【副作用】納豆を食べ過ぎると〇〇。危険?1日の摂取量は!?

納豆

納豆というのは、数種類の栄養成分を含んでいまして、毎日食べる事は、すごくいい事だと言えますが、食べ過ぎはオススメしません。

どのような食べ物においても当てはまりますが、偏って食べ過ぎてしまえば、何らか異常な症状が生じます。

本日は、納豆の中に含まれている成分に焦点をあて、1日にどの程度、食べることが適正なのか?食べ過ぎたらどういう危険な状況になるのかを紹介したいと思います。
 

納豆の1日の適正摂取量は?

 
納豆については、いろいろな成分が含まれています。その中でも、断然多くあるのが、セレン、ナットウキナーゼ、ビタミンE、ビタミンK、プリン体の5種類になります。

個々の一日の基準の摂取量と、納豆に含まれる実質上の量を紹介します。

はじめに、セレンの上限摂取量については330~420マイクログラムなのに比べて、納豆100g当たりには16マイクログラム含有されています。

次はナットウキナーゼの摂取基準については2000FUなのに比べて、納豆1パック当たり、1500FU含有されています。

続きまして、ビタミンEの1日の摂取量基準は、6.5~7.0mgなのに比べて、納豆100g当たり、0.5g含有されています。

次に、ビタミンKの1日の摂取基準というのは、成人以上の場合、その人の体重×マイクログラムなのに比べて、ひきわり納豆100gからすれば、930マイクログラム、粒納豆100g当たり600マイクログラム程になってしまいます。

最後としてプリン体の摂取制限というのは、痛風患者で400mgなのに比べて、納豆100g当たり113mg程になります。

これらの摂取基準量は少し超えても問題ないので、判断基準として意識しながら食べた方が良いでしょう。
 

納豆の食べ過ぎが元となる副作用や注意点。

 
ここでは納豆の食べ過ぎが元となるこれまでより、身近な症状や副作用とされるものまで、一つずつ紹介させて頂きます。
 

『おなら』と納豆の摂取量を超える事による食べ過ぎ

 
納豆を食べていますと便通が改善されたり、「おなら」の匂いが消えたりすることがあるというのとは反対に、「おなら」が臭くなる場合もあるのです。

納豆菌は善玉菌とされるものなので、納豆菌が腸の中から食品を分解したというのならば、臭くない「おなら」(ガス)となると考えられます。

ですが、納豆菌ではなくて、悪玉菌が腸に混ざった納豆のタンパク質を分解した場合だと、臭い「おなら」(ガス)となるのです。

納豆とは違う食品からタンパク質を摂ったとしても一緒で、臭くなってしまうので、どうしてかと言いますと、納豆の食べ過ぎが原因ではなく、元から、腸に居た悪玉菌が原因のため、食べる方法や食べる時間をアレンジして善玉菌を増やす工夫を行なうべきです。
 

『体臭』と納豆の食べ過ぎ

 
納豆そのものが臭いことから、納豆を食べ過ぎたとしたら、体臭が臭くなってしまうのではないかと考え気味ではありますが、納豆が体臭を臭くすることはないです。

かえって、整腸作用で便通がよくなり、老廃物が排出される事により体臭がマシになる(少なくなる)と言われています。

本来、食べ物の匂い成分というのは、ニンニクニラ等の例外を除いて、身体の中で分解が行われ、肝臓で代謝されて尿としまして排出されるのです。

そういう理由から、体臭というより尿が納豆臭くなってしまうことはあります。

あるいは胃に納豆が絶え間なく溜まっているとしたら「逆流性の口臭」により、納豆臭い息が現れてしまう可能性はあります。
 

『生理』と納豆の食べ過ぎ

 
女性にはよく知られているかと言えそうですが、大豆には大豆イソフラボンと言われる、女性ホルモンと一緒の分子構造をしている成分が入っており、納豆も大豆ですので、大豆イソフラボンは含まれます。

イソフラボンは適切に摂取したとすれば、生理不順などを正常な状態にしてくれると考えられますが、1日の摂取容量は70~75mgとなります。

納豆1パック換算で25~30mgくらい、含まれていることから、3パック以上食べると過剰摂取になり「食べ過ぎ」となってしまいます。

では1日3パック食べたとしたら、突如生理不順になるのか?と言うとそうではなしに、大豆イソフラボンは2種類ある女性ホルモンの中で、エストロゲンと一緒の働きをすることから、もう1つの女性ホルモンだというプロゲステロンが優位であることが必要不可欠であるときに、強制的に大豆イソフラボンを摂取するとホルモンバランスが崩れてしまって、生理不順を起こすかもしれないので注意して下さい。
 

『下痢や腹痛』と納豆の食べ過ぎ

 
納豆の食べ過ぎからなる、下痢や腹痛には2つの原因があります。

まず1つとされるのは、セレンの過剰摂取になります。

セレンは摂取量の限度を超えて食べ続けると、脱毛、爪の変形、下痢、嘔吐、頭痛、しびれ等の症状が発生するかもしれません。

納豆オンリーでセレンを過剰に摂取するのは困難ですが、その他の食べ物という組み合わせや体質によっては、こういう現象が生じる可能性はあります。

もう1つは、胃がびっくり状態です。

原則的に、納豆等の発酵食品は消化も良く、胃や腸からすれば優しいはず、そんなわけで、腹痛下痢が生じる事はあまりありませんが、発酵と腐敗は紙一重のため、体が思い違いして納豆を排出しようとすると考えられます。

とりわけ日常的に発酵食品を食べていない人に発生しやすいことから、これまで発酵食品を食べてなかった人は急激に食べないで、ちょっとずつ食べるようにするといいでしょう。
 

『痛風』と納豆の食べ過ぎ

 
痛風というのは、プリン体の過剰摂取が原因となって引き起こされます。

納豆は予想していたより、プリン体がたくさん含まれていることから、過剰摂取を継続した場合は痛風になってしまいます。

痛風患者のプリン体の摂取ぎりぎりのラインについては400mgで、納豆100gだとすると、プリン体が113mg含まれていることから、1日400gの納豆(8パック)を食べ続ければ痛風になってしまうでしょう。

さらに、プリン体は他の食品にも含まれていることから、納豆だけに限らず、1日に食する食べ物あますところなくで計算することが求められます。
 

『薬』と納豆の食べ過ぎ

 
抗血栓薬・ワルファリンと言われる薬を服用している際は注意しましょう。

せっかくのn血栓を抑制する時に用いる薬を服用しているというのに、納豆菌の作るビタミンKが抗血栓薬の効果を弱めるので、効果が見られず、血栓ができやすくなっていきます。

納豆を食べて少しの間は、腸内で納豆菌が生きていることもあって、抗血栓薬の服用中には避けるようにした方が良いでしょう。

原則的に、抗血栓薬を処方してもらう時には、そういった説明があることから、厳守することを意識しましょう。
 
 
 
納豆を食べ過ぎると、こういう副作用が発生することが解りました。

過剰摂取量を越えるくらいの納豆を食べる人はほとんどいないのではないかと思うのですが、他の食べ物と合わせると、越えるといった場合もあるかもしれないですね。

どうぞ、ご参考にしてみて下さいね。