三途の川の渡し賃とは!?

三途の川

ところで、臨死体験した人がよく見ると言われている「三途の川」。

それの向こう側には、お花畑の姿を現したりもするようですが、三途の川を伝承を通じて見聞きしたことが全くない人でも、「川」を眺めることがあるようなのでビックリしますよね。

そういうわけで本日はそういった「三途の川」とその「渡し賃」においての謎を掘り下げてみることにしました。
 

三途の川とは

 
三途の川の伝承とされるのは、元来、仏教に由来して、仏教では三途の川は此岸(しがん・現世)と彼岸(ひがん・あの世)の境目となっている川で人が命をなくしてから7か目に渡る川だとされています。

更に、死者が三途の川を渡る際に生前に犯した罪の重さ次第で3種類の渡り方に区別されるそうです。

わかりやすく言うと、渡り方が3種類あるから、「三途」の川とされる名前がついたと言われています。

最初に、善人は金銀七宝で制作された橋を渡り、水に足をつけずにあの世に行くことができます。

それから、軽い罪人は山水瀬と言われている浅瀬を渡り、重い罪人については、強深瀬と言われる深瀬を渡るそうです。

この強振瀬というのは、流れが急で波も高くて、上流から岩が流れてきて罪人の体を打ち砕くとのことです。

打ち砕かれても、もはや死んでいますので体は修復が行われ、再度、打ち砕かれ、修復が行われ・・・他には、川の底に大蛇が生息していることから、食われることだってあるという、とんでもなく、恐いところだとされています。

そして、川を渡り切れずに道中で流されてしまいますと、ダイレクトに地獄へ行くということも考えられていて、重い罪人のほとんどは渡り切れずに地獄へ落ちるとのことです。

ですが平安時代の末期になると、すべての人が渡し船に六文の料金を払って渡るというようになっています。
 

なぜ六文銭を必要とするのか

 
「地獄の沙汰も金次第」だという言葉がありますけど、三途の川を渡るとなる時、「渡し賃」必要とされるのは、とてもせちがらいような気がしますよね。

実のところ、これの「三途の川の渡り賃」の伝承というのは、平安時代から伝えられる三途の川の言い伝えとして、江戸時代になり、一般市民の創作が加わったというものだそうです。

平安時代に伝えられた仏教説話によると、三途の川のほとりに衣領樹といった大樹があって、更に、そこのところに、懸衣翁、奪衣婆という名の鬼の老夫婦が居を構えているとされていたのです。

そうして、死者については、三途の川を渡る直前に奪衣婆に衣類をはぎ取られてしまいます。

それらの衣類を懸翁が衣領樹に掛けると、その人の「生前の罪の重さ」が明らかになって、罪の重さで三途の川の3つの渡り方の1つを宣告されるというようなルールだったのです。

そのことが江戸時代になったら、「六文銭」を持っていさえすれば、奪衣婆に衣類をはぎとられることなく、罪の重さで渡る川を決められることもいらず、ありとあらゆる罪人が善人と一緒の渡し船に乗ることが出来るとされるようになりました。

「予想通り、地獄の沙汰も金次第かぁ~!」と考えてしまいますが、この六文銭、現在の価値に換算したなら、どれくらいなのでしょうか?

物価の計算法は何通りかあるのですが、概算的には一文が約30~50円(江戸時代前期~中期)だと考えられます。

なので、六文銭は150円~300円程なんだと思います。

この金額を聞き入れて「予想していたより安い」と考えた人もいらっしゃることと思います。

ですが、この六文銭意味の無い「お金」という意味だけではないのです。

重要なことは「6」文でなかったらいけなかったわけです。

江戸時代には命を失った人を納棺する時、死装束で首から掛ける、頭陀袋の中におきまして、六文銭を描いた紙を入れ込むとされる風習がありました。

わかりやすく言うと、六文銭(の絵)が納棺するさなかに収める副葬品の1つでありましたが、地蔵菩薩を大切にした江戸時代の人からしたら、六道におられる、六人の地蔵菩薩に渡す目的で用意したお賽銭といった意味がありました。

この「六文銭」というのは別の呼び名としては、「六連銭」「六道銭」とも言われ、これというのは仏教の「六道」に由来しているのです。

「天道」「人間道」「修羅道」「畜生道」「餓鬼道」「地獄道」「六道」に一文ずつ置いていくことに必要な「六文銭」、このことが「六文」でなかったらいけなかった理由というわけです。

もっと言うなら、六文銭については、生前の罪を悔い改め、仏に帰依し信心するというお賽銭の意味もあるのです。

余談ですが、副葬品の「六文銭」は本来は幕府に禁止される以前は、描いた紙ではなくて、本物のコインを使用していたようです。
 

真田幸村(信繁)の「六文銭」

 
「六文銭」と言いますと、真田幸村(信繁)のトレードマークということで有名ですよね。

旗印や兜に扱っていることから、かなり目に留まります。

この「六文銭」の旗を前面に打ち出して戦うというのは、真の意味で「決死の覚悟」と知らしめているというわけです。

死をバックグラウンドとして、戦う姿勢を見せることにより、真田の兵たちからすれば大変な覚悟が形作られたと言われています。

その時代、この赤に六文銭の旗を戦いの舞台で見た敵は、恐れおののいたといった話もあるのです。
 
 
 
それはさておき、これまで「三途の川」とこの「渡し賃」だという「六文銭」というのを語ってきましたがどうだったでしょうか?
 
 
余談ですが臨死体験をした人が「川」を見ると言うのは、仏教徒だけに限られた話ではありませんし、ギリシア神話なんかでも一緒の言い伝えがあるとのことです。

異なる思想や宗教、地域だとしても似たような伝承が残っていることはどうにも神秘的で一風変わってますよね。