抜け毛の原因となる食べ物は何!?

抜け毛と薄毛

抜け毛や薄毛といわれるもの、髪の毛についての問題というのは私たちの食べ物と密接的に関わっているのです。

きちんとバランスが取れた食べ物を選ぶことが重要なことになりますが、食べ物においてはあまりその食べ物を摂ると、抜け毛や薄毛の原因となってしまう食べ物もあるのです。

本日は、あんまりその食べ物を食べると、抜け毛や薄毛の原因となってしまう毛髪においてNGな食べ物というのを紹介させて頂きます。
 

抜け毛の原因となる食べ物とは?

 
実際に、どのような食べ物が抜け毛や薄毛の原因となっているのでしょうか。

次の食べ物を摂る際には頻度をあけて偏って食べすぎないようにご注意下さい。
 

抜け毛の原因となる食べ物①:『辛い食べ物。』

 
悪影響を及ぼすのは、香辛料の効いた刺激になってしまう食べ物になります。

辛い食べ物というのは、胃や腸にダメージが重く掛かってしまい、栄養がきちんと吸収なされない状態で外に排出されてしまうのです。

何にも増して、悪影響を及ぼすというのが塩辛い食べ物だと考えられます。

血液中の塩分濃度が上昇して成人病の影響にも繋がっていきます。

発汗などによって、体の中の水分量が低下して、水分をきちんと補給しないと血液がドロドロになってしまいます。

その状態で寝てしまうと、より一層、血行は悪くなってしまい、血圧が上昇して、頭皮にある毛細血管にはまったく血液が回らなくなるのです。

ですが、辛い食べ物というのは、適度に食べる事で逆に血行促進や発汗作用を促進するメリットがあるのです。

頭皮の汚れを浮かすことにもなるので適正な量を食べる事がキーポイントになります。
 

抜け毛の原因となる食べ物②:『甘い食べ物。』

 
甘いものを食べると、糖分の代謝によってビタミンBやC等の髪の成長に絶対必要な水溶性ビタミンが代謝されてしまうのです。

さらに、糖尿病というような、成人病から血液の異常が生じてエネルギーの生産性が悪くなって、抜け毛や薄毛、等のいろいろな体調不良をもたらします。

甘い食べ物を取り過ぎた場合、髪より先に口の粘膜や皮膚が荒れる症状、炎症等がもたらされやすくなります。

ニキビが増えたり、口内炎になったり、抜け毛や薄毛に結び付く頭皮の炎症や湿疹等が生じることだってあります。
 

抜け毛の原因となる食べ物③:『脂っこい食べ物。』

 
脂っこいお肉や揚げ物と言われるものを食べ過ぎると、頭皮から分泌される皮脂の分泌量が増加して、毛穴の要するに雑菌の増加し、抜け毛や薄毛が生じる可能性があります。

また、動物性脂肪分の多いバターやチーズ等も、隠れたNG食材につき食べ過ぎるというのは回避して下さい。

ラーメン、ステーキ、天ぷら、とんかつ等といった揚げ物、トロ等の魚介系の脂身も要注意です。

その他、ポテトチップス等のお菓子においても、多くの油で調理されているものがあるので、これらも食べ過ぎるという事は厳禁です。

中でも、ラーメンやポテチ等の食べ物は塩分も多く、肥満や皮脂の増加、血行不良がもたらされる原因ともなるのです。
 

抜け毛の原因となる食べ物④:『塩分の多い食べ物。』

 
ハムやチョリソー、ソーセージ等の加工肉食品というのは、塩分が多く、動物性脂肪分も多いため髪の毛においては、マイナス要因がものすごくあります。

動物性脂肪分が皮脂の増加がもたらされ、塩分が血圧の上昇がおこります。

この他には、これらとピッタリ合うというのが、アルコール飲料で過剰に飲酒すると抜け毛が増えてきます。

何と言っても、加工肉とビール等といった組み合わせが一番摂取されているヨーロッパの国々については、薄毛大国と言われているようです。

ですがアルコールというのは適量だったら、ストレスの発散や血行の促進等に、有益性があり、髪の毛にとっても良い効果がもたらされます。
 

抜け毛の原因となる食べ物⑤:『冷たい食べ物。』

 
夏のシーズンは、何にもまして蕎麦やかき氷、アイス等といった冷たいものが食べたくなってしまいますが、原則的には髪の毛に欠かせない栄養が少ないそうです。

冷たいものを、しょっちゅう摂ったら、胃腸へ負担が掛かってしまい、より一層、栄養が不足することから、止め処なく疲れやすくなってしまいます。

体が冷えると血行も悪くなって、腸の温度が低下すると免疫力が大幅に低下する原因にもなっていくのです。

必然的に抜け毛や薄毛の原因にも、繋がっていくのです。

コンスタントに冷たいものを食べることは避けつつ、意識して献立を考えたほうが良いでしょう。
 
 
 
何でもかんでも摂り過ぎというのはオススメできませんが、とりわけ本日、紹介させて頂きました食べ物の摂り過ぎについては、髪の毛の健康に大きな影響を与えます。

健康的で栄養バランスが良い食事に配慮してメニューを考えていくことが重要だと思います。