らかになっているのですが、鬱の初期症状というのはそうではないのです。

さらには、集中力が低下し、ちょっとした事に苛立つ事が増えるようにもなってくるのです。

うつ病自己嫌悪自意識過剰などが伴う病気になるので、1つの事に一生懸命になるというのが難しくなります。

従来は、どうでも良かった他者評価噂話であるとかが、すごく気になってしまって、この状態がひどくなれば、仕事や交流にもよくない影響を及ぼします。

更に、物事に対し、深く考える事が困難が伴います。

これまでは、注意深く、考慮してあせらずに行動していた事が、思考能力の低下によって、きれいにこちらの意見をひとくくりにする事が難しくなってしまって、その場しのぎの対応に終始するようになります。
 

うつ病の初期症状?『身体の異変。』

 
どんな時でも、わずらわしい感情を抱えることが原因で、寝付きが悪くなってしまいます。

それだけなら、まだましなのですが、「次の日の仕事で失敗するのではないか?」とされる悲観的な意識をするようになって、睡眠も浅くなっていきます。

夜、なかなか寝付けない事もあって、朝、目を覚ますことがしんどくなってしまいます。

誰であっても、朝、起きる事はしんどいものなのですが、うつ病になるとひと際、朝、布団を出る事がきつくなります。

睡眠時間うつ病密接な関係となっていることから、意識的な対処がなくてはなりません。

睡眠の質を強める工夫も肝心だと思います。

食事につきましても、ばらつきが出てきます。

ある時は食欲がなくて、お茶碗1杯のごはんも食べられなくなってしまいますが、そしてある時には「過食」状態になってしまいます。

突如として、甘いものが食べたくなって、チョコレートやケーキをむちゃ食いしたのとは逆で、夕食は食べない、そういった状態は危険があります。

強いストレスが災いして、食欲がばらつき、バランスの悪い食生活となってしまいます。

そして、やたらと、すぐ疲れる状態になり、さらには疲れが取れなくなったら要注意です。

食事と睡眠が足りていないというわけですから、疲れが取れないというのも無理はないのです。

不健全な生活を継続することにより、うつ病が悪化するというような悪いサイクルが生じることから、周期的な生活習慣を是正していくことが重要です。

タバコ、コーヒー、酒、チョコレートといった系のものに、依存しがちの際は、精神面でのバランスが悪くなっているおそれもあります。

タバコと酒にはニコチンとアルコールが、コーヒーとチョコレートにはカフェインが入っていて、これらに関してはどれも、意識を覚醒に繋げる物質になります。

無理矢理でも、覚醒させないと元気になり得ないため、意識することなく依存物質を要しているかも知れないのです。
 

うつ病の初期症状?『仕事や行動の異変。』

 
うつ病になってしまうと、仕事している間も集中する力が散漫になって、当然のことながら仕事の失敗が多くなります。

これまでならば、あるはずのないケアレスミスしてみたり、以前の自分だとしたらあり得ないというようなトラブルを引き起こしてしまったりもします。

さらには、仕事上の人脈でいざこざが増えたり、以前に比べて、口数が減って、好きな事だけじゃなく、仕事面でも無気力になって、自分自身からアグレッシブに動くことができなくなってしまいます。

さらに、うつ病になってしまうとライフスタイルが夜型となってしまうため、最初の頃は体調不良を理由とした遅刻が多くなり、次いで早退、挙句は欠勤を繰り返すようになってきます。

こういう症状が2週間以上継続して、生活習慣にさし支えがある場合は、うつ病の可能性が高いでしょう。

生真面目な人であるほど掛かりやすい「うつ病」。

何はともあれ「メランコリー型性格」と言って、「秩序を愛し、几帳面で仕事熱心、対人関係では律儀で誠実、他者への配慮が強く、責任感が強い性格」の人というのが、うつ病になりやすいのだそうです。

うつ病の方の場合には、うつ病であるという事を認めたがらない、それから、病院の受診を躊躇することがよくあります。

このことから、うつ病早期治療においては、家族や職場であったり、周りの人が、ちょっとした事でも、うつ病のサインを放っておかないことが重要になります。

メンタルケアが進んでいるヨーロッパなどにおいては、うつ病といった精神疾患もまぎれもない病気と扱われ、ストレスフリーで病院で診て貰う事が普通となっています。

とりわけベルギーでは、受診率が50%と高いものになっているのです。

一方の日本においては、依然として、精神疾患についての偏見もあることから、どうしても初期の段階で病院に掛かるまでには至ってないと言えます。

ベルギーが受診率50%だというのに、日本においては16%と低い水準にとどまっているのです。

うつ病は、ひどくなると、自ら命を断ったりする危険度の高い病気になります。

そんなことが起きないようにするために、早期治療、早期療養に努めていただきたいです。