放射線で被曝!生身で宇宙空間に投げ出されたら人体の血液が沸騰?

生身で宇宙空間に投げ出されたら(放り出されたら)

現在では、人類が地球とは、別の惑星に移住するというような計画が行われていると思われます。

それを踏まえて、気がかりな事が「もし宇宙服を着用しないで生身で宇宙空間に投げ出されたら(放り出されたら)どうなってしまうのか?」ということなんです。

映画などにおいては、宇宙空間に投げ出されて瞬時に亡くなってしまうことになるという演出が一般的です。

いずれにせよ、宇宙服を着ずに宇宙空間に投げ出される(放り出される)と、即座に亡くなってしまうものなのでしょうか?

気がかりですよね。

ですので、本日は、宇宙空間に生身で投げ出されたら(放り出されたら)どうなってしまうのか?というのを、身近に飛び交う、際立った説を紹介したいと思います!
 

宇宙空間で被曝する。

 
宇宙空間では、絶え間なく、宇宙放射線が発せられているのです。

「ん?だったら地球にまで宇宙からの放射線が浴びているの?」と考えた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

心配されなくて大丈夫です。

地球については、大気等によって防御されていますので、宇宙放射線が浴びる事はほとんどないのです。

ですが、宇宙空間だとそういうわけにはいきません。

実際のところ、宇宙服を着用している宇宙飛行士においても、宇宙放射線を完璧に防御することが難しいことから、健康被害がないように放射線被曝の管理をしているとのことです。

宇宙服を着用していたとしても、影響されるくらいなので、生身で宇宙空間に投げ出されたら(放り出されたら)、もの凄く大きな影響を受けるというのは容易に想像できますよね。
 

宇宙空間では生身の人体なら体内の水分が沸騰する?

 
みなさんは気圧の低い山の上おいて、お湯が低温で沸騰してしまうことになると聞いたことはないでしょうか?

それでは、このことが宇宙空間というような、気圧が0のところだとすればどのようになるのでしょうか?

まさに、体温レベルの温度(体温36.5度)であっても、体の中の水分が沸騰してしまうことになるとされている訳です。

まさに宇宙ステーションで、手違いによって、宇宙服が減圧してしまった事故が起こったのですが、その際、宇宙飛行士については、唾液が沸騰するという事を感じたとのことです。

えっ?ですが宇宙空間というのは、マイナス270度の極寒のはずでは・・・。

そうだとしても、体の中の水分に関しては沸騰してしまうものなのでしょうか?

体が冷やされてしまって、沸騰するはずがないような気もするのですが・・・。どうなんでしょうか?

それに関しては、体が冷える直前に、沸騰すると思われる。のだそうです。

体の中の水分が沸騰することになるという事は、血液も沸騰してしまうということなのでしょうか?

これに関しての答えは、「血液というのは血管により覆われているため、おそらく沸騰はしない?」なんて考えられています。

どっちにせよ、想像は避けたい事柄ですよね。
 

宇宙空間では生身の人体なら破裂する?

 
気圧の低い周辺に、袋に入っているポテトチップスを持って行くと、袋がムッチリになって膨らんでしまいます。

宇宙空間に関しては、気圧が0ですので、このポテトチップの袋でもわかる様に、宇宙空間での生身の人体でいうと、体の中に空気が膨らでしまい、最終的には破裂してしまう。?・・・という話をちょくちょく言われています。

まさにそれが事実であれば怖い感じがしますよね。

ですが、人間の体というのは、ポテトチップの袋とは全く異なっていて、複雑な形成となっていることから、瞬時にムッチリ膨らんで破裂してしまうということはないと言われています。
 

宇宙空間に生身で投げ出された人でも大丈夫な時間

 
宇宙空間に生身で投げ出された(放り出されたら)起きると推測できる出来事を考えてみると、どれもこれも恐怖に感じることは、「人間じゃ即死してしまうんじゃないか?」と考えてしまいます。

ですが、ズバリ言うと瞬時に死んでしまうというわけではないとのことです。

アメリカにおいて、真空状態に動物をさらして、どの程度耐え切れるかというような実験をしたことがあるとのことです。

かなりお気の毒な実験だと思いますが、犬だと真空状態で90秒、チンパンジーだったら、3分間以内なら耐えることができ、それ以降、後遺症もなしに元気に戻ったそうです。

前述の宇宙飛行士の事故だと、真空になってから14秒後に気絶してしまいましたが、それ以降、宇宙服の状態が正常化すると宇宙飛行士は意識を回復して、元気になったとのことです。

ですが、宇宙空間だったとしたら、気圧や空気だけに限らず、宇宙放射線気温の問題も存在することから、もうちょっと早めに死んでしまうかもしれませんが・・。

宇宙空間に生身で投げ出された(掘り出された人)は、流石に誰も存在しておりません。

結局のところ、リアルにどういう状況になるのかははっきりしていないのです。

唯一、試さなくても明らかになっている事は、「空気が一切無いために窒息する」ということなのです。

ここは誰であっても理解できますよね。

壮絶な宇宙空間で動くには、宇宙空間から体を守る宇宙服が絶対必要です。

ですが将来において、人類が地球とは別の惑星に移住することになってしまったら、「宇宙空間に生身で投げ出される(放り出された)!」というニュースあるいは事件が情報として流れてくるかもしれません。・・・そんなことを想像すると恐怖を覚えますよね。