新古車のメリットとデメリットとは!?

新古車(未使用車)のメリットとデメリット

いまどきの軽自動車であれば、車内空間も広く心地よく、乗り降りも楽なスライドドアや、高級車も顔負けの充実した装備となっています。

おまけに、車検税金などといった維持費も低価格で、最近において、軽自動車というのは一家に1台の時代であると言えますね。

ですが、「ハイトワゴン」「スーパーハイトワゴン」という、人気のある軽自動車というのは、100万円を軽く超えるプライスで販売されているのです。

どれほど維持費が安いとしても、車両価格が「ちょっぴり高いなあ」と思ってしまいます。

それを踏まえて人気を集めているというのが、新車同様になって安く買うことが出来る「新古車」というものです。

新古車というのは、新車登録が済んでいますが、都合により売りに出されなかった車のことです。

正確に言うと、「未使用車」とされる名称で、中古車店や専門店などにおいて売りに出されています。

なぜ、新車で未使用の車が、専門店舗ができるくらいあるのでしょうか。

本日は「新古車(未使用車)が出てくる本当の理由」「メリット・デメリット」を紹介させて頂きます。

新古車(未使用車)の総合的な情報を考慮に入れ、購入をやめたほうがいいのかどうかの判断にして頂ければと思います。
 

なぜ新古車(未使用車)が発生する?:『ディーラーの販売実績。』

 
未使用車が発生する最も大きな理由というのは、新車ディーラーの販売実績数を得るためです。

では、なぜ販売実数を得なければならないのでしょうか?

ディーラーについては、販売実績ごとに自動車メーカーから販売奨励金とされる報酬を貰っているのです。

1台につきマージンが決められていて、販売台数×マージンを受け取れるシステムだということです。

加えて、このマージンについては販売台数しだいでアップすることから、ディーラーが多くのマージン報酬を獲得することが誘因となって、自社で車を購入することがあるのです。

例を挙げると、普通なら1台につき、5万円の報酬であったとしても、100台以上販売することで、1台につき、7万円に報酬アップしたりするとされているようです。

100台の目標に向けて、2台足りていない場合だと、自社で残りの2台を購入してしまおうというような判断になるのです。

その2台は新古車(未使用車)という形で安く販売したとしても、ディーラーからすれば、確保できる利益が多くなってくるのです。

その他には、自動車メーカーが獲得したいと考えている「軽自動車販売台数1位」とされる肩書きを手にするためというような理由があります。

何にも増して、トップメーカーというものは、このような販売実績に捉われる傾向があって、意図的に未使用車を作ったとしても実績にウェートを置きます。

特に年度末だという3月には多く新古車(未使用車)が生じることになるのです。

これらの他にも、お客様からキャンセルを招いてしまった場合もあれば、注文を間違えたことから生じる場合などもあります。
 

新古車(未使用車)を作成する事で双方のメリット!

 
新車より安く買える新車がかった中古車とされて、一般市場で新古車(未使用車)の人気がアップするとともに、新古車(未使用車)専門店を掲げる中古車販売店が増加してきました。

こういった新古車(未使用車)専門店というのは、普通なら自動車オークションで、車を入手しているのですが、新車ディーラーサイドからダイレクトに安く仕入れている場合もあるのです。

ディーラーとしましては、こういう販売店に周期的に車を販売することによって、自社登録の台数を少なくしたり無くしたりすることができることから、双方ともにメリットがあるんだそうです。
 

新古車(未使用車)購入のメリット:やめたほうがいい?

 
新古車のいち押しのメリットに関してですが、とにかく「価格が安い」ことこそが考えられます。

中古車扱いとなってしまうので、新車と比べて車両価格が10%程度安いことがほとんどです。

さらには、登録時に車検も通してありますので、初回の重量税についても発生することはありません。

かつ、もうすでに在庫ということで、管理されていることから、契約して速やかに納車してもらえます。

名義変更の手続きだけにより納車可能ですから、最も早くて1週間前後で納車できます。
 

新古車(未使用車)のデメリット:やめたほうがいい?

 
既に登録済ませた車ということなので、在庫期間という間も車検の日数は過ぎていくというわけです。

簡単に言うと、6ヶ月間管理されている車体だったら、車検の残りは2年6ヶ月しかないということです。

さらには、メーカーオプションボディカラー選択は行なえません。

注意が必要であるのが、諸経費となります。

新車の場合と新古車(未使用車)の場合では、諸費用の価格も違ってきますし、新古車(未使用車)を取り扱う中古車販売店については、諸費用が一律的でははなく、販売店ごとに違うことから、忘れることなく諸費用が含まれた合計価格で比べて下さい。
 

新古車(未使用車)は本当に安い?

 
新古車(未使用車)なわけですから『新車と比べて安いのは火を見るよりも明らか』であると思っている方がほとんどだと思います。

ですが、新古車(未使用車)が新車よりも例外なしに、安いとは言い切れませんので、購入を考えておられる方は気をつける必要があります。

どうしてなのか、その理由というのが、新車については定価があるのですが、中古車になると定価がないのです。

従って、新車が150万円の車だとしても、中古車ということで200万円で売っても法的に一切、問題が無いのです。

具体的に言うと、年式が古い人気車等は、新車以上に高く売られていたとしても、これに問題が無いのと一緒の事なのです。

ということなので、新古車(未使用車)の場合だと、新車の値引き幅を念頭に置いたうえで捜さなければ、新車と同じか、新車より高額になってしまうかもしれないのです。
 
 
 
こんなふうに、新古車(未使用車)の購入にはメリット・デメリットがあります。

キッチリと理解した上で、低価格で車を購入できるのなら、支払額も減額できますし、安くなった分でナビや、ドライブレコーダー等を付けたり、お得になる事もあると考えられます。

結局は、総合的に判断し、新古車(未使用車)の購入をやめたほうがいいかは条件しだいという事になってしまいます。

情報を上手に吟味し、自分好みの車を入手してください!