軽自動車が660ccである理由とは!?

軽自動車

価格も低価格で、維持費も安い金額で抑えることができる軽自動車。

軽自動車の排気量については660ccなのですが、どういうわけで660というようなしっくりこない数字なんでしょうか?

せっかくなら、切りの良い650だったり、700なんかでもいいのではないかなと思うのですが・・。

そういうわけで、本日は、軽自動車が660ccとされる理由について紹介したいと思います。
 

自動車製造メーカーの暗黙のルール!

 
軽自動車というのは、日本経済のまき返しを測ることから、1949年において、これまでになかった規格ということで製品化された軽四輪車になります。

1954年については、開始時ありましたサイクル別の排気量が廃止となって、排気量については360ccに統一されるのです。

さらに、軽自動車の「最高出力というのは64psまで」とされる暗黙のルールがあるのです。

どうしてかと言うと、自動車メーカーが自主規制して指定した数値であって、それ以上のパワーが備わった、軽自動車に関しては、販売できません。

この背景としては、軽自動車の税金の面についての優遇措置の影響だと言われています。

税金を抑制する、それと引き換えに排気量を制限している軽自動車ではありますが、仮に普通車と同水準の出力にアップしてしまいますと優遇措置の廃止で、軽自動車のセールスポイントという側面もある税金の安さがゼロになる他、軽自動車そのものが売れなくなることが考えられることとなります。

「最高出力というのは64psまで」と意識することが自動車業界の鉄則となっているとのことです。
 

【排気量の歴史】軽自動車の排気量が550ccの時代!

 
1976年、その前まで360ccであった軽自動車の排気量とされるのは550ccまで排気量アップしました。

大きい理由としては、排ガス対策で出力低下が起きたからです。

排気量の歴史として、1976年、550cc時代の軽自動車の車体サイズ上限(規格)全長3.2m 全幅1.4m 全高 2m 。

全高2mにおいては、1949年の軽自動車誕生からというもの変化していません。
 

軽自動車の排気量が660ccになった理由!

 
1990年、安全性能を車に求める声が大きくなっていき、車両サイズの増加によって、重量が増加しました。

1990年、軽自動車の車体サイズ上限(規格)全長3.3m(0.1mプラス) 全幅1.4m 全高2m。

このことから、30%くらい性能アップが要されたのにも関わらず、つまるところ、排気量は20%アップ+10%のエンジン基本性能改善で落ち着きました。

14年継続した550cc時代から20%の排気量アップとされていて、550cc×1.2=660ccとされる数字に決定しました。

660ccとされるしっくりこない数字というのは、550ccの20%アップ(1.2倍)からきていたようですね。

更に、今現在の軽自動車の規格ですが、1998年10月に改定されたのです。

現在では、軽自動車の車体サイズ上限(規格)全長3.4m(0.1mプラス)全幅1.48m(0.08mプラス)全高2m。

軽自動車の排気量660ccとされる、1990年に決まった制度が、現在でも継続している日本。

現在の軽自動車のエンジン回転数から推定すると、800cc程度に大型化に行なった方が、一段と燃費も良くなるとされているようです。

将来的に、軽自動車規格が見直しされることは、あるのでしょうか?