AT車が信号待ち時のシフトレバーの位置は!?

AT車、N(ニュートラル)シフト

AT車を走行中、信号待ちで停止をする場合にシフトレバーの場所はどこにしていますでしょうか?

ほとんどの場合は「D(ドライブ)」「N(ニュートラル)」レンジのどちらか使うことになりますが、車体への負荷や燃費のことを考えたら、「D(ドライブ)レンジの状態でいいのでは?」と思ったことはないでしょうか。

(余談ですが、信号待ちで停止する際に「Pレンジ」にされる方もいらっしゃるようです。)

AT車が停車する場合に、ギアはどのように扱えばいいのか、その他にはシフトレバーの位置が違えば、車体への影響や燃費はどのように変わってしまうのでしょうか?

本日はAT車で信号待ちの時、「D(ドライブ)レンジ」あるいは「N(ニュートラル)」が良いのかを詳細に紹介したいと思います。
 

信号待ちにおけるシフトレバーの位置は?「D(ドライブ)」「N(ニュートラル)」どっち?

 
信号待ちで停止中のAT車のシフトレバーの位置なのですが、要するに、D(ドライブ)レンジで問題ないです。

これは、トランスミッションの形式、トルコンATやCVT(一般的にはトルコンが搭載されている)、AMT(セミオートマチックトランスミッション)、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)もどれも一緒です。

N(ニュートラル)レンジにチェンジしている人もいらっしゃるようですが、N(ニュートラル)レンジにシフトレバーの位置にしてシフトチェンジする方が想像以上にトランスミッションの負担は大きくなります。

なぜそうなっているかというと、N(ニュートラル)レンジからD(ドライブ)レンジとした際に、エンジンの回転数が下がってしまい、パワートレインが動いてしまうことから、その分、力が加わったということになります。

連続して負荷が掛かるより、断続的な負荷や衝撃の方が、トランスミッションにおいては、悪影響を与えるので、信号待ちでN(ニュートラル)レンジにシフトチェンジするというのは推奨する事が出来ません。

AMTDCTであれば、クラッチを使っていますけれど、D(ドライブ)レンジにシフトチェンジした際に、クラッチのミートポイントを識別するトランスミッションもあって、そんな場合、N(ニュートラル)レンジからD(ドライブ)レンジのシフト回数を増加させれば増加させるほど、クラッチの摩耗が進んでしまうことになるのです。

さらには、アイドリングストップ機構が装着されている車種においては、N(ニュートラル)レンジにシフトチェンジした途端、エンジンが再始動するようなモデルも多々あります。

N(ニュートラル)レンジシフトチェンジするという事は、運転を休むというような見極めとなってしまうので、そういう制御になるのです。

AT車にとってのN(ニュートラル)レンジは、車が故障した時に牽引される時等に、使用されるポジションになるのです。

近頃では、オート・ニュートラル機構が装着されている車種もあることから、D(ドライブ)レンジにおける停車が一定時間を超すと、トランスミッション内部でニュートラルに自動でシフトチェンジしてくれるというわけです

こうした場合、手動でN(ニュートラル)レンジにチェンジするのとは違って、トランスミッションへの負荷を掛けずに、スピーディーに発進出来るように制御されているわけです。
 

信号待ちの際に『Pレンジ』シフトチェンジする人も。

 
信号待ちの際に『Pレンジ』シフトチェンジする人も見る機会があります。

前方の車が、発進時に瞬間リバースのランプが光ることから認識できますよね。

けれども、『Pレンジ』というのは、駐車する際にトランスミッションをロックしてしまうためのポジションだとされます。

パーキングブレーキと同じく、車をロックするシステムじゃないので、例えば、後ろの方から軽くぶつけられた際には、トランスミッション内部のロック機構についてはあっけなく壊れてしまうのです。

そのような場合、車は前に進んでしまうだけに限らず、トランスミッションに多大な負担を掛けてしまいます。

通常なら『Pレンジ』を選択中については、フットグレーキあるいはサイドブレーキを利かせておくのはそんな理由からなのです。
 
 
 
信号が変わった際に、『N(ニュートラル)レンジ』にシフトチェンジしている事を忘れてアクセルを踏んで車が発進しない事に気付いて、あせって、アクセルを空ぶかしの状態でD(ドライブ)レンジで急発進・・・このようなことを経験した人も多いでしょう。

トランスミッションについての負担もすごくありますし、追突事故を起こしてしまう可能性もあります。

一括りに、あらゆる車におすすめできませんが、燃費に関する影響はほとんどないことから、トータル的にはD(ドライブ)レンジ+フットブレーキの方法で停止する事がおススメとなります。